スペーシアカスタム

引用スズキ:スペーシアカスタム

スペーシアカスタムの売却相場はどのくらい?

2013年に登場した、スズキの人気軽ハイトール車であるスペーシアは、2017年10月に代替わり。
2代目モデルも初代に負けない人気を集め、順調なスタートダッシュを切っているようですが、初代・2代目問わず、最も人気があるのが「スペーシアカスタム」です。
今回は少々リサーチの対象を絞り込んで、スペーシアの中でもカスタムがどれほどの値段で買取されているのかや、高く売るにはどうすればいいのかなどを、詳しく説明していきたいと思います。

ノーマルより高く売れるって本当?

今回はあくまで買取査定のお話ですから、まだ登場して間もない2代目はちょっと蚊帳の外に置いておきます。
まず初めに知っていてほしいのが、スペーシアのノーマルとカスタムとの査定価格の違いで、登場当時の新車価格についてみてみると、

ノーマル・・・126万円~
カスタム・・・143万円~

であり、それぞれグレードによっても変化しますが、約18万円程度カスタムの方が高くなっています。
この価格差は、スケルトンタイプのフロントグリルやエアロパーツがカスタムには装着され、見た目的にクールな仕上がりになっていることや、

 

  • マルチリフレクターフロントフォグランプ
  • オートライトシステム
  • フロントベンチレーテッドディスクブレーキ

などといった、追加装備面での違いがその要因。

価格差を反映した買取相場となっているか、「同グレード・同年式・同走行距離」の車体で比較すると15万円程度となっており、4年落ちという状況と新車価格差からみれば、それなりの査定相場格差がついているようです。

なお、女性受けもいいノーマルモデルと異なり、カスタムの方はそのスタイリッシュでワイルドなデザインが、家族連れのパパさん世代や独身男性層に人気があります。

買取相場は車種やカラーごとに違う?

続いては、「カスタム」のみに目を向けグレードや走行距離によって、どのように買取相場が変化するのか、わかりやすく表にしてご覧いただきましょう。
なお、年式は初登場年度で現在4年落ちとなる、2013年に統一をして比較しています。

 

グレード 走行距離(目安) 買取相場
GX 3万km以内 50~59万円
GS 5万km以上 45~53万円
XS 3万km以内 57~62万円
XS 5万km以上 48~55万円
TS 3万km以内 65~72万円
TS 5万km以上 51~55万円

このスペーシアカスタムの場合、もっとも古くても4年落ちであるため、中古車出物の走行距離が少なめ。
走行距離が、比較的長い車体は安く販売されていて、購入する側からすれば「乗りゴロ買い頃」の車体といえますが、売却する立場から言えば5万kmを境に、グンと買取相場が下がってくると考えておくべきでしょう。
また、ターボモデルである「TS」が最も高値で買取されていますが、こちらの場合は走行距離が伸びたことによる、買取相場の下落幅が大きい。
これは、排気量が少ない軽自動車のターボが、走行距離が延びると故障や不具合を起こすリスクが高まるため起きる、軽自動車のターボモデル共通の現象です。
カラーリングについては、どのグレードにおいても圧倒的にブラック系が人気で、それに次いでホワイト系の買取相場が高めなっています。

年式が古いと全く売れない可能性がある?

スペーシアカスタムおよびノーマルモデルは、一番初期の車体でもまだ4年落ちであり、初回の継続車検すら終了していません。
必然的に、4年落ち以上の古い車体は存在せず、年式によって売れないという可能性は低いと考えられます。
また、走行距離についてもすべてのグレード・モデルにおいて、原則交換の必要が無いタイミングチェーン式であることから、10万kmを超える車体であっても、ゼロ円査定を下されるケースは稀。
さらに車業者からすれば、いくら過走行でもエンジンや足回りにおいて、タイヤやブレーキパットといった消耗品を除けば、ほぼ交換・整備の必要なく商品化することが可能です。
結論として、

事故車・水没車などの訳アリ車
極端に外装・内装が傷んでいる車
20万kmをオーバーした車

でもない限り、スペーシアカスタムに査定額が全くつかない、というケースは正直考えにくいでしょう。
ただし、ノーマルに比べて見た目が重視されるカスタムの場合、外装の状態が保たれていることが、高価買取の条件の1つになります。
ですので、管理が難しいブラック系やホワイトなど、本来なら高価買取対象となるカラーリングの車体にお乗りの方は、洗車やコーティングなど、日々のメンテナンスに人一倍気を配るようにするといいでしょう。

下取りはやめておくこと!スペーシアカスタムを買取に出しましょう。

前項で述べたとおり、スペーシアカスタムは状態に関わらず、どこに出しても一定の金額で売れることはまず間違いありません。
しかし、新型が登場したばかりであるため、スペーシアを販売するスズキの販売ディーラーでは、新車車体価格からの値引き幅を、極端に狭く設定しているはずです。
よって、現時点で値引きの材料として下取りに出しても、大きな値引き額に繋がる可能性が極端に低い、典型的な車種の1つであると言えます。
一方、新型の登場によって中古車市場での買取相場が低下することはなく、むしろスペーシアカスタムの場合非常に中古車ニーズが多いため、高く買取される傾向にあります。
ですので、スペーシアカスタムを手放すときは下取りではなく、必ず買取業者を利用すべきだと、当サイトでは考えています。

スペーシアカスタムを一番高く買い取ってもらう方法とは?

前項と関連してきますが、多くの買取専門店では新型モデルの登場によって、多くのスペーシアカスタムが中古市場に流れ込むことを予想し、売れ筋であるその車体を他社の査定額を何とか出し抜いて仕入れようと、手ぐすね引いて待っています。
つまりスペーシアカスタムは、今まさに中古車市場をにぎわせている車種で、買取業者同士で査定額の競争をさせる、「相見積もり」をしない手はありません。
とはいえ、相見積もりのために買取業者を自分で探し、案件も電話などでアポイントを取るのは面倒だ、というユーザーも少なくありません。
そんな方におすすめなのが、

 

 

  • カーセンサー
  • かんたん車査定ガイド
  • カービュー

 

などに代表される、便利で簡単な「車の一括査定サービス」を利用することです。

どのサービスでも、大手全国チェーンから地元の中小買取業者まで網羅されていて、数分かけて申込フォームに入力さえすれば、スペーシアカスタムを最も高く評価してくれる買取業者を、誰でもすぐに見つけることができるのでおすすめです。

 

車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!


最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
車査定ガイド
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 

また下にスクロールすると複数の一括見積もりを掲載しています。
全て無料で利用で可能
※見積もり価格が気にいらなければキャンセル出来ます。
1円でも高く売りたいのであれば複数のサイトを登録し、比較検討してみましょう。

日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


2000業者から見積もりが取れます!


しつこい電話はなく、査定もたったの一回でok!楽な見積もりはユーカーパック
2000業者の中から一番高い業者をセレクトし、1社のみをご提案
査定入力も30秒で完了!
本当の最高買取額を知りたい方は ユーカーパックにお任せ!
>簡単30秒のユーカーパックの見積もりはこちらです<
ユーカーパック

話題のユーカーパックの評判は?査定のリアル体験談で総合評価


カープライスで車を高額オークション!


車の価格があがってく!
車の買取価格があがってく!オークション型車の買取サイトです今までにないオークション型で車を買い取ってほしいなら
カープライス
>>簡単30秒のカープライスの見積もりはこちらです<<
カープライス
車の買取ならカープライスの評判とは?実際に体験し車を見積もってみた



営業電話が一切ない!


車の査定で面倒臭いのは営業電話。車査定・買取の窓口は営業電話が一切ありません。


一番高額査定を出した一社のみを厳選し、ご提案いたします!
なんとたったの45秒で入力完了!
しつこい電話営業が嫌な方は車査定・買取の窓口へどうぞ
>>簡単45秒の車査定・買取の窓口の見積もりはこちらです<<
車査定・買取の窓口
車査定・買取の窓口の評判とは?メリットとデメリット