新車や中古車は1円でも安く購入したいですよね。
そこで今回は車を購入する際の値引き術をご紹介します。

値引き

 

新車を買う時の値引き交渉のコツ

新車の購入は大きな出費です。
希望の車種を好みのグレードかつオプションを充実させるとなると、軽自動車でも定価より数十万円も高くなります。
そんな新車を購入する際、最大限の値引きを引き出すため事前に行っておきたいことが以下の2つです。

値引き情報を調べておく

値引き交渉を行いたくても下げ幅がわからなくては交渉どころではありません。
まずはインターネットや雑誌の情報を元に値引き情報を調べましょう。
他の人がどのくらいの値引きを受けたのか、限界価格はどのくらいなのかを把握することで値引き交渉の材料にすることが可能です。

みんカラ商談メモなんかを参考にするのもいいかもしれませんね。

ディーラーとサブディーラーで見積もりを取る

飛び込みで正規ディーラーで見積もりを取ったところで「オープン価格」を提示されることが目に見えています。
そこで正規ディーラー以外でも数社から見積もりを取ることで「あそこではこの値段だったから、もっと安いところを探している」という交渉材料を手に入れることができるのです。

ディーラーとサブディーラーの違いを比較

ディーラーとの交渉で気をつけることとは?

ディーラーとの交渉では以下のことに気をつけましょう。

・高圧的になってはいけない
もしあなたがディーラーの立場だったら「オイ、もっと値引きしろよ!よそで買うぞ!」なんて恫喝するお客さんと取引したいと思いますか。
どちらかと言うとお引き取り願いたいところですよね。
車の売買は大金が動く、大切な取引です。
ディーラーとの交渉では「あなたから車を買いたい、だから価格交渉にも応じてほしい」という姿勢が大切です。

・ライバル車種と競合させる
例えるならば、トヨタ・アルファードと日産・セレナやマツダ・CX-5とホンダ・ヴェゼルなど、価格帯が近しい他社の人気車種を比較対象にすることで「もう少し安くなればあなたから買うのに」という交渉方法もあります。
ここでのポイントは、あくまで「安くしないならあっちで買うぞ!」という一言を言ってはいけないのです。

要注意!下取り額を値引き額にされない交渉術!

あくまで下取りと本体値引き額は別です。
現在の愛車を下取りに出す予定がある方は特に注意しましょう。
下取り額を下げるのはディーラーの常套手段です。
よく考えましょう、なぜ下取りを下げる必要があるのでしょうか。
愛車には愛車の価値があります。
まずは下取りの話を出さず本体価格の値引き交渉を進め、後出しで下取りも検討していることを伝え「本体価格と下取りは別物」という姿勢を崩さない事が大切です。

ポイントは「愛車の価値を正確に把握しておくこと」です。
下取りに出す前に一括査定サイトや相場サイトを確認し、下取り額で足元を見られないよう準備をしておきましょう。
一括査定は短時間で簡単入力可能な「かんたん車査定ガイド」がおすすめです。

中古車でも値引きできるのか?

これらの交渉術は新車を購入する際だけではありません。
中古車の場合、オートオークションで落札した金額や自社で買い取った金額にマージンを乗せて販売しています。
つまり、中間マージンを削っては中古車販売店の利益が計上できなくなるのです。
そこで、諸経費の値引きが出来ないかを交渉する方法があります。
「すぐにでもこの車がほしい、でも予算が厳しい、少しでも安くしてもらえないか?」というスタンスで交渉してみましょう。
それでも値引きが渋い場合、後付のオプションをサービスしてもらえないか訪ねてみると、了承してもらえることもあります。

ズバリいくらくらい下げられる?値引きの限界額に迫る!

値引き額は様々な条件か重なることで【10パーセントから20パーセント程度】まで引き出すことが可能です。
例を挙げると、欲しい車がディーラーの販売強化車かつ目標達成間近だった場合、多少無理な値引き額にも挑戦してもらえることがあります。

筆者はマツダ・アテンザを新車で購入する際、もう一台軽自動車を購入することを約束することで【30パーセント前後】の値引き額を引き出し、軽自動車のオプションをすべて値引きしてもらいました。

値引きのからくり

なぜ新車を購入する際は値引きがあるのでしょうか。
値引きのからくりは「ディーラーの好意と価格競争」です。
ディーラーにはディーラーの系列店やサブディーラー、他社ディーラーといった競争相手が多数存在します。
担当者の印象も大切ですが、お客さんは最終的に価格が安い店舗に流れていくため、少しでも値引きをして自分の店舗で買ってほしいと考えています。
また、車を一台購入すると定期点検や車検、修理などで収益を上げることが可能なため、大胆な本体価格の値引きが可能なのです。
まとめ
今回は車を購入する際の値引き術と値引きのからくりをご紹介しました。
現代では「お客様は神様」という考え方はほぼ通用しなくなっています。
ディーラーへ高圧的な態度をとるのではなく、情報収集と交渉術でこそ大幅値引きが実現できるのです。
愛車を下取りに出そうと考えている方は一括査定サイトで愛車の相場を確認し、下取り額を下げられることが無いよう準備をしてくださいね。

 


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70