車を買い換える時期の見極めは非常に難しいものです。
そこで、今回は車の買い替え時期とコスパ重視の乗り換え術をご紹介します。

コスパ

車の買い替えはコスパがいい?

車の維持費

何と言っても車は持っているだけでお金がかかるものです。

車の維持費はどのくらいかかってる?これだけお金がかかってる!

地方に行けば行くほど車がないと生活できなくなり、お金がなくても車を持たざるを得ません。
車を選ぶ基準は人により様々ですが、多くの人が重視するのは「コスパ」ではないでしょうか。
例えばハイブリッドカーや軽自動車など、燃費を重視して選ぶことが現代の主流になりつつあります。

トヨタ・ヴォクシーを例に上げて燃費を比較してみましょう。
2014年1月に発売された新型ヴォクシー<ハイブリッド ZS 煌II>の燃費が23.8km/L(JC08モード燃費)に対し、2013年12月まで販売された2代目ヴォクシー<ZS 煌II>の燃費は13.6km/L(JC08モード燃費)と、1Lあたりの燃費が10kmも異なるのです。

年間1万キロ走った時、前者と後者のガソリン代を比較すると約47826円と約84615円

年間約36789円の差が出ることになります。

しかし、カタログ値通りの燃費で走ることはほぼ考えにくく、現実は更にガソリン代の出費が増えることが予想されます。
年間4万円以上の損を取るか、燃費が良く長く乗れるハイブリッドカーに乗るか、どちらが賢いのでしょうか。

車の買い替えの時期にいいコスパのいいタイミング

車をベストなタイミングで買い替えた女性

いざ車を買い換える時、愛車を売ったお金を頭金にしようと考えますよね。
頭金は多ければ大いに越したことはありません。
では、愛車を高く売るタイミングはいつなのでしょうか。

まずは、愛車のタイプに応じて需要が見込める時期を狙う方法です。

別の記事でもご紹介したように、車には季節ことに需要が高まる時期があります。
春はミニバン、夏と秋はスポーツカーやSUV、冬は4WDが売れ筋となるため、買取業者は季節に適した在庫が欲しいと考えます。
もう一つはモデルチェンジ前です。

モデルチェンジ直後は新型への乗り換えで多くの中古車が市場へ流通するため、値崩れを起こす可能性が考えられます。
一般的にはモデルチェンジが発表されても新型が販売されるのは数ヶ月後です。
値崩れを起こす前に、素早く愛車を手放すことをおすすめします。

また車は一括査定で売るのが一番お得です。査定額に20万円以上の差が出る場合があるからです。

?買い替えは節税になるってホント?

車の節税

車を購入する際、こんな話を聞いたことがありませんか。
「4月1日に車を持っている人に課税されるから、4月2日に車を買えば良いんだよ」
これは正解でもあり、不正解でもあります。
軽自動車と乗用車では自動車税の支払い方法が異なるため、このような説が出てきたのです。
簡単に説明すると「軽自動車は自動車税が安いけれど払いすぎた自動車税が戻ってこない、乗用車は払いすぎた分は戻ってくる」ということになります。
つまり「4月2日に車を買えばいい」説は、軽自動車に当てはまることなのです。
「やった!自動車税1年分得した!」とお思いのあなた。
もしかすると車の購入金額に自動車税がプラスされているかもしれません、ご注意くださいね。

?車を買い替えたら各種保険はどうなるの?

車を買い替えた時の保険

免許をお持ちの方ならば「自賠責保険」と「任意保険」という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
自賠責保険こと「自動車損害賠償責任保険」は、運転する「人」にかけるのではなく車一台ごとにかける保険です。
保険は解約すれば戻ってくる、という認識が一般的ですが、自賠責保険は年度の途中で解約しても戻りません。

任意保険とは、例えばテレビコマーシャルでよく見る「ソニー損保」や「三井住友海上」が行う自動車保険のことを指します。
任意と名がつく通り、加入・未加入はドライバーに委ねられています。
任意保険は保険証書番号に応じた契約のため、車を買い替えた場合「車両の入れ替え」という手続きを取る必要があります。
場合により保険料の差額が戻ってくるという嬉しいケースもあるため、必ず車両の入れ替え手続きを行うようにしましょう。

?車を買い替えたい、でも頭金がない!

車のローン

車は一括払いで買うものだと考える人がいる一方、ローンでコツコツ支払っていこうと考える人もいます。
自動車メーカー各社が提供する残クレ(残価設定型クレジット)もメジャーになり、分割払いに抵抗のない人が増えてきました。
ローンを組む上での疑問として、「頭金無しでもローンが組めるのか?」という声がよく聞かれます。
ディーラーによると、頭金無しで車を購入する人は意外と多いのだとか。
特に、まとまった現金はないけれど残クレで月々の負担を軽くして車に乗りたいという若い層に多いようです。
頭金がないことに対し、ディーラーは差別をしたり対応が異なるということもないため、安心してくださいね。

新車を買う時は現金とローンどちらがお得?

?ナンバーは引き継ぎ出来る?

人気のナンバーは抽選で当選しなければ割り振られません。
苦労して人気ナンバーを入手したナンバーやお気に入りのナンバーは、次の車にも使いたいと思いますよね。
しかし、ナンバーの引き継ぎはズバリ「不可能」なのです。
ナンバーは地名・分類番号・ひらがな1文字・4桁の数字(一連指定番号)で構成されているのですが、法律ではこれらすべてを引き継ぎ不可能としています。
新車・中古車どちらも、新たに車を購入した際は4桁の数字・一連指定番号のみ申請可能です。

?新車と中古車、車検はどう違う?

新車(新規でナンバー登録を行った車)の場合、1回目の車検は登録から3年後です。
中古車(ナンバー登録済み)は初回の車検から2年後に車検を通さなければなりません。

新車と中古車でなぜ車検を通すまでの期間が異なるのかというと「故障リスクの高低」に尽きます。
新車を購入して10日後に故障するかというとなかなか考えにくいですが、中古車の場合いくら検査をして納車しているとは言え故障してもおかしくありません。
実際、筆者は納車から1ヶ月でライトが故障、2ヶ月後にパーツが外れ、7ヶ月後には使用者に落ち度がないにも関わらずサスペンション交換を行いました。

新車への乗り換えはともかく、中古車への乗り換えは維持費・修理費・車検代がよりいっそう高くなるという覚悟を持って購入するようにしましょう。

買い替えは中古車が得!社用車の買替え時期と下取りのポイント

?車を買い換えるならこれを用意しよう!

車を乗り換える、つまり新たに車を購入する際は以下の書類を事前に揃えておくことで手続きをスムーズに進めることが可能です。

車を買い替える時に必要なもの

・実印
・印鑑証明書
印鑑証明書はお住いの地域の市役所・区役所にて発行を受けられます。
印鑑証明が未登録の場合、まずはお住いの地域の市役所・区役所にて実印を登録する必要があります。
発行から3ヶ月以内の印鑑証明書を2枚用意すると安心です。
・委任状
委任状は国土交通省のホームページからダウンロード可能です。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000033.html
委任状はA4サイズの用紙に印刷し、実印を押印しておきましょう。
委任状の用意が難しい場合、販売店に用意してもらうことも可能です。
・自動車検査証(車検証)
・動車損害賠償責任保険証明書
・リサイクル券
この3点は車検証ケースにまとめて入れられていることが多いです。
心配な方は車検証ケースの中身を確認してくださいね。
・保管場所証明申請書(車庫証明)
自分で車庫証明を取得した場合は契約時に持っていきましょう。
販売店が代行して車庫証明を取得する場合は不要です。

これらの書類のほか、ローンを組む場合は以下の情報も必要です。
・銀行名
・金融機関コード
・支店名
・口座番号
・銀行の届け印

?コスパ重視!車庫証明を自分で取る方法

正規ディーラーで車を購入するとほとんどの場合、車庫証明を代行してくれます。
しかし購入金額にちゃっかり代行手数料が含まれていたりするのです。
乗り換えの際のコストを最大限減らすのであれば、警察署へ出向き、自分で車庫証明を取得することをおすすめします。
そうすることで、車庫証明で発生する手数料は全国一律2750円(軽自動車は550円)で済ませることが出来ます。

しかし、どんな場所でも車庫証明が取れるのかというと、条件を満たした場所でのみ取ることが可能なのです。
車庫証明の条件は以下のように定められています。

  • 自動車の使用の本拠の位置(個人の場合は住所地又は居所、法人の場合は事務所の所在地)から直線距離で2キロメートル以内であること。

    ?道路から支障なく出入りでき、かつ、自動車全体を収容できるものであること。
    ?保管場所(車庫)を使用する権原を有すること。

※以上の要件すべてを満たさなければ、保管場所として認められません。

 

<北海道警察ホームページより抜粋
http://www.police.pref.hokkaido.lg.jp/guide/jidousya/jidousya.html>
車庫証明を取る上で骨が折れるのが、多数の書類を用意しなければいけないことです。
以下の書類はお住いの地域の警察署ホームページでダウンロードが可能のため、警察署で慌てないよう事前に用意しておきましょう。
各種書類の用意が難しい場合、警察署でも入手可能です。
これらの書類が用意できたら警察署・交通課窓口へ提出します。

警察署に提出するもの

1.自動車保管場所証明申請書(2通必要です)
2.保管場所標章交付申請書 (2通必要です)
3.保管場所の所在図(配置図)
4.保管場所使用権原書面

愛車を売るならディーラーと買取業者どっちが良いの?

ディーラー

もしもあなたが「愛車を下取りに出して新たに車を購入するなら、ディーラーも買取業者も変わらないのでは?」と思っているならば、それは間違いです。
ディーラーと買取業者では買い取った車の販売方法が違うため、下取り(買い取り)価格に大きな差が出ることがあります。
ディーラーは自社メーカーかつリセール価値が見込める車のみに対し、買取業者は全メーカーかつ国内需要だけではなく海外需要まで見越した買い取りを行っています。
国産車は丈夫で長く乗れることに定評があるため、やや過走行気味でも値がつくことが多いのです。

高価買取を目指すならば、買取業者同士を競争させることで1円でも高く買い取ってくれる業者を見つけるべきです。
しかし、買取業者にいちいち足を運んでいては疲れてしまいますよね。
そこで「一括査定サイト」の出番です。
たった1分足らずで複数の買取業者にまとめて査定申し込みを行うことができ、日中に申し込めば訪問査定の日程連絡もほんの数分で入ります。
当サイトでは、一社のみの査定では見いだせない愛車の魅力を引き出してくれる一括査定をおすすめしています。

まとめ
今回はコスパ重視の車乗り換えについてご紹介しました。
乗り換え時期により愛車の買取額が上がったり、節税効果が期待できます。
乗り換え費用を抑えるために車庫証明を自分で取るという選択肢もあります。
そして、愛車を高く売るなら一括査定をぜひ利用してみてくださいね。


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 


日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


高額査定を出す事で有名なズバット


車の買い取り業者がもっとも多く高額な車の買い取りも出したい方にはズバットがおすすめ
更に今なら10万円当たるキャンペーンがあるのもお得ポイント!
査定入力の速さも最短45秒で完了!高額査定を目指すならスバットへ
買取業者を選べるのもプラスです
>>簡単45秒のズバットの見積もりはこちらです<<
ズバト車の一括査定
ズバット車買取比較の評判やメリットを解説