新車を買う時は現金とローンどちらがお得?タイミングはいつがいい?

新車を購入する際、現金とローンのどちらがお得なのでしょうか。
現金とローンのメリットとお得な新車の購入方法をご紹介します。

新車を買うときは現金派?ローン派?

多くの人が気になっていること、それは「支払方法」です。
新車が欲しいけれど、まとまった現金が無いなんて言う事もあります。
逆に新車を買うときは男らしく一括払いという方もいますよね。
支払方法は損得を別にして経済的な事情もあるため、意見が分かれるポイントです。

現金派の声

  • ・金利を払うのがもったいない(最多意見)
  • ・ローンそのものが嫌い
  • ・車は現金で買うものだと思っていた

 

やはり金利を気にする人が一番多いようです。
300万円の車を購入する際、金利12%で60か月のローンを組むと36万円も余計に払わなければいけません。
キャッシュで一括払いは余計な出費を避ける意図があります。
また、年齢層が上がるごとにキャッシュで一括払いをする人が増える傾向がありました。
そのほかの理由として「ローン=借金」という考え方からローンを敬遠する人が多く、ローンを組むなら頑張って貯金すると回答する人が多く見られました。
ローン派の声

  • ・メーカー直系ローンは金利が低いから利用しやすい
  • ・新卒で蓄えが少ない、だけど通勤に車が無いと困る
  • ・残クレを利用して短いスパンで車を乗り換えたい

現在は残価設定型クレジット(残クレ)やマイカーリースがメジャーとなり、手軽に車に乗れる時代になりました。
特に新卒で蓄えが無い20代は、初めての車を残クレで購入するというケースが多いようです。
そのほかの理由として、今後もディーラーから新車を購入する前提で残クレを利用し、早々に車を乗り換えるという人もいるようです。
法人の場合、ローンやリースを利用することで節税対策にもなります。

新車を買うなら現金が絶対にお得!

なんと言っても金利はバカにならないため、キャッシュで購入するのが一番お得な買い方であることは変えようがない事実なのです。
昔からオートローンは住宅ローンと比較されることが多く、実質金利が0.4%から2%前後の住宅ローンと比較すると支払金額のわりに割高であることは間違いありません。

では、あるオートローンの例を見てみましょう。
こちらはサブディーラーで購入した車のオートローン申込書です。

車両本体価格 1,150,000
オプション価格 37,070
諸経費 143,273
?現金価格合計 1,330,343
?頭金 489,060
?残金(???) 841,283
?分割手数料 304,480 ←実質18%超えの金利!
?分割支払い金合計(?+?) 1,145,763
?お支払総額(?+?) 1,634,823

このように金利手数料といった記載ではありませんが、分割手数料を見ると30万円という、中古車1台購入できるほどの手数料が掛かっています。
多くの人がローンを嫌う理由がこれでよくお分かりいただけたはずのではないでしょうか。

売却などの出口を考えても新車の方がお得になります。

売却を行うのであれば一括査定がおすすめです。

業者同士が競り合って買取を行ってくれるので一円でも高く車を売る事が出来ます。

当サイトでおすすめする車の一括査定は以下からどうぞ

詳しくは以下をご覧下さい。

新車を売却したい!車の査定はどうなるの

ディーラーローンってどうなの?

新車の例

ディーラーから新車を購入する場合、ディーラー直系のオートローン会社の審査を受けることで一般的なローンと比較すると低金利なローンを組むことが可能です。
また、ディーラーローンを利用することでローン会社へ足を運ぶ必要が無く新車契約がスムーズに進むというメリットもあります。
しかし、実際のところ「割高」と言わざるを得ません。
ローンを利用する場合、ディーラー以外のローン会社を利用したほうが良いでしょう。
詳細は次の項目で詳しくご紹介します。

<図2>
メーカー・クレジットプラン 年利
マツダ・マツダスカイプラン 2.99%
スズキ・かえるプラン 2.9%(3.9%)
日産・残価設定型クレジット 4.90%
ホンダ・残価設定型クレジット 3.50%
ダイハツ・ワンダフルクレジット 4.90%
※年利は変動する可能性があります。

※年利は変動する可能性があります。

賢い新車の買い方を知りたい!

では、一番賢い新車の購入方法とは何なのでしょうか。ここでは上記まで解説した金銭的なことに加え、購入する時期・タイミングやその他のテクニックのついても、触れておこうと思います。

ローン購入時の賢い新車の買い方

もちろんキャッシュで購入する方法が一番お得ですが、ローンを組むとしたらディーラー以外のローンを利用するほうが良いでしょう。
住宅ローンより低い金利でマイカーローンを組むことは難しいですが、信用金庫や労働金庫のローン審査に通過すれば、かなりの低金利でローンを組むことが可能です。
例えば東京信用金庫の場合、金利は1%から3.28%となり、エコカーや低排出ガス車の場合さらに金利を割引してくれるサービスを行っています。
北海道労働金庫の場合、1.6%から3.4%の金利ですが、他サービスとの組み合わせで最大0.8%金利の引き下げが行われます。

下取りや売却額を上げてみよう

前述したように、確かに信用金庫や労働金庫系のマイカーローンは、ディーラー系のローンより比較的低金利で利用できますが、若干手続きに時間や手間がかかるうえ審査が厳しめ。

結果として審査に通らず、金利が高めと知りつつもディーラーローンで購入するというケースも、当然ながら出てきます。

そんな時は、もし下取りに出せる車があるのであれば、それを出して査定交渉を粘り強く行い、大きな値引きやオプションおまけをゲットできれば、金利負担分を幾分カバーすることもできます。

さらに有効なのが、「頭金」を入れてローン総額を下げることですが、「それができないからフルローンを組んでいるんでしょ?」、という声も聞こえてきそうです。

しかし、今乗っている車を下取りよりも高く売却できることも多い、ガリバーやビッグモーターなどの大手買取専門店へ査定に出し、原資を手に入れそれを頭金に利用するという手もあるのです。

そして、車の売却額をよりアップさせるには、1つの買取業者に査定してもらうのではなく、複数の買取業者を回り相見積もりを取って、競合させる必要がありますがなかなか時間もかかり面倒です。

そこでおすすめになるのが、前述した大手買取チェーンも参加している、

  • カーセンサー
  • かんたん車査定ガイド
  • ズバット車買取比較

などの一括査定で、こちらであればだれでも簡単に、複数業者へいっぺんに査定依頼可能です。

ただ、こういった一括査定を理余殃したユーザーからは、「たくさんかかってくる営業電話が嫌だ」という声も聞かれます。

その点、最近評判が上がってきている

車査定・買取の窓口

は、大手チェーンがまだ参加していないものの、かかってくる営業電話が最高査定額を付けた業者「1社からのみ」という画期的なサービスなので、営業電話が億劫だという方はぜひ試してみてください。

新車を買うタイミングはいつが一番ベスト?安く買える時期

短いスパンでお話しすると、新車が1年のうち最も安くなるのは3月の決算前で、各販売店が成績を残すために実施する、「決済処分セール」などを狙うのが一番良いと考えられます。

一方、長期的なスパンで見た場合、車種ごと数年スパンで行われる「マイナー・メジャーチェンジ」の直前、最も値引き幅が大きくなり、結果としてお得に新車が購入できます。

ただし、モデルチェンジのタイミングを一般ユーザーが確実に把握するのは難しく、粘りすぎてもしタイミングを逃すと、かえって高く新車を購入してしまうこともあるため、注意が必要です。

とはいえ最近では、新型モデルの登場に先立ち数か月前から「ティーザー・プロモーション」という、ユーザーをじらして新型モデルへの興味をそそり、販売につなげる広告を売ってくることもあります。

ですから、狙っている車種が登場から「3・5・7年」という、よくモデルチェンジが行われるタイミングに近づいている場合は、各メーカーの公式サイトでティーザー・プロモーションがされていないか、マメにチェックすると良いでしょう。

新車を購入契約をする時に必要なもの

最後に、新車購入時に価格交渉相手の営業マンも人の子、交渉時点で購入契約に必要なものがしっかり揃っていた場合、その後の手続きがスムーズに行えるため、若干ですが値下げ幅などに色を付けてくれることもあります。

新車購入の契約に必要な書類としては、普通車の場合、

  • 実印(市役所に登録してある印鑑)
  • 印鑑証明書(1~3枚)
  • 委任状(各申請を販売店に委任するための用紙)
  • 車庫証明書

などがそれにあたり、印鑑証明書は市町村役場で数百円ですぐ入手でき、委任状についてはディーラーに既定の書式が必ずあるはずなので、特に事前準備する必要はありません。

このうち自分で準備すると、若干新車購入時お得になる可能性が高いのが「車庫証明書」で、警察署において申請をしたのち数日~1週間程度、発行まで時間を要します。

そして、入手にかかるコストは本来、手数料として納める印紙代「3千円弱」ですが、これをディーラーに代行依頼すると、新車購入時の「諸費用」として1万2~5千円程度、追加請求されます。

ですので、少しでもお得に新車を購入したい場合は、車庫証明だけでもあらかじめ入手しておくと、1万円近く諸費用を安くあげられるケースもあります。

一方軽自動車は、実印・印鑑証明書・委任状は要らず、車庫証明書も地方自治体によっては不要ですが、代わりに住民票が必要になるので入手しておきましょう。

また、ディーラーでローンを組む場合は、運転免許証や健康保険証などの身分証明書(写しでOK)と、返済用銀行口座情報・届印などが必要なので、それらもしっかり準備しておくとよいでしょう。

まとめ

今回は新車購入時の支払い方法から、お得に購入するコツまでご紹介しました。
年齢層が上がるにつれてキャッシュで一括払いを行う人が増える一方、若年層ではローンを利用して月々の負担を軽く好きな車に乗る傾向がありました。
新車をお得に購入するならやはりキャッシュが一番ですが、次に銀行系の低金利マイカーローンを利用することで分割手数料を軽減することが可能です。
ライフスタイルや台所事情は人それぞれ異なるため、キャッシュとローンのどちらかが必ず良いというわけではありません。
自分に合った支払方法でお得に新車を購入してくださいね。

 

営業電話が一切ない!


車の査定で面倒臭いのは営業電話。車査定・買取の窓口は営業電話が一切ありません。


一番高額査定を出した一社のみを厳選し、ご提案いたします!
なんとたったの45秒で入力完了!
しつこい電話営業が嫌な方は車査定・買取の窓口へどうぞ
>>簡単45秒の車査定・買取の窓口の見積もりはこちらです<<
車査定・買取の窓口
車査定・買取の窓口の評判とは?メリットとデメリット


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!


最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
車査定ガイド
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 


日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


高額査定を出す事で有名なズバット


車の買い取り業者がもっとも多く高額な車の買い取りも出したい方にはズバットがおすすめ
更に今なら10万円当たるキャンペーンがあるのもお得ポイント!
査定入力の速さも最短45秒で完了!高額査定を目指すならスバットへ
買取業者を選べるのもプラスです
>>簡単45秒のズバットの見積もりはこちらです<<
ズバト車の一括査定
ズバット車買取比較の評判やメリットを解説



2000業者から見積もりが取れます!


しつこい電話はなく、査定もたったの一回でok!楽な見積もりはユーカーパック
2000業者の中から一番高い業者をセレクトし、1社のみをご提案
査定入力も30秒で完了!
本当の最高買取額を知りたい方は ユーカーパックにお任せ!
>簡単30秒のユーカーパックの見積もりはこちらです<
ユーカーパック

話題のユーカーパックの評判は?査定のリアル体験談で総合評価