新車を売却するタイミング。買った車をすぐに買い替える

せっかく新車を購入したのに、転勤や結婚で車が必要なくなってしまう事があります。
新車を購入してすぐに必要なくなった場合、売却すべきか乗らずに持っておくべきか、どちらがお得かご説明します。

新車を買ったのに必要無くなったら売る?キープ?

愛車が全く必要なくなった場合や思っていたのと違う車だった場合、手元に残しておくだけで維持費がかかります。
例えば自動車税の場合、自家用の軽自動車は年額7200円、トヨタ・プリウスやホンダ・フィットなどの自家用車は年額34500円かかります。
そして、全く乗っていなくても定期メンテナンスや車検を受けなければいけないため、愛車が必要ないならば一度手放してしまう事をおすすめします。
中には「せっかく買ったのに手放すのはもったいない!」と思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、乗らない車を手元に置いておくほうがもっともったいないのです。
その理由は後程ご紹介します。

新車を売却するデメリットとは?

デメリットは「必ず損失が発生する」という事です。
新車を手放す際、実際のところ損失は避けようがありません。
まず、自動車取得税がまるまる損失に計上されます。
買取価格に関しては、新車を購入してナンバーを取得した車は市場でいうところの「中古車」扱いになります。
中古車の査定では、新車購入時のオプションが不人気の場合、オプションが査定額に反映されないこともあります。
そのため、3年落ちなどの新車を売却する際は「いかに損失を抑えるか」がカギになるのです。
しかしデメリットばかりではなく、新車購入から日が浅ければ浅いほど査定額が高くなるというメリットもあります。

新車のローンが残ってても売れる?

比較してる人
新車を購入したのに手放す際、多くの人が気になるのは「ローンが残っている」ことです。
ローンが残っている車でも、ある条件を満たせば売却可能になります。
その絶対条件は、ローンを完済することです。
ローンの残っている車は車検証の所有者がディーラー・ローン会社になっており、使用者の欄に自分の名前が記載されています。
ここで注意したいポイントは、所有者が自分もしくは家族でない場合、勝手に車を売却できません。
ローンと残価設定型クレジット(残クレ)を利用して車を購入した場合、ローンの早期返済制度を利用することで、車の所有権を自分にうつすことが可能になります。

ただし残クレの場合、早期返済制度とと併せて最初に設定している残価も同時に一括返済しないと、自分の所有にすることはできません。

とにもかくにも、車の所有権を得て初めて、車を売却できるようになるということを覚えておきましょう。

新車の売り時は「今でしょ」

愛車の価値は一日一日落ちていくものです。
新車を手放すタイミングはいつなのかというと、まさに今なのです。
せっかく購入した車が数か月後にモデルチェンジを控えていたとすれば、モデルチェンジ前とモデルチェンジ後に売るのでは価格にかなりの差が出てしまいます。

また、新車購入からひどく短期間で売却しなければならない場合は、前述した通り論が残って返済を続けなければならないことも多いですが、そういった事態になった場合でもできるだけ早く売却し、負担を軽くするべきです。

さらに、査定を受けてから1年後になると、その査定額は有効ではなく、売却を悩んでいるうちに3年落ち4年落ちとなると、愛車の価値は全く別物になるため注意が必要です。

とにかく、「売りたい」と思ったら愛車の価格が落ちる前に、素早く査定を受けることをおすすめします。

新車はすぐ売らないと中古車になる?

極端なケースを先に言っておくと、ディーラーで新車を購入し納車日がやってきた瞬間、1mも走行しない状態で売ったとしても、新車とは呼べず中古車扱いになります。

ただし、車業界には「新古車」という、実に曖昧な立ち位置の呼び名が存在し、非常に中古市場での人気も高いため、一般的に走行距離が「数km~2,000km」の範囲であれば、新車の次に高い取引相場となる「未使用車」と同様の、買取査定額を得られることもあります。

一般的な中古車の場合、販売価格の6~7割辺りが買取相場となってくるのがセオリーですが、ほぼ使用されずに売却された車は、手を加えずそのまま販売可能なため新車価格の8割、場合によっては9割近いレートで買取されるケースも出てきます。

とはいえ、いかに新古車扱いを受けたとしても、新車購入コストを上回る査定を、受けられるわけありません。

また、奇抜なカラーリングや、ごちゃごちゃと追加装備が追加されている車体などは、趣味趣向が分かれたり、求める装備などがユーザーによってまちまちで、販売ターゲットが狭まってしまうため、少々安めに査定が出されるケースもあります。

また、ユーザーは当然気に入ってのことでしょうし、自動車メーカーも自信をもって送り込んでいるものの、否応なく不人気になってしまう車種も当然あるため、そういった車の査定も安めになってきます。

買った車をすぐ買い替えるのはあり?

車が必要で無くなった場合はともかく、「すぐ」というタイミングを納車直後、もしくは1年以内辺りとするならば、その時期の買い替えにメリットが発生することなんて皆無であることは、皆さんにも容易にご理解いただけたはずです。

ダメ押しするならば、納車スグでなくとも1~2年目辺りまでは、下がる残価率による売却益がローン残高に達しないケースがほとんどなので、残ってしまったローン返済と新規ローンの返済が被ってしまい、非常に大変な思いを強いられます。

ただし、新車登録から3年の初回継続車検を迎えるタイミング辺りであれば、後程紹介する体験談に登場する方と同じ手法を用いた場合に限り、新技術や安全性能などが詰まった新型モデルにうまく乗り継げ、快適で楽しいカーライフを送ることも可能です。

新車を3年後すぐ売るとこれだけ値が下がる!新車の売却参考相場一覧表を作ってみた

新車が必要で無くなった場合、果たして売るべきなのかどうか判断いただくことと、買い替えで果たしてローンが無くなるのかを知るため、この項では現時点での販売相場から分析した、新車を3年落ちの段階で「すぐ」に売った場合の売却参考相場を、一覧表にしてみました。

なお、カラーリングはホワイト系、走行距離は平均値である3万km以内で統一。

新型登場から現時点で3年経過していない車種は、現在の取引相場から予想される、3年経過時の売却相場を表記しています。

車種・グレード 売却参考相場 新車本体価格 残価率
プリウス・S  120~128万円 242万円  49~53%
セレナ・X 118~125万円 248万円 44~50%
ステップワゴン・G 105~111万円 266万円 40~42%
タント・X 63~67万円 135万円 46~49%
N-BOX・G 69~73万円 149万円 46~49%
ワゴンR・HVFX 60~66万円 117万円 51~55%

ご覧いただければ一目瞭然ですが、例に挙げた超人気車をもってしても、たった3年とはいえ車はグンと価値が下がります。

ちなみに、プリウスとワゴンRのHVモデルを見るとわかりますが、ガソリン車種よりHV車種の方が走行距離が同程度であれば、残価率が高い傾向にあります。

一括査定サービスを利用すればこの限りではない!

前項で紹介した、新車の3年落ち時点での売却参考価格は、当サイトが持つ情報と知識に基づいて独自に算出した、「平均的」な相場です。

そして、数多くの買取業者が参加し、なんとか買取したい!としのぎを削る、

  • カーセンサー
  • かんたん車査定ガイド
  • グー買取
  • ズバット車買取比較

に代表される一括査定サービスで複数業者から査定を受ければ、提示した参考価格より高く売却することも可能です。

さらに、最近利用者からの評判が高まっているものに、

車査定・買取の窓口

という、新進気鋭の一括査定サービスがあります。

多くの一括査定サービスでは、申し込み後多くの営業電話が入り、場合によってクレームとなることもありますが、こちらの場合は参加する買取業者のうち、最も高い査定を出した1社のみからしか電話がかかってこないのが特徴。

しかも今なら、成約するともれなくコンビニなどで使えるクオカード1,000円分がもれなくもらえるおまけつきですので、特に営業電話がしんどくて面倒という方は、ぜひ利用を検討してみてください。

3年落ちの車を売ってみた体験談!

前項で触れた一括査定経由であれば、3年落ちの車体を高く売ることができる、という主張を証明すべく、1つ貴重な体験談を紹介したいと思います。

これは、転勤により3年落ちの新車を売却することになった武田さんの体験談です。

 

武田さんは地方転勤が多い商社に勤める20代の営業マンです。
3年前、電車が通っていない北海道の営業所へ異動になり、移動手段として新車のマツダ・CX-5(グレード:XDディーゼルターボ/4WD)を購入しました。
休日には趣味のアウトドアを楽しみ田舎暮らしを満喫していた武田さんですが、思いがけぬ転勤で早々に都心部へ引っ越すことになってしまいました。
武田さんは「どうやってクルマを東京にもっていくんだ!飛行機なのか!?でも都心だと電車で通勤だしクルマ要らないぞ…」と大慌て。
車に詳しい友人のいなかった武田さんは、近所の中古車販売店へ相談することにしました。

 

中古車販売店のスタッフから、車をフェリーで輸送しなければいけないことや交通手段として車が必要ないのならば売却してしまったほうが良いことを教わります。
しかし、武田さんはせっかく大金をはたいて購入したCX-5をそう簡単に手放したくない気持ちが強く、売却には消極的でした。
ましてや残価設定型クレジット(残クレ)を利用して購入しており、購入時に設定された残価と、わずかに残るローン残高の合計が110万円あるため、手放すことは不可能と思い込んでいたのです。
その旨を中古車販売店のスタッフに伝えると「残クレでも早期返済制度を使えばいいんですよ、まず車の査定をしてもらって、残価以上で売ればいいんですから」とあっさり解決の糸口を見つける事ができました。
せっかくなので、そのまま査定を受けてみたところ査定額は115万円、ローン残高と残クレの残価の合計すれすれで提示されたため、明らかに足元を見られていると感じた武田さんは礼を言ってそのまま帰宅しました。

 

今まで愛車を手放そう考えたことが無かった武田さんですが、中古車販売店のおかげで欲が出てきたため、まずは情報収集を始めました。
調べていくうちに、車を売るなら1日でも早いほうが良いと学び、週末までにすべてを終わらせようと決意します。
武田さんは「カーセンサー」で中古車の相場を調べ、「グー買取」で買取相場を確認、さらに「かんたん車査定ガイド」で一括査定に申し込みました。
査定の際は3社同時に来てもらい、一発入札形式で一番高い査定額を出した業者へ愛車を売却したいと説明し、業者も了承しました。
査定の結果、一番高額な【160万円】を付けた業者とその場で契約を交わし、愛車を売却が決定しました。

 

その後、無事残クレを完済しわずかながら引越し資金を手にすることができた武田さんですが、心の中ではCX?5への心残りが消えません。
そんな心残りからCX-5の買取相場を確認すると、緩やかに買取価格が下降を始めていたため、心残りも消え「早く売却してよかった」と胸をなでおろしたそうです。

まとめ
今回は新車を売却する際のメリットとデメリットをご紹介しました。
使わない車を手元に置いておくだけで維持費がかかることや愛車の価値が下がっていくというデメリットがあります。
ローンが残っていても前倒しに支払う事が可能なため、ローン中でも車を売却できないわけではないという事を覚えておきましょう。
愛車の価格は早く売れば売るだけ高くなるため、悩まずにまずは情報収集と一括査定を利用してみてくださいね。

 

営業電話が一切ない!


車の査定で面倒臭いのは営業電話。車査定・買取の窓口は営業電話が一切ありません。


一番高額査定を出した一社のみを厳選し、ご提案いたします!
なんとたったの45秒で入力完了!
しつこい電話営業が嫌な方は車査定・買取の窓口へどうぞ
>>簡単45秒の車査定・買取の窓口の見積もりはこちらです<<
車査定・買取の窓口
車査定・買取の窓口の評判とは?メリットとデメリット


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!


最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
車査定ガイド
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 


日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


高額査定を出す事で有名なズバット


車の買い取り業者がもっとも多く高額な車の買い取りも出したい方にはズバットがおすすめ
更に今なら10万円当たるキャンペーンがあるのもお得ポイント!
査定入力の速さも最短45秒で完了!高額査定を目指すならスバットへ
買取業者を選べるのもプラスです
>>簡単45秒のズバットの見積もりはこちらです<<
ズバト車の一括査定
ズバット車買取比較の評判やメリットを解説



2000業者から見積もりが取れます!


しつこい電話はなく、査定もたったの一回でok!楽な見積もりはユーカーパック
2000業者の中から一番高い業者をセレクトし、1社のみをご提案
査定入力も30秒で完了!
本当の最高買取額を知りたい方は ユーカーパックにお任せ!
>簡単30秒のユーカーパックの見積もりはこちらです<
ユーカーパック

話題のユーカーパックの評判は?査定のリアル体験談で総合評価