ガリバーの店舗

ガリバーの店舗に行く前に行うべきこと。店舗リスト

これまで車を一度も売ったことがなくても、中古車買取チェーン「ガリバー」の名前は知っていたり、街中で店舗を見かけたことがあるという方は多いはずです。

長らく、車買取業界のトップに君臨し知名度も抜群のガリバーですが、近年落ち込み気味であった利益の回復を狙って、従来までの卸売から直接販売へ転換を始めています。

そこで今回は、2016年に運営会社名を「挑む」の意味を込めた(株)IDOMに変更、日々進化を続けているガリバー店舗に愛車査定へ行く際、事前にやっておくべきことを整理してみたいと思います。

なぜガリバーは直販を強化しているの?

ガリバーは、買取をした車を短期間しか在庫をせず、ドンドン業者オークションに流して「卸売」をすることで、素早く利益を上げるビジネススタイルを構築し、成長をしてきました。

しかし、2012年エコカー減税の導入を境に新車市場が活性化し、新車販売ディーラー通しの販売合戦が激化。
併せて、事実上の値下げと同じディーラーにおける下取り相場が上昇したため、ガリバーはじめ他の買取業者も、買取額を軒並み底上げせざるを得なくなり、1台当たりの純利益がダウンしました。

それを重く受け止めたガリバーは、卸売より粗利の多い消費者への直接販売にシフトを開始し、

 ガリバーアウトレット
 ミニクル
 スナップハウス
 リベラーラ

などといった、従来店舗と異なる複数の「専門販売店舗」を展開。
徐々にその数を増やし、2016年時点で約160ほどの直接販売店舗を、2020年初頭には倍以上となる約270にまで増やす計画を立てています。

進化する業界の王様!ガリバーに車を売る場合、店舗に行く前に何をすべきなの?

直販体制の強化に伴って、ガリバーに査定に行く際事前にやっておくべきことも、少々変化してきました。
そこでここでは、従来のガリバー査定と今のガリバー査定の違いに触れ、併せて今ガリバーに査定に行くなら、何を事前にしておけばいいのかについて解説します。

以前のガリバー査定とは

卸売スタイルが主体であった時代のガリバーの査定は、良くも悪くも中古車業界全体の取引相場、つまり「業者オークションでの落札相場」に左右されていました。
そして、この頃のガリバー査定担当者は、自店舗で直販をして利益を出すわけではないので、

 年式・走行距離
 エンジンの程度
 足回りの状態

などといった基本情報と、自社が持つ業界オークションでの落札相場を照らし合わせ、利益を加味したのち素早く査定額を顧客に提示することで、買取実績と利益を伸ばしてきました。

業者間オークションで卸売をする場合、売却先はガリバーと同じ車のプロたちですので、落札額は少々下がりますが、細かいキズやへこみ、エンジンや足回りの不具合があったとしても、落札業者の判断で勝手に直して商品化をします。

商品化コストをかけずに済むうえ、「販売在庫車」として管理をする必要がないため、洗車や室内清掃が行き届いていない車体でも、お構いなしにドンドン買取・転売をする「薄利多売」で、これまでガリバーは大きな利益を確保していました。

今のガリバー査定はこうなっている!

しかし、直販体制に移行してきた今のガリバーは、中古車業界での取引相場ではなく、一般ユーザーへの「販売相場」に併せて、査定をしていく必要が出てきました。
基本的に中古車の取引相場は、

卸売型の買取相場<業者間オークションでの落札相場<直販型の買取相場<市場における販売相場

となるため、高く買取をすることができるというのが、直販に力を入れ始めた今のガリバー査定の「売り文句」です。
しかし、直販するとなると前項で述べた商品化に伴うコストや、管理をしていく必要が出てきたため、車体のチェックが以前より厳しく、細かくなってきています。

今のガリバーに行く前にやるべきことその1 洗車・車内清掃

今のガリバーへ査定に出す前にまずやるべきなのは、洗車や室内清掃で愛車をきれいにすること。
なぜなら、現在のガリバー査定では車体についている細かいキズやへこみをチェックしないと、商品化にかかるコストをはじき出すことができないからです。

そして、汚れたままの車体を査定に持ち込んだ場合、ガリバーの査定士は「日頃から車に愛着を持っていない」と判断、細かいキズやへこみが「あるもの」と見込んでマイナス査定をする場合があります。
ワックスがけや、コーティングまでする必要はありませんが、軽く車体を洗車するだけでも、余計なマイナスポイントがついてしまうリスクを回避することができます。

また、車内清掃をしっかりとすれば、査定時のマイナスポイントとなる、日頃の使用で染みついた汚れや臭いが、若干緩和されることもあります。
何より、査定担当者も人間ですから、汚れやにおいの激しい車内に身体を投げ出し、細かいチェックをするのは嫌なものです。
車内がきれいであれば、査定担当者が持つ心証が良くなり、その他のチェック項目での査定に手心が加えられる「かも」しれません。

ただ、洗車はともかく車内清掃は、専用の強力掃除機がないとなかなかはかどりませんし、内窓をきれいに拭き上げるのも案外骨が折れ、素人ではなかなか隅々まできれいになりません。
多少の費用は掛かりますが、おおむね1,000円以内で収まりますので、ガソリンスタンドなどに室内清掃だけ査定予定の直前に依頼する、というのも手です。

今のガリバーに行く前にやるべきことその2 中古車販売価格の調査

ガリバーは、とにかく査定担当者の買取スキルが高いのが特徴で、彼らは1円でも安く車を仕入れるべく、あらゆるセールストークを繰り出してきます。
ですので、ガリバーに査定を依頼するときは、1つでも多く愛車を高く売るための「武器」を、事前に持っておく方がいい買取業者です。

そして、現時点における愛車の中古車買取相場を把握することが、ガリバーの凄腕査定担当者に対抗するために、最も有効な武器となってきます。
問題は、一般ユーザーがどうやって愛車の買取相場を知ることができるのか、という点になりますので、あくまで概算であることを前提にその方法を伝授致しましょう。

まず活用するのが、

トヨタ自動車 下取り参考価格シミュレーション
日産自動車 下取り参考価格シミュレーション

などといった、新車ディーラーが用意している車種ごとの下取り概算相場のシミュレーションサービスです。

一般的に、買取業者の査定相場がこの下取り相場を下回ることはありませんので、もし実際のガリバー査定において、このサービスで確認した下取り相場を下回った場合は、ほぼ100%の確率で査定担当者に足元を見られている、と考えていいでしょう。

次に確認して欲しいのが、自分の車と同等の程度の車体が、現在中古車市場において平均いくらで販売をされているか、についてです。
カーセンサーやgooなどのWEB版で、自分の愛車と同じ条件を入力し検索すれば、すぐにヒットするはずですから、出てきた本体価格の平均値を取りそこに「0,6」をかけてみてください。

「0,6」という数字の根拠は、販売している中古車価格の約6割程度が、直販型買取業者が利益を確保するために付ける、査定額の基準ラインであること。
ですので例えば、平均販売価格が100万円の車体であれば60万円あたりが、直販型買取店が提示してくる、「概算査定相場」と判断することができます。

以前のガリバーは前述したとおり、業者間オークションにおける落札相場で査定を出していたため、この方法はあまり効果がありませんでしたが、今のガリバーならば十分に査定交渉時の材料として利用することができます。

もちろんあくまで概算ですし、市場販売価格から出した査定相場を上回る査定が、ガリバーからイキナリ提示されることもあり、反対に安いケースも出てきます。
ただ、この概算査定相場を知っているのと知っていないのとでは、査定交渉時の心構えが変わってきますので、一度自分の愛車はどうな価格が出てくるのか確認をしてみてください。

ガリバーに持っていく持ち物はある?

愛車を実際に売却する場合は、納税証明書や印鑑証明書、住民票などが必要となりますが、査定を受けるだけならダッシュボードなどに保管しているはずの、

 車検証
 自賠責保険証
 リサイクル券

さえあれば、特にこれといって持っていくべきものはありません。

ただ、ガリバーではこれまであまり査定ポイントにならなかった「点検記録簿」や、カー用品店などがメンテナンス履歴を記録する「メンテナンスカルテ」といったものも、今では十二分にアピールポイントになるのであれば準備し、査定時に提示するといいでしょう。

また、卸売主体であった時代では「ドルフィネット」という、ガリバー独自の画像中古車販売システムによる、ごあいさつ程度の斡旋しか行われていませんでした。
しかし現在では、実車を100台規模で陳列する直販店舗も増えてきたため、査定担当者は買取とともに自店舗の在庫車両の直接販売へなんとかつなげたい、という気持ちが非常に強く持っています。

それを逆手に取って査定交渉をするのであれば、カーセンサーやgooなどといった中古車情報誌を購入し、さりげなく車内に放り込んでおくのもアリです。
多少の交渉能力を必要としますが、買取交渉に関しては百戦錬磨でも直販への本格的な取り組みがまだ短い、ガリバーならではの弱点を突く査定アップ術としておすすめです。

ガリバー店舗に行かないという手もある

ここまで、ガリバー店舗に査定に行く時しておくべきことについて、散々触れておいてなんですが、ガリバーに限らず買取店に直接赴き、店舗内で査定を受け交渉をするというのは、少々初心者にはおすすめできません。

なぜならば、買取店舗はユーザーからみれば完全アウェイであり、車の売却に不慣れな一般ユーザーの場合、愛車の買取額を知りたかっただけなのに、雰囲気にのまれてなし崩し的に契約をしてしまうケースもあるからです。

そして、業界のトップランナーとして君臨し続けるガリバーの場合、買取査定交渉を担当する営業マンが凄腕ぞろいであることから、ホームである自宅などへの出張査定を依頼したほうが、正直言って無難かもしれません。

とはいえ、ここまで解説したガリバー査定の前にやるべきことは、店舗に行く時でも出張査定の時でも共通してくることなので、出張査定を受けるときにもぜひ実行をしてみてください。

査定額に心配がある場合は一括査定に持ち込むのも吉

ここまで述べてきたことを参考に入念な準備をしても、ガリバーの営業マンに足元を見られてしまっているのではないか、という不安を持ってしまうのは仕方のないことです。

ガリバーで査定をしてその額に不満を持ったり、事前に口コミなどを調べた結果ガリバー査定に心配が生じたという場合は、複数の買取業者に持ち込んで、査定額を比較したほうがいいでしょう。
そして、複数の買取業者に1度のWEB入力でいっぺんに査定依頼できる、

 カーセンサー
 かんたん車査定ガイド
 グー買取
 ズバット車買取比較

などといった「中古車一括査定サービス」の活用が、当サイトとしてはおすすめです。
上記大手一括査定サービスには、最大のライバルであるビッグモーター始め、地元の中小業者もこぞっても参加しているため、効率のいい相見積もりを実行することが可能です。

また、ガリバーはその店舗が多く査定可能エリアも全国対応なので、上記した有名どころ以外のサービスでも、ほとんどの場合依頼先として顔を出してきます。

ですので、何かしらの一括査定サービスを経由して、ガリバーには査定依頼をかけるというのも、愛車を高く売るために方法としてはアリだと、当サイトでは考えています。

ガリバーの店舗展開状況

ガリバーへの査定依頼は、前項で紹介した一括査定サービス経由とともに、同社公式サイトからのWEB申込や、フリーダイヤルによる電話予約を事前にしておくとスムーズです。

そしてガリバーでは概ね、全国どこにお住まいであってもおすすめをした出張査定が受けられますが、店舗がどのように配置されているかを知ることで、下見見学をして店舗の雰囲気を確かめる、なんてことも可能になってきます。

そこでここでは、そんなユーザーのために各都道府県における、ガリバー店舗の所在分布について、紹介しておきたいと思います。(2018年2月現在、ガリバー公式HPを参考)

北海道(28店舗)・・・札幌市、釧路市、函館市、苫小牧市、旭川市、帯広市、北見市、東広島市、岩見沢市、釧路郡
青森県(5店舗)・・・青森市、弘前市、八戸市
岩手県(8店舗)・・・盛岡市、北上市、一関市、花巻市
宮城県(11店舗)・・・仙台市、名取市、大崎市、石巻市
秋田県(6店舗)・・・秋田市、横手市
山形県(8店舗)・・・山形市、米沢市、横手市、酒田市、鶴岡市
福島県(17店舗)・・・福島市、郡山市、西白河郡、本宮市、会津若松市、須賀川市、いわき市
茨城県(15店舗)・・・水戸市、ひたちなか市、つくば市、龍ケ崎市、日立市、土浦市、鹿嶋市、守谷市
栃木県(12店舗)・・・栃木市、宇都宮市、小宮市、佐野市、那須塩原市、足利市
群馬県(11店舗)・・・前橋市、伊勢崎市、高崎市、北群馬郡、太田市
埼玉県(28店舗)・・・さいたま市、入間市、熊谷市、狭山市、川越市、新座市、鴻巣市、草加市、春日部市、川口市、上尾市、所沢市、三郷市、板戸市、本庄市、久喜市
千葉県(34店舗)・・・千葉市、成田市、四街道市、佐倉市、八千代市、市原市、船橋市、柏市、木更津市、松戸市、野田市、浦安市、鎌ヶ谷市、習志野市、茂原市、市川市
東京都(29店舗)・・・東京23区、多摩市、府中市、西東京市、東大和市、立川市、八王子市、昭島市、武蔵村山市、三鷹市、あきる野市
神奈川県(30店舗)・・・横浜市、厚木市、川崎市、秦野市、相模原市、藤沢市、平塚市、横須賀市、座間市
新潟県(8店舗)・・・新潟市、三条市、上越市、新発田市
富山県(7店舗)・・・富山市、高岡市、黒部市
石川県(6店舗)・・・金沢市、小松市
福井県(4店舗)・・・福井市、敦賀市
山梨県(4店舗)・・・甲府市、富士吉田市
長野県(7店舗)・・・長野市、松本市、佐久市
岐阜県(14店舗)・・・岐阜市、高山市、大垣市、本巣市、多治見市、各務原市、可児市
静岡県(31店舗)・・・静岡市、浜松市、掛川市、伊東市、駿東郡、富士市、富士宮市、藤枝市、沼津市、磐田市、焼津市、三島市、袋井市
愛知県(35店舗)・・・名古屋市、津島市、一宮市、豊橋市、みよし市、豊川市、刈谷市、豊田市、長久手市、岡崎市、常滑市、春日井市、小牧市、尾張旭市
三重県(10店舗)・・・津市、鈴鹿市、桑名市、四日市市、松阪市
滋賀県(8店舗)・・・大津市、草津市、近江八幡市、甲賀市、長浜市、彦根市、守山市
京都府(8店舗)・・・京都市、京田辺市、宇治市、与謝郡
大阪府(26店舗)・・・大阪市、堺市、泉佐野市、枚方市、高槻市、箕面市、枚方市、岸和田市、門真市、富田林市、吹田市、豊中市、東大阪市、守口市、寝屋川市
兵庫県(16店舗)・・・神戸市、姫路市、伊丹市、加東市、川西市、尼崎市、明石市、加古川市、西宮市
奈良県(2店舗)・・・奈良市、香芝市
和歌山県(6店舗)・・・和歌山市、岩出市、有田郡
鳥取県(6店舗)・・・鳥取市、米子市
島根県(1店舗)・・・出雲市
岡山県(7店舗)・・・岡山市、倉敷市、浅口市、津山市
広島県(5店舗)・・・広島市、福山市、東広島市
山口県(8店舗)・・・山口市、下関市、周南市、宇部市、岩国市
徳島県(1店舗)・・・徳島市
香川県(5店舗)・・・高松市、丸亀市
愛媛県(6店舗)・・・松山市、伊予市、新居浜市、今治市、宇和島市
高知県(4店舗)・・・高知市
福岡県(17店舗)・・・福岡市、北九州市、大野城市、久留米市、粕屋郡、宗像市、春日市、大牟田市、飯塚市、
佐賀県(2店舗)・・・佐賀市
長崎県(5店舗)・・・佐世保市、西彼杵郡、諫早市
熊本県(7店舗)・・・熊本市、八代市
大分県(3店舗)・・・大分市、別府市
宮崎県(10店舗)・・・宮崎市、延岡市、都城市
鹿児島県(5店舗)・・・鹿児島市、薩摩川内市、鹿屋市
沖縄県(4店舗)・・・那覇市、沖縄市、宜野湾市、島尻郡

営業電話が一切ない!


車の査定で面倒臭いのは営業電話。車査定・買取の窓口は営業電話が一切ありません。

一番高額査定を出した一社のみを厳選し、ご提案いたします!
なんとたったの45秒で入力完了!

しつこい電話営業が嫌な方は車査定・買取の窓口へどうぞ


>>簡単45秒の車査定・買取の窓口の見積もりはこちらです<<
車査定・買取の窓口
車査定・買取の窓口の評判とは?メリットとデメリット


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!


最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
車査定ガイド
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 


日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


高額査定を出す事で有名なズバット


車の買い取り業者がもっとも多く高額な車の買い取りも出したい方にはズバットがおすすめ
更に今なら10万円当たるキャンペーンがあるのもお得ポイント!
査定入力の速さも最短45秒で完了!高額査定を目指すならスバットへ
買取業者を選べるのもプラスです
>>簡単45秒のズバットの見積もりはこちらです<<
ズバト車の一括査定
ズバット車買取比較の評判やメリットを解説



2000業者から見積もりが取れます!


しつこい電話はなく、査定もたったの一回でok!楽な見積もりはユーカーパック
2000業者の中から一番高い業者をセレクトし、1社のみをご提案
査定入力も30秒で完了!
本当の最高買取額を知りたい方は ユーカーパックにお任せ!
>簡単30秒のユーカーパックの見積もりはこちらです<
ユーカーパック

話題のユーカーパックの評判は?査定のリアル体験談で総合評価