支払いの途中なのにやむを得ず車を手放さなければいけなくなったとき、どうすればよいのでしょうか。
今回はローンの残った車についてご説明します

車の買い替え

ずばりローンの残った車でも下取り可能

結論から言うと、ローンの残った車は「下取り・買い取り可能」です。
ローンが残っていることで車の乗り換えを躊躇する方が多いなか、買い取り業者は積極的に買取を進めています。
ローンが残っていても買取がスムーズに行えるよう、ローンの精算や名義変更まで一括して請け負う業者が増えてきました。
しかし、何も気にせず売却可能なケースとそうではないケースが存在ます。

スムーズに売却可能なケース

スムーズに車を売却可能なケースは以下の2つです。

・車の所有者が自分または家族の名義
まずは車検証の所有者が誰になっているか確認が必要です。
なぜかというと、もし自分や家族が所有者ではなかった場合、原則勝手に車を売却することができません。

 

査定額がローン残高を上回る
所有者が自分や家族だった場合、さっそく車の査定を申し込みましょう。
そこで査定額がローン残高を上回る場合「車を売却した金額-ローン残高=手元にお金ができる」というわけです。

スムーズに売却不可能なケース

スムーズに車を売却不可能なケースは以下の2つです。

・所有者が「自分または家族」以外
つまり所有者がディーラーや信販会社になっていると勝手に車を売却できません。
具体例を挙げるとコスモスマートビークルの「Myカーリース」サービスの場合、車検証の所有者にはリース会社、使用者にリース契約者の名前が載ります。
車の所有者が自分ではない場合、売却前にローン残高を精算し「所有権留保解除」の手続きを踏まなければなりません。

 

・査定額がローン残高を下回る
所有権留保解除の際も一度査定を受けなければなりません。
そこで非常に困るのが、査定額がローン残高を下回った場合です。
例えばローンが70万円残っているのに査定額が40万円だった場合、所有権留保解除のためにも車を売却するためにも30万円を支払う必要があります。
そうなると30万円を現金または再ローンで支払い続けなければなりません。

 

特殊なケース「残クレ」

残価設定型クレジット・通称「残クレ」の場合、数年後の査定額を据え置き、指定の年数が経過すると「乗り換え・売却・残価で再度ローンを組むこと」を選択することが可能です。
現段階で車にどの程度価値があるか査定を受けることになり、査定額から残価を引いた分を次の車の頭金にするか、再度ローンを組むか、手元にお金として戻ってくるかを決めることになるため、ローンの途中でも車の売却は可能という事になります。

 

ローンの残った車を売るメリットとデメリット

○メリット

・車の状態が良く売れ筋ならば査定額が高値になる
新車を購入しローン完済前に売却をする場合、年式が新しく状態が良ければ。ローン完済後に査定を受けるより高く売却できる可能性があります。
女性受けが良く人気の軽トールワゴン、ホンダ・N-BOXやダイハツ・タントのほか、ファミリー向けのホンダ・フリードやトヨタ・ヴォクシーといった売れ筋の車種は特にその傾向が強いと言えます。

 

×デメリット

・手続きが煩雑
車検証の所有者名義を確認することから始まり、所有権留保解除の申請やローン残高精算方法の検討まで、すべきことがとにかく多く煩雑です。
特に売却を急いでいる時こそ、この煩雑な手続きによりイライラしてしまいます。

■ローンの残った車を売る方法

では、実際にローンの残っている車を売却するにはどのような手順を踏めばよいのでしょうか。
売却ルートと必要な書類をご紹介します。

 

車の売却に必要な書類

より詳しい手続きに関する書類については以下からどうぞ

車を売る際に必要な手続きと書類まとめ

1.事前準備 – 所有権留保解除
名義変更のための所有権留保解除が必要な場合、車の所有者から以下の書類を受け取りましょう。

・車の所有者が実印を押した委任状
・車の所有者が実印を押した譲渡証明書
・3~6か月以内に発行された印鑑証明書(3か月以内が理想的)

 

軽自動車は運輸支局の管轄外となるため、別途以下が必要です。

・軽自動車所有者承諾書(または軽自動車譲渡等承諾書)
※車の所有者の名前・住所・車体番号・形式・ナンバーが必要
・軽自動車検査証申請書(または車の所有者の名前と住所が明記され認印の押してある申請依頼書)
・軽自動車税納付証明書

 

2.書類の準備

所有権留保解除が必要ない、または解除済みの場合、以下の書類を用意しましょう。

・自動車車検証
・3~6か月以内に発行された印鑑証明書(3か月以内が理想的)
・車の所有者が実印を押した委任状
・自動車納税証明書
・実印(軽自動車の場合、認印も可)

 

3.ディーラーまたは買い取り業者へ査定を申込む

査定を申込む際「ローンが残っていること」と「車の所有者は自分または家族であること」を伝える必要があります。
そのうえで査定を受け、査定額とローン残高を相殺しプラス分を手元に戻すのか、次の車の頭金に充てるか、不足分を再ローンするのかを決定します。

ディーラーとサブディーラーの違いを比較

4.車を売却する

希望にかなった査定額が出たら、書類をもとに売買契約を結びます。
そこで注意したいポイントは、ローンが残っていてもいなくても名義変更が完了した旨を伝える「名義変更通知書」が欲しいことを必ず伝えることです。
車の名義変更が行われないまま次のオーナーに渡ってしまうと、車が手元にないにもかかわらず自動車税の納付義務があなたにあることになります。
トラブルを避けるためにも名義変更後は通知するよう買い取り業者へ伝えることが大切です。

 

査定は必ず一括査定で得をしよう

査定を依頼するうえで重要なことは「査定を複数の業者へ申し込むこと」です。
査定を一社のみ申込むと、ご自分の車の相場が分からず損をする可能性があります。
特にローンが残っている車を売却する際、1円でも高く買い取ってほしいですよね。
複数の業者へ一括査定を依頼することも可能なため「ローンがあるから安く買われるかも…」など気にせず、気軽に査定を受けてみることをおすすめします。

おすすめ!無料で出来る!車の一括査定

おすすめ買い取り業者5選

複数の業者へ査定を依頼したいけど、たくさんありすぎてますます悩んでしまいますよね。
そこでおすすめの買い取り業者をピックアップしました。

 

・ケンモータース
現金買取、迅速な名義変更が強みです。
また、インターネット上の口コミでも非常に良い評価が多く見られることからスタッフ対応が非常に優れていると言えます。
ローンが残っていても対応可能な点も高評価です。

 

・ガリバー
業界最大手のため、どの町にも店舗があります。
査定額がローン残高より低くても、独自のクレジットプランで再ローンが可能です。
所有権留保解除を代行してくれるのはとてもうれしいポイントです。

 

・COW-COW(カウカウ)
大手中古車販売業者「TAX」が母体であるCOW-COWは、高値買取に定評があります。
ローンが残っていても書類関係の手続きをすべて代行してくれるため、査定をどこに依頼するか迷ったらCOW-COWをおすすめします。

 

・アップル
オリコンが実施した顧客満足度ランキングで2年連続1位を獲得したアップルが一押しです。
ほかの企業と同じくローン精算から借り換えまで、煩雑な書類関係をすべて任せることが可能です。
独自の流通ルートを持つため、高価買取に期待が持てます。

 

ローンの残った車を売ってみた体験談

車を買い替えるタイミングは人により様々です。
そこで実際にローンが残っているのに車を売却したケースをご紹介します。

5年前、父と息子・娘の3人家族だった山本さんはボーナス返済なしの定額返済、5年ローンでホンダ・ステップワゴンスパーダ(モデル:Z・4WD)を購入しました。
家族そろってアウトドアが趣味だったため、キャンプ用品を積んで遠方へ出かけることが多かったそうです。
そのほかの用途は山本さんの通勤、まれにお子様の送迎です。

 

そんな時、娘は大学を卒業し県外へ就職、息子はマイカーを購入したため大きな車が必要なくなってしまったのです。
子供が自立したため毎月アウトドアに出かけることもなくなり、山本さんは維持費だけでも大きな負担を感じるようになりました。
今後は山本さんの通勤にのみ車を使う事になったため、高い車検代や車税・維持費を考え、車の乗り換えを決意しました。
ステップワゴンをおよそ330万円で購入したため、ローンの残りはおよそ132万円と一括で支払うにはかなり大きな額です。

まずは買い替えを視野に入れ、ディーラーへ下取り査定を依頼しました。
そこで提示された額は【140万円】とローンの残りを精算できても次の車の頭金にはなりませんでした。
やや納得のいかなかった山本さんは、一括査定で複数の業者へ査定依頼をしてみることにしたのです。
いくつかの買い取り業者からはディーラーよりやや高い査定額の提示があり、大手買取業者からは【190万円】という査定結果が出ました。

大手買取業者と連絡を取りローンの残りがあることを伝えたところ、全く問題ないとの回答を受けました。
それだけではなく、ローンの精算等の処理をすべて引き受けてくれたのです。
山本さんは190万円で車を売却しディーラーのローンを精算、アウトドア好きで軽SUVに興味があったことから通勤用にスズキ・ハスラーを購入したそうです。

 

今回のケースではディーラーと買い取り業者の間で【50万円】もの差がありました。
ディーラーは安く下取りし次の車を購入する際の値引きと相殺することを考えた可能性がありますが、額面だけ見ると腑に落ちないものがあります。
山本さんは一括査定でお得かつスマートにローンを精算し、好みの車に乗り換えられたため、大満足のようでした。
まとめ

今回はローンの残った車を売却する際の注意点をご紹介しました。
特に初めて車を売却する方は車の所有者が誰になっているか、見たことが無いというケースが多いです。
リース契約の車を勝手に売却すると「詐欺」として法的措置を取られる可能性が高いため、十分に気を付けましょう。
そして査定を受ける際は1円でも高く車を売れるよう一括査定で得をしましょうね。

 


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70