車の買い替え

支払いの途中なのにやむを得ず車を手放さなければいけなくなったとき、どうすればよいのでしょうか。
今回はローンの残った車についてご説明します

ずばりローンの残った車でも下取り可能

ローンが残った車について話す女性

結論から言うと、ローンの残った車は「下取り・買い取り可能」です。
ローンが残っていることで車の乗り換えを躊躇する方が多いなか、買い取り業者は積極的に買取を進めています。
ローンが残っていても買取がスムーズに行えるよう、ローンの精算や名義変更まで一括して請け負う業者が増えてきました。
しかし、何も気にせず売却可能なケースとそうではないケースが存在ます。

スムーズに売却可能なケース

スムーズに車を売却可能なケースは以下の2つです。

車の所有者が自分または家族の名義

まずは車検証の所有者が誰になっているか確認が必要です。
なぜかというと、もし自分や家族が所有者ではなかった場合、原則勝手に車を売却することができません。
 

査定額がローン残高を上回る

所有者が自分や家族だった場合、さっそく車の査定を申し込みましょう。
そこで査定額がローン残高を上回る場合「車を売却した金額-ローン残高=手元にお金ができる」というわけです。