自動車メーカーで期間工をする場合、人によって求めるものが違ってきます。

「給料」「待遇」「寮」「生活環境」「仕事内容」など様々です。

そしてそれらを総合的に考えて条件の良いところに行くという人が多いでしょう。

その中で非常に平均点が高いと評判なのが「スバル」の期間工です。

そこでここではスバルの期間工について細かく紹介していきたいと思います。

 

・スバルの期間工の年収と給料はどのくらい?

  初回契約 7か月~11か月 12ヶ月以降~
日給 9000円 9200円 9600円

もっとも給料の中で基本となる日給ですが「9000~9600円」となっています。

これだけを見ると特別多いことも少ないこともありません。

高いところであれば10000円を超えてきますし、安いところであれば8000円のところもあります。

そう考えると平均的と言えるでしょう。

 

・満了金はある?

期間工を行っていて決められた契約期間を満了するともらえるのが満了慰労金です。

6ヶ月契約の場合は半年ごとにもらえるのでボーナスのように感じている人も多くいます。

年収にも大きく関わってくる満了慰労金ですが、スバルでは以下のようになっています。

金額 算定基準
8万円 実働80日以上
11万円 実働100日以上
18万円 実働120日以上
22万円 実働140日以上
26万円 実働160日以上
30万円 実働180日以上
34万円 実働200日以上
38万円 実働220日以上
42万円 実働240日以上

長く勤めているとその分だけ額も大きくなっていくシステムですが、注意しなければならないのは「期間」ではなくて「実働日数」で算定されるということです。

例えば「有給休暇」を利用して休んだ場合、日給や皆勤手当には影響しませんが「満了慰労金には影響する」ということになります。

最高額をもらおうとすると240日出勤することが必要になりますが、決められている勤務日が244日ほどになっています。

そのため有給休暇を5回以上取ったりすると大きく損をする可能性が出てきます。

自分で計算している場合などは間違えないようにしましょう。

 

・スバルの有給はどういう扱い?

期間工でも一定期間を勤務すると有給休暇が発生します。

その支給のされ方には企業によって差がありますが、スバルは比較的一般的です。

6ヶ月勤務して次の日に10日間発生します。

つまり最初の6ヶ月契約の間は有給休暇は発生しないことになります。

最初に発生してから1年が経つと11日が支給され、さらに1年が経つと12日が支給されるようになっています。

これは正当な権利ですので使用するのはもちろん構わないのですが、いくつか注意しなければいけないことがあります。

まず、先ほど述べた通り、有給休暇を使いすぎると満了慰労金が満額もらえない可能性があります。

ただし休日出勤すると実働日が増えますので、そのあたりを計算しながら利用すると良いでしょう。

また、同じ日に有給休暇の使用申請が何人も行うと断られることがあります。

これは数名が休むことによって工場のラインの稼働に支障をきたすためです。

そのため、突然使用するのではなく、必ず前もって計画的に使用することが重要だと言えます。

人によってはほとんど使わずに貯めておいて契約満了する最後に集中して取得する人もいます。

この場合最後の一ヶ月はほとんど来ないということになります。

 

・入社祝い金が30万円近い?選考参加費はいつまでにもらえる?

期間工で勤務し始めたときに「入社祝い金」というものがもらえるこがあります。

これがスバルの場合は高いと言われているのです。

この入社祝い金の他に説明会、採用面接を受けるともらえる「選考参加費」というものもあります。

しかしこれらは無条件にすぐにもらえるということではありません。

また、派遣会社によってもらえる額も違います。

入社祝い金は採用されて入社し、最初の給与支払い日に在籍していればもらえます。

だいたいの会社で10万~20万円前後となっていますので、応募時に確認するようにしましょう。

選考参加費は説明会に行っただけでもらえるものではありません。

選考に参加して採用されて勤務をすればもらえるというものです。

こちらはだいたい7万~10万という金額になっています。

つまり派遣会社によっては入社祝い金と選考参加費で30万円ちかくもらうことが可能となるのです。

期間工おすすめ車メーカー比較ランキング2018。一番稼げるのは?

・スバルの期間工は手当が多い。皆勤手当、経験者手当、赴任旅費、赴任手当、正月手当

更に夏季手当もある?

スバルで期間工として働くのに最大の特徴は「手当の多さ」です。

とにかく手当の種類が多く、これだけでもかなりの金額になるのです。

「皆勤手当」

これはとにかく「休まなければもらえる」ものです。

決められた休日以外に休まなければ毎月3万円が支給されます。

特別な条件はなく、休まずに勤務している人は単純に毎月3万円プラスされるのです。

「経験者手当」

これは以前にスバルで期間工として勤務をしたことがある人に支給される手当です。

勤務していた期間によって額が変わります。

6~11ヶ月満了 1万円
12~23ヶ月満了 5万円
24~35ヶ月満了 10万円

スバルは「長期的に働くのに有利」と言われる理由がこのあたりにあるのかもしれません。

「赴任旅費」

地元から寮に入るのにかかった交通費を支払ってくれるものです。

最初の給与支払い日に在籍していれば、かかった分が支給されます。

ただしこの手当は派遣会社によって差があります。

必ず前もって確認しておきましょう。

「赴任手当」

寮に入るのにかかった諸経費の費用にあてるものです。

勤務をして最初の給与支払い日に在籍していると2万円が支給されます。

「正月手当」

年末の連休に入る前に勤務を始めていて、年始の連休後にも勤務をしている人で1月の操業最終日に在籍していると3万円が支給されます。

「夏季手当」

夏季の連休前に勤務を始めていて、夏季の連休後にも勤務している人で8月の操業最終日に在籍していると3万円が支給されます。

給料や満了慰労金の他にこれだけの手当が支給されますので、総額としての年収が高くなると言われているのです。

 

・スバルの年収は手取りでどのくらいになる?

勤務体制は2交代制で昼勤と夜勤が週交代となります。

その夜勤手当に残業手当、休日出勤手当などを入れていくと平均して月収は30~35万円程度になります。

そこに先ほどの様々な手当が加算されていくことになります。

皆勤手当や満了慰労金なども満額もらっていくとすればだいたい450~500万ほどのあいだになってくるでしょう。

ただし休んだりすることが多かったりすると手当などでかなり減額されますので注意しましょう。

 

・スバルの期間工の評判はいいけど、女性も働けるの?

スバルの期間工として働く可能性があるのは「群馬工場」「矢島工場」「大泉工場」の3つです。

だいたいは同じ仕事内容となりますが、大泉工場では車体の組立がありません。

もっともきついと言われる組立がないので体力的に自信がない方や女性は大泉工場が向いているとも言えます。

「プレス」

自動車の車体の大元となる部分を製造する工程です。

大型機械で鉄を裁断して、プレス機でボンネット部分など成型していきます。

期間工が手作業で行う部分はほどんどなく、大型機械の操作や品質管理、確認が主な仕事となります。

大型機械を扱えるかどうかがポイントとなります。

 

「溶接」

ベースとなる車体にドア・インナーフレーム・ボンネットなどを溶接していく作業工程です。

大きい部分は溶接機械が行ってくれますが、細かい部分は作業員が手作業で溶接していきます。

溶接などの技術・資格を持っている人が優先的に配属させる場所でもありますが、かなり高温の道具を使用するために夏場は暑くなる部署でもあります。

 

「塗装」

車体に防錆や防水、水漏れの加工を施したのちに塗装していきます。

こちらも基本的には機械が塗装を行いますので、人が直接大掛かりな塗装を行うことはありません。

人は車体にキズがないか、ほこりや塵が塗装に混じっていないかなどの検査を行います。

特にこの作業がもっとも重要となります。

完成した車体にほこりや塵が塗装に混じっていると外見が台無しになるからです。

それほど力仕事ではありませんがほこりや塵が混じらないように密閉された空間での作業となりますので、塗料の臭いがかなりきつい部署となります。

その臭いがどうしても耐えられない場合は配置転換を望まなければいけないでしょう。

 

「エンジンやトランスミッションの製造」

スバルの自動車の特徴でもある水平対向エンジン・トランスミッションの製造を行う部署です。

金属の材料から部品を削りだして組み立てていく工程になります。

かなりの精密作業になりますので特に細かい仕事が得意な人が優先して選ばれることになります。

 

「組立」

ここまで製造されてきた車体やエンジン、タイヤ、その他の部品などを組み立てていきます。

慣れている人はこの組立のことを「トリム」と呼ぶ場合もあります。

それらの部品は細かいものまで合わせると数万点に及び、大掛かりな部分は機械が行いますが、細かい部分などは工具を使って人が組み立てていくことになります。

自動車の期間工でもっとも体力的に厳しいと言われる部署で、腱鞘炎、筋肉痛などに悩む人が多い場所でもあります。

体力に自信がない人は体調を崩すことも多く、女性やひ弱な男性はあまり配属されることはありません。

「大泉工場」はこの最終組立がありませんので女性は大泉工場を希望するのも良いかもしれません。

 

・正社員雇用は積極的に行われている会社なの?倍率は?メリットとデメリット

スバルは他の自動車メーカーと同様に期間工から正社員の登用を行っている会社です。

もちろん期間工として働いていたら全員が正社員になれるというわけではありません。

いくつかの条件と有利になる配属先というものは存在します。

まず絶対的に必要になる条件ですが、

「スバルの期間工として1年以上勤務している」

「35歳以下である」

「直属の上司(正社員)の推薦がある」

という3つです。

上の2つは自分でもすぐに確認できるものですので問題はないでしょう。

注意しなければいけないのは「上司の推薦がいる」ということです。

1年以上勤務していると上司から正社員になるつもりはないか、と打診されることがあります。

ここでもし希望すれば推薦を受けて年に2回行われる正社員登用試験を受けることができるのです。

逆にまじめに勤務していても推薦がもらえなければ試験を受けることはできません。

そのためにいくつか必要になる要素が出てくるのです。

まず「まじめに勤務していること」これは基本となります。

スバルでは社内評価が最高のAから最低のCまでありますが、Aであるのは絶対条件です。

さらに遅刻や欠勤がなく、上司の指示に従って勤務に取り組む姿勢、これが必要となります。

「人としっかりとコミュニケーションをとれる」というのも重要な要素となります。

工場で正社員となると期間工などの従業員を指示する立場になります。

このような立場で重要になるのはスムーズにコミュニケーションが取れているかどうかです。

期間工のうちから上司や周囲の同僚と良い関係を築いているということが評価されるのです。

「組立などの厳しい部署にいる」ことも関係しています。

部品を運んだりするような比較的簡単な作業についている場合、正社員に誘われることはほとんど無いようです。

やはり組立などの厳しい部署でしっかりと仕事をこなしているということがアピールになるのでしょう。

そうして正社員試験に臨むと3つの関門があります。

「筆記試験」「面談」「書類提出」です。

筆記試験は中学程度の基本的な試験になります。

基礎的な学力がある人は心配はいらないでしょう。

筆記試験よりも重視されるのが面談です。

ここではスバルの社員としてのビジョンを示したり、自分の意見や考えを述べなければいけません。

それらがスラスラと答えられないようではなかなか合格は難しいでしょう。

そして以外に厳しい関門となるのが書類提出です。

履歴書や手続き書類はもちろん、企業から指示される課題の提出などかなり多岐にわたって書類を提出しなければいけません。

これらは現役の社員でなければすぐに答えられないようなものも混じっているために、期間工から正社員に合格する人はかなりの割合で正社員のフォローがあります。

逆に言えば正社員登用試験を臨むにあたって周囲の上司たちがフォローしてくれるような関係性を築けていないようではなかなか合格はできないということです。

はっきりとした倍率は公表はされていませんが、スバルは毎年こうして100名ほどを社員に登用していると発表しています。

これを広い門とみるか狭い門とみるかはその人によるのかもしれません。

 

・残業は多い?深夜手当などはありえる?

スバルは基本の勤務体制が、

早番・・・6:30~15:15

遅番・・・15;15~24:00

となっており、これが週ごとに交代制となります。

早番に入っているときは遅番の人と交代になりますので残業もほとんどありませんし、深夜手当などにも関係がありません。

つまりそれほど稼ぐことはできず、基本の日給通りになります。

稼げる可能性があるのは遅番です。

工場にもよりますし時期にもよりますが、常に残業があるような状態であれば残業が深夜手当と重複してかかってくるために大きな収入となります。

これが月に2週回ってきて、それぞれに深夜残業が発生するという形になります。

また多忙な時期などは休日出勤を依頼されることもありますので、それらもあって安定して月収が30万円を超えるようになっています。

 

・寮はキレイ?光熱費は無料なの?

工場 住所
東長岡寮 群馬県太田市
日興寮 群馬県太田市
大泉寮 群馬県邑楽郡
大利根寮 群馬県邑楽郡

「東長岡寮」

こちらは群馬本工場にもっとも近く、何棟もある大規模な寮になっています。

この寮に入った場合、多くは群馬本工場に配属になるようですが、もし違う工場に配属になっても送迎バスが出ていますので安心です。

古い、と言われることがありますが実際にはそれほど古さは感じません。

寮に食堂や売店があることもあって非常に便利だという人の方が圧倒的に多いようです。

「日興寮」

こちらはもともとビジネスホテルだったものを寮に改装したものです。

そのためホテル時代の備品などがそのまま残っていることもあり、寮内も非常に綺麗なのが特徴です。

この寮に入った場合は比較的「大泉工場」に勤務になることが多いようです。

ロビーも広く机や椅子もおしゃれなこの寮、周辺には飲食店も多くあるために希望する人はかなり多いようです。

「大泉寮」

ここは部屋が広めの和室で、大きめの食堂があるのが特徴です。

また、寮の近くに飲食店やコンビニがあるために「生活しやすい」と評判になっています。

期間工は生活時間が不規則になることが多いのですが、徒歩で行ける範囲にコンビニがあるというのはかなり利点と言えるでしょう。

「大利根寮」

ここは寮のなかでは比較的工場が遠いところにあるのですが、それでも送迎バスで行けば数分~10分ほどで着きますので苦にはならないでしょう。

ここのウリはとにかく広い部屋と寮に食堂やサウナがあるということです。

部屋は10畳ほどの部屋を一人で使えますし、何よりサウナを使えるというのが大人気です。

 

これらの寮を見ているとわかるようにスバルは寮が非常に充実しているため、それを気に入って長期的に勤務する期間工も多く出ています。

工場から遠かったり、寮が汚くて狭いというメーカーもありますので、スバルは非常に良い環境であると言えます。

そしてその寮ですが、「寮費、水道光熱費無料」となっています。

申し分のない生活環境と言えます。

 

・寮に入らずマンションやアパートから通ってもいい?

自宅が近くにある場合や自分でマンションなどを借りてそこから通うというのは可能です。

ただし寮と同じ水準のマンションを個人で借りて家賃や水道光熱費、敷金礼金などを支払うと年間で数十万円~百万円ほどの出費となります。

寮に入ればこれらの費用はかかりませんので、メリットを考えれば寮に入った方が良いでしょう。

 

・面接は厳しい?健康診断には厳しいの?高齢、未経験でも雇われる?

期間工の面接はどのメーカーも重視する点は同じです。

「契約期間をまじめに勤務して満了できるか」「周囲の人とうまくコミュニケーションをとれるか」「最低限の体力があるか」「借金や刺青などがないか」という点です。

スバルも重視されるのはこのあたりですので特に変則的ということはありません。

面接時にも基本的なことを中心に質問されますのであまり嘘をつかずにハキハキと答えていきましょう。

「なぜ期間工として働きたいのか」という質問に対しても、回りくどいことをいうよりは「目標のためにお金を貯めたい」と言い切るくらいの方が良いです。

また、体力測定や健康診断も実施されます。

これもバランス感覚や手先の器用さなどを簡単に測るものと、仕事に支障をきたすような持病を持っていないかどうか、最低限の体力があるかを試されます。

あまりにも体力的に足りないと判断されたり、健康面で問題がある場合は不採用となります。

この基準はスバルは他と比べて特に厳しいということはなく、平均的とも言えます。

こういった期間工としての採用に年齢制限はありません。

正社員の登用を目指すのであれば「35歳以下である」という年齢制限がありますが、期間工として働く分には40代でも可能です。

ただし基本的な体力テストや健康診断に問題がなかった場合に限ります。

そしてこうした期間工は未経験者でももちろん採用されます。

むしろ最初はみんな未経験ですので何も問題はありません。

まじめで遅刻や欠勤がなく、健康体で期間を満了できるような人であれば未経験者でもまったく支障なく採用されます。

スバルは女性の期間工を積極的に採用しているという実績もあります。

女性であっても最低限の体力があって健康であれば普通に採用されていますので、考えている方はトライしてみましょう。

 

・面接会場について

以前は群馬県で勤務するということもあって関東地方や東北地方だけで採用面接が行われていたスバルですが、ここ数年になって他の地域でも面接が行われるようになっています。

特に大阪や福岡などの大都市で開催されていることがありますので、カレンダーから検索したり面接会場から検索したりして最寄りの会場に向かうようにしましょう。

派遣会社を通している場合などはそこが段取りをすべて整えてくれたりすることもあります。

 

・スバルの期間工.jp(アウトソーシング)経由で派遣される事になった場合のデメリット

最終的に同じ勤務をすることになっても「どこを経由して勤務することになったか」ということは非常に重要になります。

派遣会社によって「入社祝い金」などの手当に大きな差があるからです。

それを知らなかっただけで数十万円も損をしてしまうこともあります。

また、スバルが行っている直接の期間工の求人は避けた方が良いでしょう。

こういった入社祝い金など派遣会社が用意してくれる手当などが一切もらえないことが多くあります。

色々と派遣会社の募集要項を見て、もっとも条件の良いところに応募するようにしましょう。

 

・交通費は支給はいくらまで?車通勤の場合は交通費は出る?

スバルに採用されて勤務した場合、派遣会社にもよりますが基本的には「赴任旅費」が実費分は支給されます。

また、「赴任手当」が2万円支給されますので当座の経費に使用することができるでしょう。

車で通勤する場合は寮の駐車場を使用するのに5000円ほどの駐車代を支払う必要があります。

メーカーによっては、そのメーカーの車しか通勤に使えないということもありますが、スバルは他のメーカーの車でも使用可能です。

ちなみにこの場合交通費は支給はされません。

 

・他社に出向されることはあるの?

スバルに期間工として採用された場合、他の会社や企業に出向させられることはありません。

あくまでもスバルの工場で勤務するという契約になります。

ただし工場が三つありますので、どの工場で勤務するかは都合によって変わることはあります。

また、正社員として登用された場合は期間工の契約は関係のないものになりますので、関係会社に出向などする可能性はあります。

+300万円ゲット!


満了祝い金最大65万円をゲット出来ます!


選考会に参加し、更に高額の300万円をゲット可能!
>>満了金最大300万円ゲット出来る期間工求人サイトはこちら<<
期間工.jp

+445万円ゲット!


一年目で445万円の年収ゲット!
入社祝い金も35万円ももらえちゃうのはトヨタだけ!
>>トヨタの期間工求人サイトはこちら<<
トヨタの期間工

コメントをどうぞ