車検が切れたらどんな罰則がある?再車検にかかる費用と併せて解説

車検切れの車は売れる?

うっかりにしろ故意にしろ、車検が何らかの理由で切れてしまっている車で公道を走行するのは法律で禁止されており、そのことは多くの方がご存じのはずです。

しかし実際にどんな罰則があるのかや、再車検にかかる費用とその手段、さらに車検切れの車を査定に出せるかどうかについて、詳しくは知らないというユーザーもおられるでしょう。

そこで今回は、車検切れの車に乗って走行しているのを警察に発見された場合、どんな状況になってしまうのかや、車検切れの車を査定に出すことは可能なのかについて、解説をしたいと思います。

車検が切れた車に乗ったら捕まるってホント?

初めに強く主張しておきますが、無車検状態の車体で公道を走行するのは重大な法律違反であり、絶対にしてはいけないということです。
それを注意喚起するため、ここでは課せられる罰則の重さについて、触れておきます。

まず車検が切れている車体では、

1. 車検期限だけが終了しており、自賠責保険はまだ残っているケース
2. 自賠責保険の保険期間も、併せて切れてしまっているケース

という、2パターンがありえます。

このうち、1番の車体で公道で走行しており、他の交通違反の検挙などに併せて無車検である事実が発覚した場合、

  •  行政罰

・・・違反点数6点・30日間の免許停止

  •  刑事罰

・・・6か月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金

が課せられます。
さらに、長期間無車検である状態の車体の場合、併せて自賠責保険が切れていることも多いのですが、この場合は前述の罰則に「無保険車運転」の罰則も加算されるため、

  •  行政罰

・・・違反点数12点・90日間の免許停止

  •  刑事罰・

・・1年6か月の懲役もしくは80万円以下の罰金

といった具合に、より重い罰則が科せられてしまいます。
車検についてついうっかり忘れてしまって、車検切れに気づかないままの運行の場合、検挙した警察官の判断によっては「厳重注意」で済む可能性もゼロではありません。

しかし、故意や悪質性があると判断された場合では、現行犯逮捕される可能性もあるので、車検及び自賠責保険の有効期限はマメに確認し、必ず期限内に継続車検を受けるようにしましょう。

また、会社が所有している公用車の車検などが切れている場合でも、運転者に罰金刑などが課せられるケースがありますので、営業回りなどで社用車をいつも使用しているという方は、そちらの車検期限等のチェックも忘れずにしておきましょう。

万が一に車検が切れた車で事故にあったらどうなる?

考えたくないところですが、車検が切れている車を運転中に、万が一事故に遭遇したケースは、目も当てられない深刻な状況になります。

警察が介入するケースでは、前述した罰則が科せられる可能性があるうえ、本来事故による相手方への補償をカバーするために加入している任意保険も、車検切れの状態では「無効」となる可能性が高くなってきます。

また、自賠責保険まで切れていたら最悪で、仮に人身事故を起こし加害者となった場合は数百万円、数千万円に及ぶこともある賠償金を、すべて自腹で被害者側に支払わなければならない可能性があります。

どうしても動かしたいときに利用できる仮ナンバーが発行される?

何かしらの理由で、無車検車を移動させたいときは、一定の条件を満たすことで発行される、

  • 仮ナンバー

・・・臨時ナンバーとも呼ばれるもので、車体を保管している場所の市・区役所や町役場に申請することで取得可能。発行手数料はおおむね700円程度だが、使用後は返却をする必要がある。

を車体につけることにより、公道上を走行することができるので、それを利用することになります。

ただし、長期間にわたり走行できるものではなく、その有効期限は申請当日を含めて3日間であり、あくまで緊急避難的な移動のためだけに、短期間利用するのが基本です。

しかも、自賠責保険の有効期限が申請日から1ヶ月以上ないと、申請・発行することができないため、自賠責保険切れの車体は事実上、仮ナンバーの取得による車体の移動が不可能です。

再度車検を通すとしたらいくらぐらいかかる?

車検切れの車体を車検に通すケースでは、

仮ナンバー手数料+普段の車検代

を準備さえすれば、整備すべき項目によって実際にかかる費用はまちまちですが、特に大きな追加費用なく継続車検を受けることが可能です。

また、自賠責保険が切れている車体を移動させ、再度車検を受け直すことは不可能なのかというとそうではなく、いったん自賠責保険に新規加入すれば、仮ナンバーを申請することができるため、それを付けて移動すれば問題ありません。

ですので、ついうっかり車検期限をオーバーした場合で、今後も乗り続けることも決めている場合は仮ナンバーを利用して車検を受けるという選択もアリです。

車検が切れた車を査定に出す事は出来ない?

しかし、車が必要なくなり放置していて車検切れをしている場合や、既に自力で動かなくなった車体を保管しているうちに、車検期限を超えたユーザーの中には、

「車検を受ける気がない場合の、買取査定はどうなるの?」

という疑問を持っている方も多いはずです。

結論から言えば、車検切れをしていても、併せて自賠責保険が切れていても、全く問題なく買取査定に出すことが可能です。

こういった場合に、車検切れの車体を査定に出す方法は、大きく2パターンが考えられます。

1つ目は先程から触れている、仮ナンバーの取得して自ら買取業者に車体を持ち込む方法で、自賠責保険が1ヶ月以上残っていれば、この方法で査定に出すことができます。
しかし、自賠責が切れている場合、わざわざ仮ナンバー取得の条件である1ヶ月分の自賠責加入をするのは億劫なうえ、費用も掛かってきます。

もう1つの方法は、各買取業者に出張査定を依頼することで、こちらであれば自宅にいたまま査定が受けられるため、当サイトとしてはおすすめ。
契約成立後の車体引き渡しも、車載車両での引き取りや、各業者が持っている仮ナンバーで可能ですので、コスト的にも手間的にも断然お得です。

加えて、長い間車検切れで走行していない車体は、基本的に過走行・低年式であることも多く、特に何らかの故障で不動車となっている場合、一般的な買取業者では「査定額ゼロ」の判定を受け、廃車を薦められることもあります。

しかし、車検切れであるうえ「廃車」を宣告されてしまうような車体でも、それを専門的に取り扱い、高く買取をしてくれる業者が世の中にはたくさん存在します。

ですので、車検切れ且つ古い車体を高く売るためには、

 カーセンサー
 グー買取
 かんたん車査定ガイド
 ズバット車買取比較
などといった、廃車になるような車体を専門買取する業者も参加している、一括査定サービスを利用し、効率よく相見積もりをする方が良いと、当サイトでは考えています。

カープライスで車を高額オークション!


車の価格があがってく!
車の買取価格があがってく!オークション型車の買取サイトです今までにないオークション型で車を買い取ってほしいなら
カープライス
>>簡単30秒のカープライスの見積もりはこちらです<<
カープライス
車の買取ならカープライスの評判とは?実際に体験し車を見積もってみた



車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!


最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
車査定ガイド
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 

また下にスクロールすると複数の一括見積もりを掲載しています。
全て無料で利用で可能
※見積もり価格が気にいらなければキャンセル出来ます。
1円でも高く売りたいのであれば複数のサイトを登録し、比較検討してみましょう。

日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


2000業者から見積もりが取れます!


しつこい電話はなく、査定もたったの一回でok!楽な見積もりはユーカーパック
2000業者の中から一番高い業者をセレクトし、1社のみをご提案
査定入力も30秒で完了!
本当の最高買取額を知りたい方は ユーカーパックにお任せ!
>簡単30秒のユーカーパックの見積もりはこちらです<
ユーカーパック

話題のユーカーパックの評判は?査定のリアル体験談で総合評価


営業電話が一切ない!


車の査定で面倒臭いのは営業電話。車査定・買取の窓口は営業電話が一切ありません。


一番高額査定を出した一社のみを厳選し、ご提案いたします!
なんとたったの45秒で入力完了!
しつこい電話営業が嫌な方は車査定・買取の窓口へどうぞ
>>簡単45秒の車査定・買取の窓口の見積もりはこちらです<<
車査定・買取の窓口
車査定・買取の窓口の評判とは?メリットとデメリット