車の査定が0円で困ってる人

車の買取査定で0円が出されたらどうすればいい?

車を乗り換えるときや、必要がなくなって手放すときに利用されるのが、中古車業者による買取査定です。
ただ、車が古かったり状態が思わしくない場合、「査定額ゼロ」という判断下されてしまうこともあるのですが、いきなり本題に迫ると中古車はどんな状態であれ、完全にその価値を失うことはありません。
今回は、愛車に対して車業者が0円査定を出してきた場合でも、利益を得ることをあきらめずべきではないという当サイトの主張に合わせて、買取利益をゲットする方法についても触れていこうと思います。

一括見積もりで車を1円でも高く売りたい方はこちら

買い取れない車とはどんな車なの?中古車や古い車だと可能性が高いのか

まずは、どんな車の場合で買取できないといわれてしまうのかについてですが、正直な話「買取する車業者の勝手な判断」としか、業界経験者の筆者としては言いようがありません。
冒頭でも述べたとおり、車が1円の価値もない状態になってしまうことは、

新車購入時or継続車検時

において、すでにリサイクル料を預託している今となっては、絶対にあり得ません。
しかし、現実はそううまくいかず、いくつかの理由から査定に持ち込んだ業者によっては、「査定額ゼロ」を付けられてしまうことがあります。
ただしそれも、うまく買取業者のタイプを見極めることで、回避できる可能性があります。

まだ走るけど中古車として販売・転売できないから買い取ってもらえないの?

手放すことを決める時点まで、問題なく元気に走っていた車の場合、その多くに買取査定額が付けられます。
各車業者は買取された車両を、

 

  • 業者自身が売り物として店頭に並べ、直接次のユーザーへ売却する。
  • 業者間オークションに出品し、他の車業者に転売する。

 

かのどちらかで利益を得ます。

1番の方法を取る業者は「直販型」と呼ばれますが、代表格といえばガリバーやビッグモーターなどになります。

こちらのスタイルの場合、店頭で販売できるであろう中古価格相場から、

 

  • 商品化に伴うコスト
  • 店舗運営費
  • 利益確保分

 

などを引いたものが、車体の買取額となります。

つまり、店頭販売価格相場が30万円なのに、中間コストがそれ以上発生しそうな車体には、買取額を付けることが必然的にできません。

また、利益が確保できない車体についても、タダ働きをするわけにはいかないため、当然ながら査定額ゼロを付けてきます。

どういった車体がそれにあたるかというと、実は過走行・低年式な車体だけの話ではなく、新しい車や走行距離が少ない車体であっても、

 

  • エンジンや足回りに大きな不具合があり、車検での費用が大きくかさむ。
  • 大きな傷や凹み等を板金・塗装で直さない事には、店頭に並べられないほど見た目が悪い。

 

といった車体の場合でも、ゼロ円査定を受けてしまうこともあります。

反対に過走行で低年式な車であっても、

 

  • 外装や内装が非常に綺麗
  • 日頃のメンテナンスが行き届いている
  • 車検時の整備状況が良い
  • 原則交換不要なタイミングチェーンタイプである

 

などといった車両の場合、商品化にあまりコストが発生しないことがあります。

すると、「お買い得車」として一定の販売価格を付け、それに伴う利益を得ることができるため、ある程度の値段で買い取ってくれることがあります。

一方、2番の流通スタイルをとる「転売型」と呼ばれる買取チェーンには、アップルやラビットなどが挙げられます。

こちらの場合では、買取した車体を商品化せずそのまま業者間オークションに回すため、会場運営会社に支払う年会費や出品手数料などに加え、自社の利益分さえ確保できるのであれば、買取査定額が付くこととなります。

もちろん、中古車として購入しさらに数年間乗ってきたことで、過走行・低年式になってしまっている車両は落札額が伸びなかったり、落札されない可能性もあるため、買取査定が付かないことも多々あります。

しかし、業者間オークションに参加できない、一般ユーザーの皆さんに知る術はありませんが、会場ではピカピカの車体ばかり出品・セリにかけられているわけではない。

過走行・低年式の車体でも、元気に自走する状態さえ保っていれば、一定の落札額がついて他の車業者へどんどん売れていきますので、買取をあきらめることなんて何もないのです。

一括見積もりで車を1円でも高く売りたい方はこちら

値段がつかないような自走しないポンコツ車は売る事が出来ない?

自走する車の買取について前項まで説明しましたが、ではすでに走らない車は売れないのか、というとそういう訳でもありません。
そもそも、愛車について「もう走れない」と判断しているのは、車の状態を正確につかめる訳でも、それに合わせた整備なども行えない、一般ユーザーの方々です。
事実、筆者が車業界にいたとき「廃車にしてくれ」と、若干古めの車を持ち込んでこられたケースでは、なんと「バッテリーが切れていただけ」ということもありました。
これは極端な例ですが、安易に「自走しないから」という理由だけで業者に頭から廃車依頼せず、まずは買取を目指して出張査定だけでも受けてみるべきだ、と当サイトとしてはアドバイスします。
買取業者は車のプロ集団ですから、手を加えて自走できるように復帰させ何食わぬ顔で直販し、大きな利益を得ることもあります。
また、転売型買取店に査定してもらった場合も、オークションに参加しているのも車のプロたちなので、

「この程度の不具合であれば利益を出せる」

と判断すれば、落札後商品化し店頭に並べます。
ただ、この事実を査定時に親切に教えてくれ、買取額に反映をしてくれる業者はあまりいないでしょう。
ですから、1店舗だけの査定でゼロ判定をされても決してあきらめず、相見積もりを試みるべきであり、

「○○店では査定を付けてくれた!」

などといった駆け引きも、若干必要になってきます。

それでも0円査定が買取業者に出される事はある?もう車は売れないの?

前項までで、たとえ古い車でも傷モノの中古車であっても、業者にとっては利益を生める可能性があると述べました。
そして、業者にとって利益が出る可能性がある車体については、買取を決してあきらめてはいけないという主張や、その理由についても若干なりとお分かりいただけたと思います。
しかし残念ながら、不具合や傷などが複合して発生している車体の場合、どこに出しても相見積もりを数多く実施しても、「ゼロ円査定」しか得られないことがあります。
ただ、それでもあきらめるのは早く、車にはいくらかの買取をしてもらうだけの根拠となる「価値」が、まだまだ残されているのです。

どうしても買い取ってもらえないなら廃車にするしかない?

この項目でお伝えしたいのは、現時点で車を手放すとき1円の利益も得ない、もしくは廃車手数料を支払うなんてことは、やめておきましょうという提言です。
全く買取業者が査定額を付けなかった車でも、貴重でリサイクル可能な「鉄資源」としての価値が残されており、これについては何年経過した中古車であろうが、何十万km走行した車であろうが、決して無くなることはありません。
一昔前までは、エアバックやクーラー充填ガスの回収や、鉄以外のパーツを取り分けるリサイクルコストが業者には発生したため、特に鉄パーツの少ない軽く小さな車には、買取価格が付かないこともありました。
しかしながら、上記で軽く触れた自動車リサイクル法の施行により、現時点で公道を走行車はすべて、事前にリサイクル料が支払われています。
結果的に、鉄資源として車を買い取ってくれる専門業者はどんどん増えていますが、執筆時点の相場感から言えば、

  • 軽自動車・・・8千円~1万円
  • 普通車・・・1万5千円~3万円

 

程度で買取をしてくれる可能性があり、車体が大きくなればなるほど高値で査定されます。

ですので、もう乗らないと判断して「廃車」を依頼するのは一向にかまいませんが、「廃車が売れる」という事実を知っておかないと、場合によっては損をすることがあります。

一括査定に出してみる。事故車専門の一括査定もある

どんな車でも必ず価値は残っているので、その買取をあきらめないで欲しいとここまで述べてきましたが、最後により高く買取してもらうための秘訣を紹介して、今記事を締めくくりたいと思います。

廃車は待った!海外販路増大中の買取業者が参加する一括査定

買取業者が査定額を付けてくれず「廃車」を決めた場合、これまでは前項のような「鉄資源としての買取」が終着点でした。
しかし近年、国内需要を望めず業者にとって利益を得にくかった車体でも、

 中東
 ロシア
 東南アジア

などで、丈夫な日本の中古車としてのニーズが高まっています。
国内の中古車市場が、少子化や若者の車離れによってなどで縮小する中、拡大を続ける海外中古車マーケットに向けて、多くの買取業者が販売ネットワークを整備し始めています。
主だったところを挙げるなら、ASEAN加盟国を中心に実に800店舗の展開をもくろんでいるガリバーや、中古車輸出を専門に行う、「アガスタ」という会社を同グループに持つカーチスあたり。
この2つが揃って参加している、「かんたん車査定ガイド」や「カーセンサー」辺りの一括査定サービスを利用すれば、国内需要が無いと判断され査定ゼロを言い渡された車でも、高く売れる可能性がアップします。

それでもダメなときは廃車・事故車専門一括査定もアリ!

いくら海外ニーズがあるといっても、大きな事故を起こして全く走らない場合はどうしようもありません、と投げ出さないのが当サイトの方針です。
実は、不動車・事故車となって廃車しか道が無くなった車体を、積極的に仕入れる買取業者を複数査定比較できる、

事故車買取比較君

という非常に珍しい、専門性の高い一括査定サービスも存在します。
全国対応でパソコンやスマホからアクセスし、車両情報と個人情報を申込フォームに入力すれば、最大8社の事故車・廃車買取業者へ一括で査定依頼できる便利なサイトなので、廃車を決めた方は最終手段として、1度試してみてはいかがでしょうか。

車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!


最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
車査定ガイド
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 

また下にスクロールすると複数の一括見積もりを掲載しています。
全て無料で利用で可能
※見積もり価格が気にいらなければキャンセル出来ます。
1円でも高く売りたいのであれば複数のサイトを登録し、比較検討してみましょう。

日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


2000業者から見積もりが取れます!


しつこい電話はなく、査定もたったの一回でok!楽な見積もりはユーカーパック
2000業者の中から一番高い業者をセレクトし、1社のみをご提案
査定入力も30秒で完了!
本当の最高買取額を知りたい方は ユーカーパックにお任せ!
>簡単30秒のユーカーパックの見積もりはこちらです<
ユーカーパック

話題のユーカーパックの評判は?査定のリアル体験談で総合評価


営業電話が一切ない!


車の査定で面倒臭いのは営業電話。車査定・買取の窓口は営業電話が一切ありません。


一番高額査定を出した一社のみを厳選し、ご提案いたします!
なんとたったの45秒で入力完了!
しつこい電話営業が嫌な方は車査定・買取の窓口へどうぞ
>>簡単45秒の車査定・買取の窓口の見積もりはこちらです<<
車査定・買取の窓口
車査定・買取の窓口の評判とは?メリットとデメリット