車を購入する際は税金がかかりますが、車を売却する際はどうなのでしょうか。
今回は車の売却と税金の関係をご説明します。

車にかかる税金

車を売っても自動車税は帰ってこない!?

車の売却と廃車を混同している方は「自動車税は絶対還付してもらえる!」と思われることでしょう。
売却と廃車では還付を受けられる項目が異なります。

車を売却する 廃車にする
自動車税の還付 ○(買取業者による)
自賠責保険料の還付 ×
重量税の還付 ×
リサイクル料の還付 ○(買取業者による)

地方税として支払われた自動車税が国や自治体から還付されるのは廃車(一時抹消・永久抹消)にした場合なのです。

車を売却した場合、あなたの元・愛車はディーラーへ名義変更され、さらに次のオーナーへ名義変更されることになります。
よって廃車という扱いにはならず、国から還付を受けることは不可能という事です。

自動車税の過払い分は誰が返してくれるのか?

国や自治体が返してくれない自動車税の過払いは、多くの場合「買取業者」が還付してくれることになります。
この制度は「自動車税の還付」と呼ばれ、5月に収めた1年分の自動車税のうち、払いすぎた分を還付してもらえます。
例えばスズキ・ソリオの場合、5月に34500円の自動車税を支払い9月に手放したとすると、納税義務が発生したのは4月から9月分のため、払いすぎた6か月分の17250円が還付されるという事です。

しかし、善良な買取業者だけが商売をしているわけではありません。
中には自動車税の還付に関しては何も言わず、場合によっては自動車税の過払い分を査定額に含めない業者もあるため注意が必要です。
必ず「この査定額に自動車税の過払い分も入っていますよね?」と確認することをオススメします。

手元に車が無いのに自動車税の納付書が届いた!

ごくまれに、愛車を売却したのに自動車税の納付書が手元に届くというトラブルが発生しています。
それは買取業者が自動車の名義変更を行っていない可能性が考えられます。
自動車税の納付義務は4月1日時点で自動車の所有者(ローン中の場合は使用者)に発生するため、4月1日の時点で名義変更が行われなかった場合、車が手元になかったとしても納税義務が発生するという事です。
一般的な買取業者は買い取った車の名義変更完了後に「名義変更完了通知」をはがき等で郵送することが多いのですが、名義変更完了通知が届かず自動車税の納付書が届いた場合、すぐに支払わず買取業者へ連絡を入れましょう。

車を売って戻ってくるお金は他にもある?

自動車税のほかにも戻ってくるお金があることをご存知でしょうか。
実は車を購入する際必ず支払っている「リサイクル料」も戻ってくる可能性があります。
通常、リサイクル料は次のオーナーから受け取るべきお金ですが、それを一時的に買取業者が肩代わりすることであなたに戻ってくるのです。
還付方法は査定額の中に含めることが多いため、気になる方は買取業者へ「自動車税とリサイクル料は査定額に含まれますか?」と確認しましょう。

実際にリサイクル料を調べてみた

還付金を受け取れると分かると、次に気になるのは「いくら受け取れるのか」ですよね。
しかし、確認したい時に限ってリサイクル券が見つからないなんてこともあります。
そこでリサイクル料が実際にいくら戻るのか確認する方法をご紹介します。
※画像は筆者が実際に愛車のリサイクル料を調査した際のものです。

 

1.事前準備
まずは車検証ケースを用意しましょう。
ケース内の車検証を手元に出しておきます。

 

2.確認方法
以下のサイトへアクセスし、画面の指示に従って必要項目を入力します。

 

自動車リサイクルシステム
http://www.jars.gr.jp/gus/exju0010.html

 

資金管理システム

入力がすべて完了したら右下の<検索>ボタンをクリックします。

入力内容が正しければ、以下のような画面が表示されます。

title5-1

画面右下の<料金表示>をクリックすると、具体的なリサイクル料金が表示されました。

title5-2

 

筆者の愛車・ソリオは、なんと1万円以上のリサイクル料金を支払っていたようです。

買取価格は1円でも高いほうが嬉しいものです。
車を売却する際は、一括査定で愛車を一番高く買い取ってくれる買取業者を探すことと、自動車税・リサイクル料が戻ってくるかどうかをきちんと確認することが非常に重要だという事を覚えておきましょう。

愛車を手放したら「還付請求権譲渡通知書」を書かされた!

美濃さんが愛車を手放した際、あまり聞き覚えが無い「還付請求権譲渡通知書」の記載を促された体験談をご紹介します。

美濃さんは現在50代半ば、昔からスポーツカーが大好きで何台も乗り換えてきました。
しかし持病が悪化し、先の見えない長期間入院が必要となったため「メンテナンスできないならいっそ車を売ってしまおう」と考えたのです。
美濃さんの愛車はスバル・インプレッサ(グレード:WRX STIライン Aパッケージ/2014年式/4WD/18446km)と、奥様が運転するには少々難しい車のため、手元に置き税金だけ支払い続けるもの気が引けました。

体調面で不安があった美濃さんは、息子さん同席の上自宅で査定を受けたいと考えています。
そこでインターネットの検索サイトで「車を自宅で査定」と検索しところ「車査定比較.com」を発見しました。
一括査定を受けるべきか息子さんへ相談したところ「絶対高く売れるだなんてまい話はないよ」とかなり怪しんでいます。
しかし、美濃さんは「高く売れるなら」という思いから一括査定を申込みました。
査定申し込みから3分後、さっそく買取業者から電話がかかってきたため、たびたび電話に出ては美濃さんに取り次いでくれる奥さんに申し訳ない気持ちになりつつも、即日査定のスケジュールを組みました。
美濃さんは仕事をリタイヤ後、毎日欠かさず洗車と清掃を行っていたため、特に事前準備等はなく査定に臨んだのです。

4社の査定を受けた結果、社外製エアロ・行き届いたメンテナンスと内装・外装の美しさから【204万円】という査定結果が出たため即日売却を決めました。
自宅で売買契約を行っていたところ、査定士から「還付請求権譲渡通知書」への記入を求められました。
この査定を行ったのは8月、つまり7か月分の自動車税を先に納めていたという事になります。
美濃さんは「こんな書類今まで見たことないぞ、なんで俺のところに金が戻ってこないんだ!」と査定士に詰め寄ると、自動車税の過払い分はすでに査定額に含まれているとの回答がありました。
それならばと納得し、書類にサインした美濃さんは寂しいながらもインプレッサとの思い出とともに入院し、入院費用も用意できて一安心だったそうです。

美濃さんはこの時に車の一括査定も使用し、本来買取業者から

120万円といわれた車を142万円で買い取り

をしてもらっていたので二重にお得な気分でした。

美濃さんが使用した一括査定は以下からどうぞ

当サイトでおすすめする車の一括査定は以下からどうぞ

まとめ
今回は車の売却と自動車税の関係についてご紹介しました。
車を売却する場合、廃車とは異なり自動車税の還付は買取業者から受けることになります。
一般的には査定額の中に自動車税の過払い分が含まれているのですが、業者によって含まれていないケースもあるため、気になる場合は売却する前に確認が必要です。
また、車の売却後に自動車税納付書が届くトラブルが稀に発生するため、車を手放す時期は3月より前が望ましいと言えます。
自動車税の還付金を含む高価買取を行っている買取業者を探すなら「一括査定」がおすすめです。
ぜひ一括査定で高価買取を目指してくださいね。

 


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70


安い自動車保険はこちら


10万円かかっていた保険料が2万5000円も安くなり、100000→75000円に!
最大20社に見積もりし、もっとも安い自動車保険を自動的に選別します。
たった3分で完了し、2万円以上したい方は無料見積もりをどうぞ
今の自動車保険は払いすぎてるかもしれませんよ!
>>簡単3分の無料一括見積もりはこちらです<<
hoken