商業車として人気が高いハイエースを高く売るにはどうしたら良いのでしょうか。
今回はハイエースを高く売るコツをご紹介します。

ハイエース

ハイエースはなぜ人気なのか?

ハイエースは商用車として人気が高いだけではなく、カスタムカーとしての人気も絶大です。
人気の理由は、室内空間が広く機能性が高いことやディーゼル車であること、モデルチェンジのスパンが長く流行り廃りがないデザインであることが挙げられます。
また、ハイエースのエンジンは耐久性が高く、長く乗れるという点も魅力の一つです。
人気が高いのは国内だけではなく海外でも商用車として人気が高いことから、過走行のハイエースであっても買取価格がつかないということは考えられません。

これらの理由から、ハイエースは値崩れしにくい傾向があります。

ハイエースを売るときに絶対やってはいけないこと

ずばり、ハイエースはディーラーの下取りに出してはいけません。
ディーラーの下取りに出すということは、海外需要を一切無視した安値が付くことを意味します。
低年式・過走行であれば、相応の買取額もしくは買取不可と言われてもおかしくないのです。
「このハイエース売れるかな…」とお悩みの場合、ディーラーへ持ち込まずに一般的な買取業者を利用しましょう。
たとえ社名ロゴがついていたとしても「買取不可」となることはないのでご安心くださいね。

こんなハイエースが高く売れる!

過走行でも値がつかないことはないとご説明したのですが、愛車は可能な限り高く売りたいですよね。
そこで買取額が高いハイエースの特徴をご紹介します。

 

○5代目(200系)であること
5代目ハイエース、いわゆる「200系」は2004年から製造・販売されている現行車種です。
裏を返せば2004年に購入したハイエースがまだ高価買取してもらえるということになります。
国内での需要はもちろん、海外へ輸出する目的で買い取っている業者が多いのが特徴です。

 

○人気モデルであること
ハイエースの中でもグレード:スーパーGLはかなりの確率で高価買取されています。
その理由はデザイン性の高さ、キャブオーバー(エンジンの上に運転席がある)のため室内空間が非常に広いことが挙げられます。
国内ではアウトドア用に荷物をたくさん積みたい方やVIPルームに改造するなど様々な方面から人気です。
国外ではシートを取り外し、信じられない大人数を乗せて走るハイエースが数多く見られます。

 

○高年式・低走行であること
ハイエースは低年式でももちろん人気があります。
しかし、高年式・低走行の車には勝てません。
高年式・低走行のハイエースは国内向けに販売、低年式・過走行気味のハイエースは海外へ輸出とうまく住み分けているのが現状です。

 ハイエースの買取相場とは?

みんカラ 買取相場からリアルな買い取り価格を調査しました。

調査対象は200系ハイエースです。

年式 買取価格 対象データ数 年式 買取価格 対象データ数
2015年式 245.0 1 2009年式 170.0 5
2014年式 251.0 2 2008年式 181.0 1
2013年式 120.0 1 2007年式 146.6 9
2012年式 140.0 1 2006年式 130.1 11
2011年式 174.1 7 2005年式 124.8 12
2010年式 175.1 7 2004年式 49.8 5

※買取価格の単位は円

このように200系は2005年式あたりでも100万円以上で買い取られていることがわかります。

今回のデータではグレードや走行距離を加味していないため、正確な査定額は買取業者にてご確認くださいね。

ハイエースをもっと高く売りたい

ハイエースを高く売るコツは2つあります。

1.ハイエース専門の買取専門店へ売却する
ハイエースを専門に扱う販売店は数多く存在します。
なかには国内買い取り出張を行っているケースも有るため、実績があり信頼できる業者を探すことをおすすめします。

 

2.一括査定を利用する
一括査定サイトと提携している企業の多くは海外への輸出ルートを持っている場合が多いのです。
業者同士を競争させることで更に査定額を引き上げることが可能であるケースもあります。
業者からすると、確実に利益を生むことが可能なハイエースの在庫は喉から手が出るほどほしいということを頭の片隅に置き、査定に望むことをおすすめします。

おすすめ!無料で出来る!車の一括査定

 200系のハイエースを売ってみた体験談

関谷さんが長年仕事で連れ添ったハイエースを一括査定で売却した体験談をご紹介します。

関谷さんは自営業を営む65歳です。
仕事をする関谷さんの傍らにはいつも社名が入ったハイエース(グレード:スーパーGL/2005年式/146997km)がありました。
今秋、関谷さんは体力の限界を感じ、40年続いた会社をたたむ決意を固め、ハイエースを処分することを決めました。

 

しかし、ディーラーへ持ち込むと「タダで処分します」と言われ、関谷さんもそりゃそうだよな、と思っていました。
書類を作成してもらうのを待つ間、隣のテーブルから「あのおじさん大損こいてるぞ」「別のところに持ってけば50万くらいになりそうだよな」と、耳を疑うような声が聞こえてきたのです。
あわてた関谷さんはディーラーの担当者へ急用ができたから買えると伝え、買い取りは中止になりました。

 

関谷さんは家に戻るとパソコンが使える娘さんにハイエースを高く売る方法を調べてほしいと伝え、そこで初めて海外で絶大な人気を博していることや買取額が高額であることを知ります。
その手の情報サイトには必ず「一括査定」のリンクが貼られているため、気になった関谷さんも一括査定を申し込みました。

面倒事が嫌いな関谷さんは2社の査定を受け、名刺の裏により他界買取価格を書いた方に売却することにしました。
ディーラーでは値がつかなかったハイエースに、なんと【65万円】の値が付き、ディーラーで聞いた天の声に感謝する関谷さんでした。

まとめ
今回はハイエースを高く売るコツをご紹介しました。
低年式・過走行でもディーラーへ持ち込まず、海外への輸出ルートを持った買取業者に売却することで高価買取が期待できます。
どんなにボロボロでも車検が切れていても、まずは一括査定で高価買取にチャレンジしてくださいね。


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70