スペアキー

最近の車種は、スマートキーを代表するように電磁式のキーであることも多く、エンジンスタートもボタン式になっていることもあります。
無くすと大変ですし、電池切れなんてこともあるためそんなスマートキーにも物理的なスペアキーがつけられていますし、本キー自体が物理的なキーの車種もありますが、この場合スペアキーが売却時に紛失してたら、その買取や査定はどうなるのでしょうか。

車を売るのにスペアキーがない場合、どうすればいい?

電磁式のスマートキーは紛失すると、その再作成とイモビライザー設定に、1万5千円から高いところで2万円ほどかかります。
ですので紛失した状態で買取査定に出すと、減額されてもやむなしですが基本的にスペアにまでスマートキーを用意することはなく、スペアはあくまでシリンダー型になっているはずです。
つまり、紛失すると査定が下がるといわれているスペアキーは、物理的なシリンダー型のケースに絞られると考えられます。
合わせて、キーレスがついているカギは本キーになっていることが多いので、こちらもいわゆるスペアキーと言いづらいでしょう。

スぺアキ―がない事で安く買いたたかれる可能性がある?

実は「スペアキーが無かったら査定額が下がる」という情報が出回っていることを目にしますが、結論から言えば国産車の場合、スペアキーが無いからといって、買取査定額が下がることはまずありません。
確かに中古車の買取は車の傷やへこみ、車内の汚れや臭いなど、重箱の隅をつつくようにマイナスポイントを査定士が探し、少しでもその買取額を下げようとしてくるものです。
ただし、シリンダータイプであることがほとんどの国産車のスペアキーは、簡単にいくつでも作ることができ、1本当たりの値段も数百円。
にも拘らず、スペアキーが無いことを指摘、買取査定額を減額しようとしてくるところは、あまりおすすめできる買取店とは言えません。
また、スペアを無くしていることが防犯的に問題があると、もっともらしいことを告げて減額する業者もいるようです。
もちろん、紛失したスペアキーが他人に渡る可能性や、前の持ち主がスペアキーを渡したもの以外に数本持っている可能性もありますが、買取った車のキーを防犯目的にその鍵穴から交換したという話は聞いたことがありません。
そんなところに車を売っちゃダメ、話を適当に切り上げて他の買取店を探したほうが無難です。

特殊タイプは話が違う

高級セダンや外国車のキーは、物理的なものでも一般的なシリンダー型ではなく、1台1台違った形状の防犯性の高い「特殊キー」の場合があり、そのスペアを無くした時の買取査定はちょっと話が変わります。
特殊キーは、スペアキーを再度作るのにシリンダー型キーの10倍以上の金額が発生しますので、買取金額をマイナスされても仕方ない場合があります。
ですがそれも数千円の範囲、交渉次第ではサービスさせることも可能ですので、他の店舗と相見積もりしていることなどをちらつかせて、うまく交渉してみてください。
ただし、超高級車の場合ではかなりの費用が掛かる鍵穴の交換というケースも出てこないわけではないので、こういった車種のお乗りの方は売却までしっかりとスペアキーを保管、無くさないように注意するといいでしょう。


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70


安い自動車保険はこちら


10万円かかっていた保険料が2万5000円も安くなり、100000→75000円に!
最大20社に見積もりし、もっとも安い自動車保険を自動的に選別します。
たった3分で完了し、2万円以上したい方は無料見積もりをどうぞ
今の自動車保険は払いすぎてるかもしれませんよ!
>>簡単3分の無料一括見積もりはこちらです<<
hoken