名義の違う人の車

あなたは、名義が違う車を売却したいと思っていないでしょうか?

具体的な例をあげれば、親戚のおじさんの車を、売却しても良いと言われたので、売却しようとしていたとします。

その際、その中古車の名義は、「親戚のおじさん」のものになっており、「自分の名義」ではないと仮定します。そのような中古車を、売却できるのかについて、それぞれの状況に応じて解説していきたいと思います。

1名義が違う車を査定に出す事は出来る?

まず、名義が自分ではない中古車を、中古車買取査定業者に査定依頼を出して売却できるのかについて、明確に説明しておきます。あなたは、自分の名義ではない中古車を、売却できると思いますか?

 

「親戚のおじさん名義だから、中古車の売却は不可能ですよね?」

「必要な手続きを行えば、売却できるんじゃないですか?」

 

様々な意見がありますが、自分の名義ではない中古車を、売却することは可能です。

しかしながら、必ず売却できるというわけではありません。目の前にある中古車は、国の法律によって、固定資産に認定されたものになっています。

そのため、一般的な日用品とは全く異なります。

車の所有者であればご存知だと思いますが、車の所有者は、しっかりと国に登録され管理されていますよね?

ナンバープレートもつけずに、車を走行させることはできません。そのため、この登録された所有者にすべての権利責任があります。

中古車を査定会社に出すことができるのは、その中古車を購入する際に登録した所有者、つまり名義人に限定されますので、親戚のおじさんが中古車の名義人であるならば、売却することができません。

名義変更を行って、売却する権利を入手する

親戚のおじさんに、中古車の名義があるので、自分で買取依頼に出すことができず、売却することを諦めていないでしょうか?親戚のおじさんが、「車は君にゆずるし、売却しても良いよ。」と承諾してくれているのであれば、名義変更手続きを行うことで中古車を売却する権利を入手することができます。

2名義が違う車にローンが残ってる

親戚のおじさんの中古車の名義を、自分のものに変更して手続きを完了させることができれば、売却できると理解していただけたと思います。

するとある日、親戚のおじさんがこのようなこと言ったとしましょう。

「実は、この中古車には、返済すべきローンが残っているんだ。まだ完全に返済が終わっていない。名義変更できないかもしれないよ。」このような状況に遭遇した場合、どのような知識が求められるのかについて解説します。

まず、ローンが残っている車というのは、名義変更を行ったり、他人に車を譲ったりすることができません。

「ローンを、払い続けているのだから、名義変更できるのではないのですか?」と、思ってしまう方もいるかもしれません。実は、ローンを払っている状態というのは、車の所有権がローン会社にあることを意味します。

「でも、日常で利用するのは私ですよ。」と感じるでしょう。

そのような方は、車の所有者ではなくて、ローン会社の車を乗らせていただいているだけです。

つまり、ローン会社の車を、勝手に売却することはできないのです。ローン会社の所有権を解除する方法は簡単で、ローンを全額返済すれば、親戚のおじさんに所有権が移ります。そこから名義変更を行うことで、初めて自分の車になるということです。

名義の違う車を売る時に必要な書類

「中古車の名義変更なんて、1度もやったこともないので、必要な書類など詳しく教えてください。」という方は多いでしょう。名義変更は1度理解すれば、決して難しい事ではありません。下記に記載するもの準備してください。

 

・ 新所有者の印鑑証明

・ 旧所有者の委任状

・ 車検証

・ 譲渡証明書

・ 旧所有者の印鑑証明

・ 新所有者の委任状

・ 新所有者の車庫証明

 

委任状や譲渡証明書に関しては、国土交通省のホームページから入手することができます。他の書類に関しては、車の購入時に準備したものばかりですので、準備可能でしょう。このような名義変更は、中古車買取査定業者に行ってもらった方が良いです。自分で名義変更を行う場合、これらの書類に追加して、下記の書類が必要です。

 

・手数料納付書

・申請書

・自動車税・自動車

 

自分で名義変更をする場合、上記で説明した、新所有者の委任状は、必要ありません。手続きを進めるためには、最大で3万円程度、支払う必要があることを覚えておいてください。上記の3つの書類は、陸運局が準備できるものばかりですので、自分で準備する必要はありませんが、非常に申請手続きが面倒であることを覚えておきましょう。

 名義が違う車を売る時に査定額に影響する事ってあるの?

名義の違う車を売却するからという理由で、査定価格を下げられることは絶対にありません。

中古車の査定士というのは、法律で定められた査定基準に従って査定価格を決定しています。

そのため、人から譲ってもらったからといって、査定価格を下げられるようなことを考える必要はないでしょう。それよりも、中古車が自分の名義でない場合、査定依頼を出すことができませんので、そのような問題をしっかりと解決しておきましょう。


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70