せっかく新車を購入したのに、転勤や結婚で車が必要なくなってしまう事があります。
新車を購入してすぐに必要なくなった場合、売却すべきか乗らずに持っておくべきか、どちらがお得かご説明します。

新車

新車を買ったのに必要無くなったら売る?キープ?

愛車が全く必要なくなった場合や思っていたのと違う車だった場合、手元に残しておくだけで維持費がかかります。
例えば自動車税の場合、自家用の軽自動車は年額7200円、トヨタ・プリウスやホンダ・フィットなどの自家用車は年額34500円かかります。
そして、全く乗っていなくても定期メンテナンスや車検を受けなければいけないため、愛車が必要ないならば一度手放してしまう事をおすすめします。
中には「せっかく買ったのに手放すのはもったいない!」と思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、乗らない車を手元に置いておくほうがもっともったいないのです。
その理由は後程ご紹介します。

新車を売却するデメリットとは?

デメリットは「必ず損失が発生する」という事です。
新車を手放す際、実際のところ損失は避けようがありません。
まず、自動車取得税がまるまる損失に計上されます。
買取価格に関しては、新車を購入してナンバーを取得した車は市場でいうところの「中古車」扱いになります。
中古車の査定では、新車購入時のオプションが不人気の場合、オプションが査定額に反映されないこともあります。
そのため、3年落ちなどの新車を売却する際は「いかに損失を抑えるか」がカギになるのです。
しかしデメリットばかりではなく、新車購入から日が浅ければ浅いほど査定額が高くなるというメリットもあります。

新車のローンが残ってても売れる?

比較してる人
新車を購入したのに手放す際、多くの人が気になるのは「ローンが残っている」ことです。
ローンが残っている車でも、ある条件を満たせば売却可能になります。
その絶対条件は、ローンを完済することです。
ローンの残っている車は車検証の所有者がディーラー・ローン会社になっており、使用者の欄に自分の名前が記載されています。
ここで注意したいポイントは、所有者が自分もしくは家族でない場合、勝手に車を売却できません。
ローンと残価設定型クレジット(残クレ)を利用して車を購入した場合、ローンの早期返済制度を利用することで、車の所有権を自分にうつすことが可能になります。
車の所有権を得て、初めて車を売却できるようになることを覚えておきましょう。

新車の売り時は「今でしょ」

愛車の価値は一日一日落ちていくものです。
新車を手放すタイミングはいつなのかというと、まさに今なのです。
せっかく購入した車が数か月後にモデルチェンジを控えていたとすれば、モデルチェンジ前とモデルチェンジ後に売るのでは価格にかなりの差が出てしまいます。
査定を受けてから1年後になると、その査定額は有効ではありません。
売却を悩んでいるうちに3年落ち4年落ちとなると、愛車の価値は全く別物になるため注意が必要です。
売りたいと思ったら愛車の価格が落ちる前に査定を受けることをおすすめします。

新車を売ったらずばりいくらになるの?

ローンの次に気になるのは愛車の価値です。
3年落ちの愛車を売却するとどのくらいの価値になるか気になりますよね。
ここで3年落ち(2013年式)の日産・エルグランドを例に挙げてご説明します。

まずは中古車検索サービス最大手のカーセンサーで中古車相場をリサーチしましょう。

カーセンサーイメージ

 

グレードによる価格差はあるにしろ、3年落ちの中古車でもほぼ200万円以上で売られていることが分かります。
さらに走行距離別に見てみると、1万km未満の車は300万円以上、4万キロ未満の車は200万円から339万円の値が付いています。

では次に「みんカラ買取相場」の口コミを見てみましょう。

みんカライメージ

 

こちらも同じく3年落ちのエルグランドを売却した男性の口コミです。
4万キロ以上走っているにもかかわらず、査定額は212.5万円とかなり高額でした。
このケースでは、エルグランドのオープン価格から考えられる残価はおよそ30?40%残っていることが分かります。

中古車相場と買取相場を見る限り、3年落ちの車の残価は新車購入時の3分の1程度を想定すると良いでしょう。

3年落ちの車を売ってみた体験談!

これは転勤により3年落ちの新車を売却することになった武田さんの体験談です。

 

武田さんは地方転勤が多い商社に勤める20代の営業マンです。
3年前、電車が通っていない北海道の営業所へ異動になり、移動手段として新車のマツダ・CX-5(グレード:XDディーゼルターボ/4WD)を購入しました。
休日には趣味のアウトドアを楽しみ田舎暮らしを満喫していた武田さんですが、思いがけぬ転勤で早々に都心部へ引っ越すことになってしまいました。
武田さんは「どうやってクルマを東京にもっていくんだ!飛行機なのか!?でも都心だと電車で通勤だしクルマ要らないぞ…」と大慌て。
車に詳しい友人のいなかった武田さんは、近所の中古車販売店へ相談することにしました。

 

中古車販売店のスタッフから、車をフェリーで輸送しなければいけないことや交通手段として車が必要ないのならば売却してしまったほうが良いことを教わります。
しかし、武田さんはせっかく大金をはたいて購入したCX-5をそう簡単に手放したくない気持ちが強く、売却には消極的でした。
ましてや残価設定型クレジット(残クレ)を利用して購入しており、購入時に設定した残価が110万円残っているため、手放すことは不可能と思い込んでいたのです。
その旨を中古車販売店のスタッフに伝えると「残クレでも早期返済制度を使えばいいんですよ、まず車の査定をしてもらって、残価以上で売ればいいんですから」とあっさり解決の糸口を見つける事ができました。
せっかくなのでそのまま査定を受けてみたところ、査定額は115万円と残クレの残価すれすれで提示されたため、明らかに足元を見られていると感じた武田さんは礼を言ってそのまま帰宅しました。

 

今まで愛車を手放そう考えたことが無かった武田さんですが、中古車販売店のおかげで欲が出てきたため、まずは情報収集を始めました。
調べていくうちに、車を売るなら1日でも早いほうが良いと学び、週末までにすべてを終わらせようと決意します。
武田さんは「カーセンサー」で中古車の相場を調べ、「Goo買取」で買取相場を確認、さらに「車査定比較.com」で一括査定に申し込みました。
査定の際は3社同時に来てもらい、一発入札形式で一番高い査定額を出した業者へ愛車を売却したいと説明し、業者も了承しました。
査定の結果、一番高額な【160万円】を付けた業者とその場で契約を交わし、愛車を売却が決定しました。

 

その後、無事残クレを完済しわずかながら引越し資金を手にすることができた武田さんですが、心の中ではCX?5への心残りが消えません。
そんな心残りからCX-5の買取相場を確認すると、緩やかに買取価格が下降を始めていたため、心残りも消え「早く売却してよかった」と胸をなでおろしたそうです。

まとめ
今回は新車を売却する際のメリットとデメリットをご紹介しました。
使わない車を手元に置いておくだけで維持費がかかることや愛車の価値が下がっていくというデメリットがあります。
ローンが残っていても前倒しに支払う事が可能なため、ローン中でも車を売却できないわけではないという事を覚えておきましょう。
愛車の価格は早く売れば売るだけ高くなるため、悩まずにまずは情報収集と一括査定を利用してみてくださいね。

 


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70


安い自動車保険はこちら


10万円かかっていた保険料が2万5000円も安くなり、100000→75000円に!
最大20社に見積もりし、もっとも安い自動車保険を自動的に選別します。
たった3分で完了し、2万円以上したい方は無料見積もりをどうぞ
今の自動車保険は払いすぎてるかもしれませんよ!
>>簡単3分の無料一括見積もりはこちらです<<
hoken