クレーム

ガリバーのクレームガード保証とは?

一度でも、車買取最大手のガリバーで愛車を査定したことがある方なら、このクレームガード保証への加入を勧められたかもしれません。
クレームガード保証はその名前の通り、中古車の流通過程で発生しかねない「クレームをガードする」ためのものです。
ものすごく簡単に言うと、

「○○万円で買取したけど、取引過程で事故修復歴など重大な欠陥が見つかったら、あなたに損害賠償請求をします!それが嫌なら、クレームガード保証に入りましょう。」

というのがこのクレームガード保証で、ガリバー以外では同じく大手のビッグモーターも、同じような保証を用意しています。

ガリバーのクレームガード保証の仕組みとデメリットを徹底解説

中古車の売却では大きなお金が動くため、一見すると必要であるように感じられるこのクレームガード保証ですが、担当者に言われるがまま加入したものか、加入する必要はないのか悩むユーザーも多いはずです。
そこで当サイトでは、ガリバーのクレームガード保証加入の是非をまずお伝えし、その考えに至った理由について仕組みを解説していくことで、立証していきたいと思います。

いきなりだけど、ガリバーのクレームガード保証には入った方がいい?

いきなり結論から話を進めて参りますが、このガリバーのクレームガード保証について当サイトとしては、よほどの事情が無い限り「加入する必要性は低い」と考えています。
当サイトとして、その加入の必要性が無いと判断する最大の理由は、このクレームガード保証が「ガード」するのはユーザーではなく、ガリバー自身だからです。

クレームガードが威力を発揮するケース

「必要ない」といきなりいわれても、ピンと来ない方がほとんどでしょうから、わかりやすくするために、どんな場合にクレームガードが効力を発揮するのかについて、具体例を挙げてここでは説明していきましょう。
例えば、ガリバーがユーザーの車を80万円で買取、契約も終了し車を引き渡して代金も振り込まれた後、利益決定のために業者間オークションへ出品したとします。
出品した車両は、会場に受注しているプロの査定士が再度をチェックを受けてその結果が出品票に記載され、それがオークションに参加する車業者の落札額決定の判断基準となります。
その際、会場査定士がガリバー査定担当者に見つけられなかった重大な欠陥を発見し、その事実を出品表に記載したとしましょう。
落札相場がグンと下がり40万円に結果的になった場合、差額の40万円分ガリバーは転売で損をしてしまうことになります。
問題は、このケースでガリバーがどう損害を補てんするのかで、なんと法律上では売り手に損害を補てんする義務が発生するため、ユーザーに請求がくる可能性があるのです。
全くもって理不尽な話だと思いますが、商法の規定では中古車の売買契約において3ヶ月以内であれば、売った本人にクレームをつけ賠償請求をできる、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」というものが存在しています。

瑕疵担保責任・・・有償の物品取引において、「一般の人」が判断できないような重大な瑕疵(車の場合修復履歴やエンジンの大きな不具合など)が発見された場合、その損害分を売り手が担保する責任がある、という取り決め。(商法526条を参考)

ですのでごくまれなケースですが、もう手元にすらない愛車の不具合について損害賠償を請求されることがある、だからそれを防げるクレームガード保証に加入すべきです、というのがガリバーの言い分です。

それなら加入しないと不安なのでは?

レアケースだとはいえ、損害賠償請求なんて事態になったら大変、加入しておいた方が安心なのではと、ここまでの説明だけでは考える方も多いでしょう。
しかし、先程の説明でもカッコ書きにしたとおり、「一般の人」が判断できない場合に効力があるのが瑕疵担保責任であり、プロとして年間数万台を買取し続けているガリバーの査定担当者が「一般の方」といえるか、正直言って疑問符を付けざるを得ません。
事実、中古車の健全な流通を期すための団体で、多くの車業者が加盟をしている

(財)自動車公正取引協議会

では、消費者から多数寄せられるこのクレームガード保証への加入の是非の質問に対して、

「プロである買取業者は一般ユーザーと同列ではなく、その判断による査定額に責任を持つべきで、瑕疵責任を売り手が被る必要はない。」

との回答をしています。
つまり、クレームガード保証は本来責任を追及されるべきではない素人であるユーザーから保証料を取り、プロであるガリバーの利益の一部とする、責任転嫁も甚だしいガリバーのための制度である、当サイトでは考えています。
また、同団体では注意事項として、エンジンの不具合や明確な修復歴有無について、売り手のユーザーが知っている場合はしっかりと申告を買取業者にしないと、賠償責任が発生する可能性もあると述べています。
しかし、どの程度の修理が修復歴として判断されるのかや、エンジン・駆動系の不具合の発見を、プロの査定士より一般ユーザーができるはずもない。
ですから、よっぽど悪意のある偽造でもしない限り、クレームガード保証への加入について、強く意識する必要はないものと考えます。(プロをだまし切る偽造を一般ユーザーができる訳もないのですが…)

ガリバーからの指摘の場合はどうなるのか

クレームガード保証は、ガリバー以外からのクレームに対応しているだけでなく、買取契約締結後代金振り込みが終了する前にガリバー自身が不具合を発見し、査定額の引き下げをユーザーに請求してくるケースにも適用されます。
しかしこれは、車買取業界のルール決めやモラルアップを指導している団体で、ガリバーはじめ大手といわれる買取業者が加盟する「JADRI」が禁止をしている、

二重査定・・・競合する他社を出し抜くために、不具合の発見を無視してわざと高い査定額をユーザーに提示して契約。
その後、クーリングオフができないことを逆手にとって、さも契約後の再査定で不具合が見つかったようにふるまい、ユーザーへ査定額の大幅ダウン提示をして安く買取をする、非常に悪徳で詐欺にも近い買取手法。

に取られても仕方のない行為。
自他ともに認める業界最大手のガリバーが、このような犯罪に近い行為ををしてくるとは考えづらいため、この面からみてもクレームガード保証の必要性が、当サイトには全く見えてきません。

クレームガードはどこまでが保証の範囲内なの?

クレームガード保証が有効な範囲は7か月ですが、概ね2ヶ月スパンで中古車を流通させるスタイルのガリバーが、そんなに長期間にわたって直販も転売もせず在庫として保有していることはまずない。
仮に在庫していたとしても、先程紹介した瑕疵担保責任が適用されるのは、

売買契約から3ヶ月経過or名義変更が終了するまで

であり、数mといえど車両が道路を走ってしまえば、どんなはずみで不具合が発生するかわからず、売り手ユーザーだけにその責任を問うことは非常に困難になります。
当然ながら、ガリバーのクレームガード保証も、名義変更後のクレームについては補償の範囲外。
つまり、売り手であるユーザーに損害賠償がくる可能性がある(クレームガードが活用される)のは、売却契約から名義変更が完了するまでという、ほんのわずかな期間です。
ですので、クレームガード保証が有効に活用されるのは、瑕疵担保責任が売り手に課せられる可能性がある3ヶ月が最長だと考えるべきで、売買が進みスムーズな名義変更が行われた場合、その期間はさらに短くなっていきます。

ガリバーのクレームガードがいくらから入れるの?

クレームガード保証が一体いくらで加入できるのかも、その加入を決める重要なポイントです。
そこでここでは、ガリバーのクレームガード保証の料金体系について、表にして紹介をしておきましょう。

売買契約金額 保証料(国産車) 保証料(輸入車) 保証限度額
0円〜100,000円まで 4,900円 4,900円  

 

 

 

 

100万円

100,001円〜200,000円まで 5,900円 6,900円
200,001円〜300,000円まで 6,900円 7,900円
300,001円〜400,000円まで 7,900円 9,900円
400,001円〜500,000円まで 8,900円 11,900円
500,001円〜1,000,000円まで 9,900円 14,900円
1,000,001円〜1,500,000円まで 11,900円 17,900円
1,500,001円〜2,000,000円まで 13,900円 20,900円
2,000,001円〜2,500,000円まで 15,900円 23,900円
2,500,001円〜3,000,000円まで 18,900円 26,900円
3,000,001円以上 21,900円 29,900円

この表を見て、保証料が安いと思うか高いと思うかはお任せしますが、当サイトでは「安すぎる」と判断しました。
加入しやすいとも見えるこの低価格設定ですが、転売時でのクレームで多額な損害賠償が発生する確率について、ガリバー自身が「まずありえない」と考えている、確固たる証明だと言えるでしょう。
さらに保証される額ですが、どの売却価格帯でも「100万円」が、その限度額となっています。
ただ、10万円で買取された車体に100万円の損害賠償がくるわけもないですから、はっきり言って無用の長物。
反対に、100万円を大きく超える買取をされた車の保証額としては物足りないという、どっちつかずの中途半端感が否めません。
しかも、100万円を超える高額買取をされている車体は、新車からそれほど時間がたっていない場合がほとんどで、新車から事故や故障を起こした覚えのないユーザーなら、1万円以上支払って加入する必要性は一切ない、といっていいでしょう。

事故車の場合も加入する事が出来るの?

この問題につきまして、事故車でもクレームガード保証に加入できるのかといえば、それ自体はいたってユーザーの自由です。
しかし、事故修復歴を故意に隠すか中古車としての購入で修復歴の事実を知らなかったケースを除けば、上記で説明したとおりプロとの売買契約では瑕疵担保責任が発生しないので、併せてクレームガード保証を付ける必要もありません。

クレームガード保証に加入したほうがいいケースもある?

ここまで散々デメリットを主張してきましたが、それを裏付けるようにガリバーとビッグモーター以外で、このクレームガードのような保証を用意している買取業者はありません。
では、ガリバーのクレームガード保証には価値がなく、有効な活用法は存在しないのでしょうか。
ガリバーのクレームガード保証について、多くの車情報サイトが加入することが望ましい条件として、

1. 中古での購入で事故歴やエンジン等の状態把握が、一般ユーザーには困難である場合。
2. 高級輸入車の売却であり、ガリバーが他社と比べて、大幅に高い買取査定をした場合。

を挙げています。
まず1番についてですが、クレーム対象となるような修復歴の場合、その明記が義務付けられています。
そのため、一般的な中古車販売店での購入であり、ガリバーの査定担当者にその旨を申告さえすれば、クレームが付けられることに対して全く心配することはありません。
ただし、明記する義務のないヤフオクなどでの個人間取引で入手した車体が、ガリバーで高く査定された時だけは、念のため加入しておくのもおすすめです。
また、ユーザーが判断できないエンジンの調子や、その他の不具合へのクレームが来ても、この記事で何度もお伝えをした通り、車査定のプロとしての判断責任をしっかりと追及すれば、クレームガード保証に加入しなくても何ら問題はありません。
さらに、中古車として売られていた車体をさらに数年乗った後の査定となるわけですから、おのずと買取相場は安くなる。
ですので、リーズナブルな価格で販売される中古の軽自動車やコンパクトカーを売却するケースでは、クレームガード保証の存在価値は極端に低くなります。
しかし、

トヨタ・・プラド、ランドクルーザー
日産・・・スカイラインGTR
三菱・・・パジェロ
ホンダ・・・NSX

など古くて走行距離が長くても、車体が綺麗に保たれていさえいれば比較的高く買取をされる車種の場合に限って言えば、クレームガード保証も大きな効力を発揮するのではないか、と当サイトでは考えています。
一方2番ですが、輸入車の場合ガリバーをもってしても査定をする機会が少なく、不具合等を見逃してしまうことも、国産車に比べて格段に大きくなってしまいます。
そのため、高級輸入車をガリバーで売却する際は、新車・中古車いずれの場合でも用心のためにクレームガード保証に加入しておく必要性が、国産車の買取時より数段高くなってきます。

クレームガードの利用で予測されるトラブルにはどんなものがある?

クレームガード保証の必要性は、前項で述べたケースを除くと低いとお伝えしてきましたが、使ったからといってそれがトラブルに直結するわけではありません。
しかし、その存在自体がユーザーにとって不利益になってしまう可能性を、最後にお伝えしておかなくてはなりません。
買取査定交渉は、時間がかかってくるとだんだん億劫になってきて、じれたユーザーが「もうこの辺でイイや」と、根負けしてしまうことがあります。
そして、このクレームガード保証について、ガリバーの担当者は買取査定にやってきたユーザーに長時間を割いて説明をしてきますが、単純にユーザーのためを思うだけでなく、「時間稼ぎ」という側面もあるのです。
特に、一括査定などで相見積もりをしていて、しきりに査定額のアップを要求するユーザーをはぐらかすツールの1つとして、このクレームガード保証はよく利用されます。
ですので、査定額のアップ交渉をスムーズに進めたいのであれば、このクレームガード保証の説明が始まった時は、

「調べたのでよく知っています!」
「それは必要ないので査定額交渉を続けましょう!」

など、ガリバーの担当者に時間稼ぎの隙を与えないための一言を挟んで、その長くなる説明を早々に切り上げさせるようにするといいでしょう。


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 


日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


高額査定を出す事で有名なズバット


車の買い取り業者がもっとも多く高額な車の買い取りも出したい方にはズバットがおすすめ
更に今なら10万円当たるキャンペーンがあるのもお得ポイント!
査定入力の速さも最短45秒で完了!高額査定を目指すならスバットへ
買取業者を選べるのもプラスです
>>簡単45秒のズバットの見積もりはこちらです<<
ズバト車の一括査定
ズバット車買取比較の評判やメリットを解説