修復歴ありの中古車の買い取り。修理する前と後どちらの査定が高い?

修復歴がある車はきちんと買い取ってもらえるのでしょうか。
今回は修復歴のある車の買取についてまとめました。

そもそも「修復歴」って何?

修復歴は一般財団法人日本自動車査定協会(日査協)・一般社団法人 日本中古自動車販売協会連合会(中販連)・自動車公正取引協議会(公取協)といった組織が統一して定めています。
修復歴を一言で表すならば「フレームを修理したかどうか」という事です。
フレームと言われてもピンと来ないという方は下の図をご覧ください。

修復歴ありになる部位 ※基本的に交換は困難
フレーム(サイドメンバー)類の修理
インサイドパネル(エンジンルームを守るフレーム)の修理
クロスメンバー(車の前から後ろまで貫通する鋼鉄のレール)の修理
ピラー(窓柱)の修理
ダッシュパネル(ダッシュボードの接続部)の修理
ルーフパネル(屋根)の修理
フロア(床・トランクルーム)の修理
ラジエータコアサポート(エンジンルームの下部)の修理
バックパネル(座席部分とトランクルームを隔てる壁)の修理

車の修復歴の何が悪い?

なぜ修復歴がある車が敬遠されるかというと、それには明確な理由があります。
ここでは修復歴のデメリットを3つご紹介します。

・修復箇所やその周辺の故障
事故で修理が必要となり破損したフレームを修復しても、その周辺のエンジンやサスペンションにダメージが出ている可能性が考えられます。
フレームが頑丈だからこそ、内部のパーツにかかる圧力が大きくなるため、見えないところで不調をきたすということはいたって不思議ではありません。
場合によりエンジンのかかりが悪い、足回りに不調が出るなどといったトラブルが続くことも予想できるため、車を安く手に入れても逆に修理代で高くついたという事もよくある話です。

・安全性の確保
車に乗るうえで何より重要なことは、万が一のことがあった際にも死亡事故を免れるかどうかです。
もちろん、自動車整備士の誇りにかけていい加減な修復は行われていないことでしょう。
しかし、フレームのわずかなゆがみなどが原因となり強度不足による安全性の低下を招いている可能性もゼロではありません。
特に大切なご家族を乗せて走ることが多い場合、大切な命を預かる立場としてリスクを最小限に抑えたいと考えるのは当たり前です。

・気持ちの問題
あなたは中古車選びの際、事故車や修復歴ありの車を好んで購入しますか。
半数以上の方は「絶対に選ばない」と答えるでしょう。
それはなぜかというと、先に挙げた今後のメンテナンス費用な安全性の欠如だけではなく「気持ちが悪いから」と感じる人が多いのです。
この車には悪いものが憑いているから事故を起こしたと考える年配の方や、事故に遭った不吉な車と考える方が多いため、修復歴ありの車は敬遠される傾向があります。
「修復歴あり=事故車=事故を起こす」という考え方で精神状態が左右され、結果的に事故を招いてしまう事も考えられるのです。

中古車の修復歴で失敗するパターン

修復歴のある車は、確かに高く買い取られにくいのが当然ですが、修復歴に関する誤解や勘違いで余計な失敗をすることがあります。

そこでここでは、具体的なパターンを挙げることで、その防止に役立てていただきたいと思います。

車の修復歴を誤魔化した

フレーム部は交換が難しく、基本的に溶接等の手段で修復を試み、通常素人目では修復されたか否かの判別することは困難です
しかし、プロの査定士をごまかすことはほぼ不可能で、下手に嘘をつくと心証が悪くなり、返って査定額を下げる結果となるため、おすすめしません
特に、オートバックスが特許を取得した査定システム「査定Dr.(ドクター)」は、修理痕を基準として査定を行うため、修理痕を見落とすという事はありえません。
溶接の形跡だけではなくわずかな配線のゆがみ、一部だけ塗装されていないネジなどから修復歴を発見することが可能なため、素人が誤魔化そうとして誤魔化せるものではないと良く覚えておきましょう。

車をこすっちゃった!査定の前に修理をしたら…。

傷がついた車

よほど運転が上手な人でなければ、こすり傷一つ付けず車に乗り続けることは難しいですし、ましてや初めて購入した車の場合、無傷であるほうが珍しいです。
電信柱や家の外壁、ほかの車などに軽くこすってしまった場合、程度によってDIYで修復したほうが良いこともあります。

手で触れて傷が浅い場合はタッチペンで修復が可能ですが、異なるカラーナンバーのものを誤ってチョイスするとかえって目立ち、査定時のマイナスポイントとなるため、自身が無い時はしない方がましです。
ちなみにですが、タッチペンの色(ボディーカラー)は形式表示プレート(コーションプレート)から確認する必要があり、自動車メーカー各社で形式表示プレートの装着位置が異なるため、車の取扱説明書で確認・ディーラーへ相談・以下の参考サイトで調べることが可能です。

武蔵ホルト株式会社 コーションプレート位置検索
https://caution.holts.co.jp/index.cgi

加えて、研磨剤(コンパウンド)で修復を試みるという方法もありますが、こちらについて元プロの立場から忠告すると、コンパウンド加工はタッチペンやスプレーによるカラーの重ね塗りと異なり、ただでも薄い塗装面を削ることでキズを目立たなくする作業。

繊細かつ正確なテクニックを要し、失敗すると逆に見栄えが悪くなるため付属の取扱説明書を読み、使用方法を理解したうえで修復を行う必要があり、正直初めての方などは控えたほうが無難でしょう。

また、明らかにバンパーの奥まで届くような深い傷の場合、タッチペンやコンパウンドでは修復不可能です。
深くまで達した傷はバンパーの交換や修理を行う必要がありますが、愛車を手放そうと考えているならば、わざわざ交換や修理は行わないほうが良いでしょう。
バンパーを修理しても、修理代金が査定金額にプラスされることは無く、修理し損になる可能性が極めて高いのです。
また、以下の図にあるパーツは修理を行っても「修復歴なし」という扱いになるため、修復歴に敏感にならずとも問題ありません。

修復歴なしになる部位
フロントバンパーの修理・交換
ロアスカートの修理・交換
フロントフェンダー(タイヤ上部)の修理・交換
ボンネットの修理・交換
リアフェンダーの修理・交換
トランクリッド(トランクのふた)の修理・交換
リアバンパーの修理・交換
サイドシルパネルの修理・交換
ドアの修理・交換

損しない為に車の状態と売却相場を知ろう。一括査定でお得な売却術の記事でも触れたように、筆者はこすり傷をタッチペンで修復してから査定に出しています。
その際ディーラーの担当者から「5年乗ってかすり傷が付いていない車はほとんどないので査定額に響きませんよ」と教えてくれました。
まったくその通りで査定額が極端に減額されることはありませんでした。
しかし、逆に自己流の修復を試みた結果見栄えが悪くなってしまっている場合、査定額は減額されてしまうようです。
こすり傷があり自分で修復する自信が無い場合、現状を維持して査定を受けてみることをオススメします。

事故でフレームがゆがんだ!修復歴で値が下がるから修理した

事故で明らかにボンネットがぐしゃぐしゃになってしまった場合も、修理に出さず査定を受けるべきです。
理由はこすり傷同様、修理費用が査定額に反映されないためです。
確かに修理を行う事で修理前よりわずかに査定額が上がることが予想されます。
しかしながら事故による破損の場合「事故車」扱いとなり査定額は大幅に減額されることとなります。
もし事故車を修理に出したとしても「修復歴あり」として扱われるため、高額な査定額が付くことはありえません。
停止中の玉突き事故に巻き込まれたねこママさん(仮名/40代女性)は、本来100万円相当であるはずの査定額が50万円に減額されてしまいました。

購入時の失敗パターンその1 死亡事故レベルの修復歴がある車を買うととまずい?

死亡事故レベルを起こした車を購入して乗る…、決して気持ちのいいものではなく、できる限り避けたいと考えるのが普通です。

死亡事故と一言で言っても、単独のものから車同士の大事故、そして人や自転車など交通弱者相手の事故まで様々あり、このうち対物・対車の場合は車体に大きなダメージが及んでいることが多く、ほとんどの場合修復歴アリの状態で販売されています。

どの修復歴アリ車体が、死亡事故レベルを起こしたものなのか判別することは、プロの目をもってしても困難ですが、死亡事故レベルを起こした車を避けたいならば、修復歴無しの車体をチョイスするしか、有効的な手がないと言えます。

しかし、それでもなお人や自転車との衝突による死亡事故、つまり加害車両の場合は骨格に至るまでのダメージが「クルマには」ないケースもあるため、そういった中古車は修復歴なしの状態で、市場に紛れ込んでしまっているのが現実です。

見分けるすべはほぼ皆無と言えますが、もし修復歴がなく程度も良い車体が市場の相場感よりも明らかに安すぎるときは、死亡事故を引き起こした可能性含め、何らかの「訳」があるはずですので、なぜ安いのか営業マンに問いただしてみた方が良いと考えられます。

購入時の失敗パターンその2 軽度の修復歴でも失敗する?

骨格がぐにゃぐにゃになるほどの、重度な修復歴がある車体の場合、ハンドルを話すとまっすぐ走らなかったり、カーブ走行時や停車時、高速走行時に異音や車体のブレが発生したりと、素人でも感じるような不具合が出ることもあります。

そういった車体の場合は、購入時に試乗させてもらうことで幾分判別可能ですが、比較的軽度な事故での修理だったにも関わらず、中古車業界で取り決められているルール上、仕方なく修復歴アリと表記していつ中古車はごまんとあります。

そしてそういった中古車の場合、前述したような症状が出にくいため、購入前の試乗では確認できなかったものの、数年後にじわじわと症状が現れ、結果的に「失敗した!」と後悔するケースもあります。

素人でもできる?修復歴の確認方法

前項のも軽く触れたとおり、修復歴の明記は業界共通のルールであるため、基本的には素人でも情報誌や中古車掲載サイトなどで確認すれば、万事問題ないことです。

ただし、修復歴の程度までは表記する必要がないため、重度の事故を起こした車を購入「失敗」したくない時は、試乗はもとよりある程度その判別法を知っておいた方が、何かと好都合です。

大きな修復をした車体の場合、歪んでしまった骨格部分を巨大かつ、強力な専用機械で引っ張ったり、押し込むことで歪みを修復します。

その際、車体下部にあるジャッキポイントを万力のようなもので挟み込むため、そこにどうしても引っかき傷のような跡が残りますので、確認して存在しなければひとまず安心です。

さらに、ボンネットやリアハッチ、ドア等の交換を要する修理をしている場合、各接続部分において、

  • ボルトが異様に新しい
  • 塗装の発色が年式の割に美しい
  • 当然あるはずのさびが全く出ていない

などの特徴が現れます。

また、プロの手による修理が施されていても、ドアとフェンダーなど各パーツの「隙間」が若干異なってくることもあり、それを良くチェックすると、どこが交換されたかわかります。

1か所程度なら大丈夫ですが、それが複数個所に及んでいる場合は、大事故を起こした車と考え、後遺症を用心するなら購入を控えた方がベターでしょう。

加えて、軽度な修復歴はその見極めがさらに難しいものの、1つお教えしておきたい判別法に、「車内の湿度確認」という方法があります。

大きな修復がなされた車の場合、酷い時は大雨の時などに、各ドアの隙間からポタポタと目に見えるほど、もしくは甚割とにじむ程度に車内へ水が入り込んでくる状態の時もあり、それでは売り物にならないため、各業者はしっかりと修復します。

とはいえ、軽い損傷の時はそれほど目に見えないため、修理がなされないこともありますが、大雨の後水蒸気となった状態で車内に流れ込みます。

その結果、場合によってはガラスに結露を起こしているケースがあり、結露にまで至らなくても車内に乗り込んだ時、「なんだかじっとりするな」と感じることもあります。

大雨の後、カラッと晴れた日の午前中、中古車を見に行くと確認しやすく、対応機種に限りはあるものの「湿度計アプリ」なんてものまであるので、それで外気との差を測ってみるのもいいでしょう。

まとめ
今回は修復歴のある車についてご紹介しました。
修復歴とは「フレームを修復・交換」している状態を指し、バンパーの交換などでは修復歴が付かないという事を覚えておきましょう。
また、事故車を修理した場合査定額が上がることは無く、万が一修理に出しても「修復歴ありの車」として扱われるため、高額査定は難しいです。
事故による破損がある場合、まずは現状で査定を受けることをオススメします。

車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!


最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
車査定ガイド
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 

また下にスクロールすると複数の一括見積もりを掲載しています。
全て無料で利用で可能
※見積もり価格が気にいらなければキャンセル出来ます。
1円でも高く売りたいのであれば複数のサイトを登録し、比較検討してみましょう。

日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


2000業者から見積もりが取れます!


しつこい電話はなく、査定もたったの一回でok!楽な見積もりはユーカーパック
2000業者の中から一番高い業者をセレクトし、1社のみをご提案
査定入力も30秒で完了!
本当の最高買取額を知りたい方は ユーカーパックにお任せ!
>簡単30秒のユーカーパックの見積もりはこちらです<
ユーカーパック

話題のユーカーパックの評判は?査定のリアル体験談で総合評価


カープライスで車を高額オークション!


車の価格があがってく!
車の買取価格があがってく!オークション型車の買取サイトです今までにないオークション型で車を買い取ってほしいなら
カープライス
>>簡単30秒のカープライスの見積もりはこちらです<<
カープライス
車の買取ならカープライスの評判とは?実際に体験し車を見積もってみた



営業電話が一切ない!


車の査定で面倒臭いのは営業電話。車査定・買取の窓口は営業電話が一切ありません。


一番高額査定を出した一社のみを厳選し、ご提案いたします!
なんとたったの45秒で入力完了!
しつこい電話営業が嫌な方は車査定・買取の窓口へどうぞ
>>簡単45秒の車査定・買取の窓口の見積もりはこちらです<<
車査定・買取の窓口
車査定・買取の窓口の評判とは?メリットとデメリット