軽自動車とハイブリッド車はどっちが高く売れる

中古車査定会社を利用する場合、このような疑問をもったことはないでしょうか。「軽自動車とハイブリッド車であれば、どっちが高く売れるんだろう?」このような疑問に対して、明確な答えがあれば良いのですが、利用する車の状況次第というのが正しい答えでしょう。なぜそのような答えになってしまうのか、その理由について解説していきます。

ハイブリッド車

軽自動車とハイブリッド車の違い

燃費の違い

軽自動車とハイブリット車を比較する場合、燃費の違いについて気にする方が多いのではないでしょうか。実際に燃費について比較するために、下記4台の車を並べてみたいと思います。

(ハイブリッド車)

トヨタ・アクア:35.4km/L
ホンダ・フィット:36.4km/L

(軽自動車)

ダイハツ ミラ・イース:33.4km/L
スズキ アルト・エコ:33.4km/L

このように比較してみると、燃費の違いについて、それほど大差ないことが分かります。大きな違いが存在すると思っていた人にとって、意外な事実だったのではないでしょうか。最近の車は、ハイブリッド車でなくても、パーツの軽量化や稼働効率が向上するための仕組みを搭載しているため、非常に低い燃費で安全走行が可能となっています。

自動車保険を比較してみる

自動車を購入している方でしたら、自賠責保険と任意保険をご存知だと思います。それでは、軽自動車とハイブリッド車の自動車保険の違いについて比較してみたいと思います。まず、自賠責保険について比べてみると、下記のようなデータを得ることができました。

ハイブリッド車:39,120円 (購入時の3年分となる)
軽自動車:36,920円  (購入時の3年分となる)

このように具体的な数字で見比べると軽自動車の方が若干お得であることが分かります。しかしながら、大きな差がないと言えるでしょう。

次に、任意保険について比較してみたいと思います。ここでも上記のように数字を比較できたら良いのですが、利用する保険会社によって価格が異なるため、正しく比較することができません。しかしながら、任意保険をどうしても比較したいという人は、「実際に自動車保険の見積もりを行う」ことで、価格の比較が可能となります。具体的な数字が知りたい人は、見積もりを行っていきましょう。

機能性の違い

例えば、坂道を走行する場合、軽自動車とハイブリッド車を比較すると、明らかに走行安定性が異なります。ハイブリッド車を利用していると、そこまでアクセルを踏まなくても、簡単に坂を上がることができます。しかしながら軽自動車では、車体の大きさに対して機能的に無理をしている感が否めません。

ハイブリッド車と軽自動車の維持費の違い

ハイブリッド車は、軽自動車と比べてタイヤなどの消耗品が非常に高いと感じるでしょう。そのため年間のタイヤの維持費を比べれば、ハイブリッド車の方が間違いなく高いと言えます。他にも、大きな車の方が、消耗品が減るスピードも早いため、明らかにハイブリッド車の方が、価格が大きくなってしまいます。このような点を考慮すれば、年間の維持費は軽自動車の方が安いと言えるでしょう。

軽自動車とハイブリッド車だったらどっちが高く売れる?

中古車査定会社に軽自動車とハイブリッド車の買取査定依頼を出す場合、どのような車を比較するのかによって、価格は全く異なります。しかしながら、軽自動車は、丁寧に綺麗に走行することで、安定して高く売れるイメージがあります。なぜなら、軽自動車は人気が落ちづらいからです。ハイブリッド車も、燃費が良い車としてファミリー向けに愛用されているため、今後も長く利用される車として、価格が落ちづらいと言えます。この場合、根本的な車の車体価格によって、買取査定額が異なるというのが明確な答えではないでしょうか。

軽自動車は買取に出すのと廃車にするならどっちがいい?

ここまで触れてきた特徴によって、軽自動車は中古車市場での評価が高くなっていますが、それも低年式・過走行気味になってくると、反対に普通車よりも査定額の下落が顕著となります。

とはいえ、方法さえ間違わなければ買取に出すより、廃車にした方がいいケースなどあり得ず、どんなに古い軽自動車でも買取査定に出したほうが、必ず得をすると当サイトでは考えています。

ここでは、軽自動車の売却と走行距離との関係性に触れたのち、売却にかかるコストを整理することで、どの程度走ったら買取に出すか廃車にするか、悩みだすユーザーが出てくるのかをまずは知っていただきます。

その上で、主だった軽自動車種の買取相場について、高い査定額が付けられる「3年落ち3万km以内」での買取相場と、査定額が下がってくる走行距離となった同車種の買取相場を、一覧表にして提示することで、「買取の方がお得」という考えを、自ら証明したいと思います。

軽自動車の売却にも走行距離は関係ある?

軽自動車は普通車よりエンジン排気量が少なく、軽量化などが求められるため、構造上各パーツの強度がどうしても低くなることから、中古車の買取において、年式に次ぐポイントである走行距離が伸びると、普通車より値崩れ幅が大きくなってきます。

とはいえ、以前は5~6万kmも走れば御の字とされていたそれも、技術の進歩や軽い新素材の採用などによって、10万kmを超えても元気に走る軽自動車の姿は、街中でも目立ってきました。

また、10年10万kmが交換目安で大きなコストが必要なため、買取査定で大きなマイナスポイントになっていたタイミングベルトについても、原則交換不要であるタイミングチェーンを採用する車種が今では主流。

そのため、10万kmを超えた事自体が直接査定に大きく影響し、全く査定が気宇が付かないなんてことは、以前と比べかなり少なくなってきました。

軽自動車の売却にも税金がかかる

軽自動車だけではなく、普通車も含め車を売却することによって発生する可能性がある税金は、「所得税」と「消費税」がありますものの、個人ユーザーが売却をする場合は所得税の課税対象外です。

また、消費税についても買取額から業者がすでに差っ引いているため、こちらも意識する必要ありません。(法人の場合は所得税・消費税がかかる)

つまり、軽自動車を売却すると税金が買ってしまうから、廃車にする方がいいと考えるポイントは、一切存在しないということです。

ただし、4月1日時点での使用者(所有者ではない)には、自動車税を支払い義務が発生し、タイミングによっては売却した後に自動車税の納付書が届いて、5月末までの納税をする義務が出てきます。

さらに、普通車の場合は不公平感をなくすため、廃車による抹消が行われた場合、その手続きをしたものに月割計算で自動車税が還付されますが、もともと税額の安い軽自動車の場合、その還付制度がありません。

また、この自動車税は、新車届け出13年以上経過すると約1,2倍に上昇するので、軽自動車は売却するにせよ廃車するにせよ、そのタイミングには気を配る必要があります。

ただし、やはり普通車より傷みやすいのは確かなので、走行距離が増えることによる査定額の低下割合は軽自動車の方が大きいという事実は、現在でも変わりないと言えます。

軽自動車の査定相場表

ここでは、現在国内で多く流通している、代表的な軽自動車種の査定額を一覧表にしてみました。

なお、選抜した車種は、10年前の2008年度の売上代位数でトップ10にランクし、かつ3年前の時点で販売されていた車種で構成しています。

車種名 3年落ち3万km以内 5年落ち5万km以内 10年落ち10万km以内
ワゴンR 75~82万円 45~48万円 12~15万円
ムーヴ 62~73万円 38~45万円 11~14万円
タント 80~88万円 64~68万円 18~21万円
ミラ(貨物を除く) 48~53万円 28~35万円 8~9万円
アルト(ラパン) 78~83万円 58~63万円 20~24万円
モコ 66~72万円 40~45万円 13~15万円

※グレードはすべて最も販売実績の多いスタンダードグレード

ご覧の通り、3年落ち・5年落ちといった売り頃、買い頃である年式・走行距離はもちろんのこと、廃車を選択する方も多いであろう走行距離の車体にも、一定の買取査定額がつけられていることがわかります。

ただし、この相場は単独の買取業者によるものではなく、カーセンサーやかんたん買取査定ガイドなどに代表される、「一括査定サービス」を経由して相見積もりを実施、複数業者を競わせしっかり価格交渉をした結果、初めて得られる相場であることを、念のため付け加えておきます。

例外!?軽自動車唯一のハイブリッド車スズキ・ワゴンRマイルドHVは高く売れる?

ハイブリッド車というと、それなりの大きな乗用車をイメージする方も多いかもしれません。
そのため、軽自動車に、ハイブリッド車は存在しないと考えるのです。
実は、軽自動車でもハイブリッド車が存在するのです。
しかしながら、軽自動車をハイブリッド車にしてしまった場合、価格が高くなってしまうため、購入しづらいという問題も発生してしまいます。
そのため、車会社も軽自動車にハイブリッド車が存在することを、大きく告知しないのです。
もしあなたが、スズキ・ワゴンRマイルドHVを所有しており、中古車買取査定業者に査定を依頼したいというのであれば、高い査定価格をつけてもらうことが可能です。
なぜそのようなことが言えるのかというと、中古車といえども車体そのものが珍しいですし、エコな暮らしがしたいという方も増えているため、一定数の需要があるからです。もし、スズキ・ワゴンRマイルドHVを買取査定に出したいというのであれば、複数の査定業者に見積もりを依頼して、高値で売れるように価格を操作していきましょう。

ちなみに、このワゴンRマイルドHVは去年登場したばかりで、まだ新古車程度しか市場には出回っていません。

現時点で売ってしまうことは考えにくいですが、3年落ちを迎える2010年以降での買取相場を予想すると、走行距離3万km程度で抑えられている場合なら、頑張れば90万円に近いところまで迫ることも可能だとみています。

車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!


最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
車査定ガイド
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 

また下にスクロールすると複数の一括見積もりを掲載しています。
全て無料で利用で可能
※見積もり価格が気にいらなければキャンセル出来ます。
1円でも高く売りたいのであれば複数のサイトを登録し、比較検討してみましょう。

日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


2000業者から見積もりが取れます!


しつこい電話はなく、査定もたったの一回でok!楽な見積もりはユーカーパック
2000業者の中から一番高い業者をセレクトし、1社のみをご提案
査定入力も30秒で完了!
本当の最高買取額を知りたい方は ユーカーパックにお任せ!
>簡単30秒のユーカーパックの見積もりはこちらです<
ユーカーパック

話題のユーカーパックの評判は?査定のリアル体験談で総合評価


営業電話が一切ない!


車の査定で面倒臭いのは営業電話。車査定・買取の窓口は営業電話が一切ありません。


一番高額査定を出した一社のみを厳選し、ご提案いたします!
なんとたったの45秒で入力完了!
しつこい電話営業が嫌な方は車査定・買取の窓口へどうぞ
>>簡単45秒の車査定・買取の窓口の見積もりはこちらです<<
車査定・買取の窓口
車査定・買取の窓口の評判とは?メリットとデメリット