今やトヨタは日本だけではなく「世界のトヨタ」です。
そんなトヨタ車の下取り査定額は高いのか、詳しくご紹介します。

toyota

不人気な車は査定額が低い?

トヨタ車には、不人気車はありません。
しかしながら、どうしても需要と供給が見合わない車が出てきてしまうのです。
AT限定免許を取る若者が増える近年MT車の需要は減り、実用性重視の世の中では普段からスポーツカーに乗るという人も少なくなっています。

しかし、不人気な車の査定額が低くなるかというと、ずばり「そんなことはない」のです。
不人気=マイナーの場合、隠れたファンがいるためきちんと買い取ってもらえます。
そんなトヨタ車の中でも査定額が低くなってしまう車が存在します。
査定額が低い車の特徴を次の項目でご紹介します。

トヨタ車なのに査定額が低い車の特徴とは?

査定額が低くなる理由は「過度な外見のカスタマイズを施している」という事に尽きます。

特に査定額を下げてしまうのは以下の2点です。

・原型が分からないほどのカスタムを施している
カスタムカーが好きで乗りたいと考える人とカスタムが不要と考える人の割合では、カスタムが不要と考える人が多いのが現実です。
また、近年のトヨタ車は洗練されたデザインで販売されているため、そもそもカスタムしないで乗りたいという人が増えてきています。
派手なエアロパーツやせり出したバンパー、ハの字のタイヤなど万人受けしない見た目のカスタムは査定額を下げる原因となります。

・コーションプレートと異なるカラー
コーションプレートとは車の型式をはじめ、エンジンの型式や外装・内装のカラーなどの重要な情報が記載された「ネームプレート」のようなものです。
メーカー出荷時にホワイトだった車の外装をご自身でビビットピンクに塗り替え、それに合わせて内装もピンクに塗装してしまった場合「全損」扱いとなり、査定額が極端に下がる可能性があります。

査定額が高額になりやすい車の特徴とは?

もちろんキズや汚れが無い事はもちろんですが、その他にはどのような要因があるのかをご紹介します。

 

・実用的な車
田舎の車社会では「車はただの移動手段」と考える人が多いです。
毎日長距離を走るならば、もちろん燃費が良い車が欲しくなります。
家族で外出が多い場合、セダンよりミニバンが欲しくなります。
特にこの2つは車を購入する際の条件として挙げる人が多く、査定額が高めになることが予想されます。

・各年齢層に受ける人気車
免許取りたてで初めて車を購入する10~20代は中古車の軽自動車を選ぶ傾向があります。
20~30代では軽自動車のほかSUVやミニバン、ハイブリッドカーを選ぶ人が増え、経済的に余裕が出てきた40~50代はスポーツカーやハイブリッドカー、60代から維持費の安い軽自動車やコンパクトカーに乗り換える人が増えます。
自動車免許を取る人数は時代とともに増えており、経済的な余裕がない比較的若い世代に受ける車に人気が集まっています。
そのため人気の軽自動車、ミニバン、SUVの査定額が高くなることが予想できます。

みんなどのくらいでtoyotaの車を売っているのか?

なんと言っても気になるのが、他人の査定額ですよね。
しかし面と向かって「その車いくらで売れた?」なんて聞くわけにはいきません。
そこで査定額の平均と過去の傾向が一目でわかるサイトをご紹介します。

みんカラ

みんカラ 買取相場
https://kaitori.carview.co.jp/souba/

 

中古車売買や査定サイトとしては業界最大手の carview が運営する「みんカラ 買取相場」です。
オートオークションの落札データをもとに査定を行っており、車種ごとに一括査定利用時の平均差額を表示しています。
さらに、一括査定を受けた人の「査定時期・年式・グレード・走行距離・査定額」といった査定結果がリストで表示されています。
みんカラの買取相場を確認することで、愛車の査定額を予想することが可能です。

 人気の車と査定額をまとめてみた

トヨタが運営する中古車検索ポータル「T-Value」の人気車ランキングをもとに、査定額がどのくらいなのか調べました。

【注意】この記事は2016年8月末時点での情報をもとに記載しています。順次更新しております!

・クラウン マジェスタ

T-Valueで一番人気のクラウンは国産車の中でも高級です。
1991年から生産が続き、現在は6代目となっています。
10年落ちのモデルが多数存在し、走行距離が10万キロを超えているクラウンがかなり多く見られました。
過走行な古いモデルは徹底的に安く買い叩かれ、2004~2009年に発売された4代目は人気が高い傾向があります。
また、年代に関係なく「Cタイプ」のクラウンはやや高値が付いていました。
参考価格は0万円~300万円とかなりの差があり、ほぼ参考になりません。
Goo買取によると、今月の買取参考価格は21万~340万とのことでした。
・プリウス
プリウスは中古車市場でも絶大な人気を誇っています。
口コミは驚きの417件と、みんカラの中では一番多いのではないでしょうか。
参考価格は0万円~210万円と差があるものの、新車価格と比較するとほぼ値崩れなく推移していることが分かります。
2003年まで製造されていた初代にはほぼ値が付かず、2~3代目は「ツーリングセレクション」モデルがやや高値、2009年以降に発売された3~4代目はほぼ高値で査定されていました。
Goo買取によると、今月の買取参考価格は36万~170万とのことです。

・アルファード
ファミリーカーとして人気の高いアルファードは、2015年にフルモデルチェンジを行ったため、現在流通するモデルは2008~2015年に製造された2代目がメインです。
ファミリーカーらしく走行距離が多い車が多く、走行距離の少ない2代目アルファードには軒並み250万円以上の査定額が付いていました。
Goo買取によると、今月の買取参考価格は124万~547万とのことです。

アルファードは高く売れる?下取りに出す時、気になる査定方法まとめ

・エスティマ
アルファードやヴォクシーが登場する前はミニバンと言えばエスティマでした。
そのため初代エスティマのオーナーさんが多く、古いモデルがかなり多い印象を受けます。
1990年~1999年に製造された初代は値が付くか付かないかのスレスレです。
査定額が100万円を超えるのは2009年から製造されている3代目からでした。
2016年にフルモデルチェンジがあり、2018年にもモデルチェンジのうわさが流れているため、残念ながら査定額は下落の一途をたどっているようです。
逆に言えば、今が買い時な車でもあります。

・ヴォクシー

ヴォクシー
少し「やんちゃ」な若い世代に人気のあるヴォクシーは、オーナーさんが非常に多いです。
お子さんがいる家庭ではどうしても走行距離が多くなる傾向があり、走行距離に比例するように価格が下落していました。
参考価格は0万円~266万円とかなりの開きがあり、ヴォクシーの中でも人気の高い「煌」モデルは多少年式が古くても査定額が高くなる傾向があります。
ライバル車種のモデルチェンジが重なり、現在は価格が下落しているため買い時と言えます。
まとめ
今回は世界で大人気のトヨタ車の査定額についてご紹介しました。
人気車種の査定額を見比べると、年代に関係なく人気のモデルがあり、古くても高値がついているようです。
また、10年以上前のモデルかつ10万キロを超える車は、いくら人気車種と言えども査定額が付かないことがあることが分かりました。
これらの結果は一括査定で複数の企業が査定したからこそ実現した査定額です。
一社では買取不可の車でも、複数の企業が見れば価値を見出してくれることもあります。
古いモデルだから、走行距離が多いからとあきらめずに、まずは一括査定で愛車の価値を認めてくれる企業を探してくださいね。

 


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70