車の売却経路はディーラーや買い取り業者だけではないという事をご存知でしょうか。
今回は車の個人売買のメリットとデメリットをご紹介します。

個人売買

車の個人売買とは

車を個人売買する友人同士

愛車の故障は大切に乗っていれば乗っているほど悲しいものです。
修理に出して乗り続けるか、はたまた断腸の思いで買い替えるか、悩みどころです。
そんな時、友人や知人に「その車譲ってくれない?」と言われたら、あなたはどうしますか?

車の個人売買は販売経路としてはメジャーなものです。

ディーラーで査定が付かなかった車を譲ってもらい、自分で修理して乗るという人も中にはいるのです。
ディーラー査定額0円だしタダ同然で譲ってあげようという気持ちにもなりますが、個人売買は気を付けなければ警察沙汰、なんてこともあり得ます。

車の個人売買で警察沙汰になった時の画像

個人売買でトラブルを起こしたくない方には一括査定をおススメしています。

一括査定は業者があなたの車を一番高く購入する為に競り合うので、もっとも高く車を売る事が出来ますよ。


車の個人売買を行うメリット

車の個人売買を行うメリット

個人売買を行うメリットは大きく分けて2つあります。

取引が簡単

名前の通り、車のオーナーに直接価格を交渉し、ほぼ即決で車を購入可能です。
今ではtwitterやFacebookなどのSNSで見知らぬ人ともすぐに連絡でき、車の写真も送信しあえるようになったため、車の個人売買がしやすなっています。
また、個人売買の掲示板を利用することで、なかなか手に入らない古い車種でも購入できる可能性があります。

すぐ乗れる

とにかく今すぐ乗れればいい、走行距離が15万キロ走ってようが関係ないという場合、個人売買がおすすめです。
書類を交わす必要もなく、車検が残っている車を購入すれば引き渡し直後からすぐに乗れます。
安価な車を乗りつぶす目的で購入するならば、わざわざディーラーに出向く必要が無く非常に便利な方法です。

車の個人売買を行うデメリット

車の個人売買を行うデメリット

実際のところ、個人売買はデメリットやトラブルが非常に多いと言えます。
個人売買のデメリットは以下の通りです。

保証なし

個人売買の場合、ディーラーのような保証プランはありません。
購入した翌日に動かなくなっても、そのリスクを承知で購入したとみなされ、自分で修理するしかないのです。

現物渡し

おおよそのオーナーさんは車内を清掃しているはずですが、まれにペットの毛、煙草の灰、子供の食べこぼしなどが残った状態で渡されます。
自分の車に他人の形跡がありありと残っているのは、あまり地持ちが良いものではありません。
きれい好きな人には絶対におすすめできません。

名義変更が面倒

車の取引そのものは非常に楽ですが、車を譲り受けたという事は名義変更を行わなければいけません。
ディーラーやサブディーラーの場合、中古車を購入しても書類の処理はすべて代行してもらえます。
しかし、個人売買の場合、自ら運輸支局へ出向き、名義変更を行う必要があるため面倒です。

詐欺に遭う可能性

ディーラーやサブディーラーのように実績と信頼を売りにしている業者ではなく、一個人から車を購入するため、信頼関係はほぼないに等しいのです。
自動車売買の詐欺については、次の項目で詳しくご紹介します。

車の個人売買は詐欺に注意

車の個人売買の詐欺師が人を騙そうとしている

知人や友人から購入するならまだしも、インターネットや地元掲示板で知り合った人から車を購入する際は注意が必要です。
個人売買は以下のようなトラブルが続発しており、詐欺罪に問われた逮捕者も出ています。

 

  • 車が動かなくなったから金を返せと言われた
  • 車の引き渡し後に代金を振り込まれなかった
  • 納車前に頭金を振り込んだら連絡が取れなくなった
  • 拝み倒されて分割払いにしたが、一度も振り込まれず消息不明になった
  • 車を売却後、名義変更を依頼しても連絡が付かず自動車税を払わなければいけなくなったなど

詐欺を防ぐにはどうしたらいいの?

個人売買詐欺師と戦う警察官

個人売買にトラブルはつきものですが、詐欺に遭わないために注意したいことをご紹介します。

直接取引が鉄則

詐欺の実例を見てみると金銭トラブルが非常に多いことが分かります。
車輌と代金は現物同士で交換することが望ましいです。
金利なし分割払いを強く希望されても、応じないほうが良いでしょう。

書類を交わす

車輌とお金を交換するだけではなく、必ず名義変更に必要な書類を持参してもらうようにしましょう。
名義変更を行わなければ、いつまでもあなたが自動車税を納めなくてはいけません。
金銭トラブルを避けたい場合、契約書を作成するのも一つの方法です。
やむを得ず分割払いを了承したが相手の不信感がぬぐえない場合、料金未払いの際法的措置がとれる「公正証書」を作成するという方法もあります。

個人売買のトラブルを防ぐには

個人売買のトラブルを防ぐには以下のポイントに気を付けましょう。
 

  • 売る側は車のデメリットを隠さない
  • 買う側はデメリットになりそうな個所を事細かく質問する
  • 取引の際、車の状態が売り手の申告と一致しているか確認する
  • 取引は車輌とお金を直接交換する
  • 必要な書類を把握し、あらかじめ準備しておく

個人売買成立後は名義変更と車庫証明を申請しよう!

車の個人売買を行う上で必要な書類

無事売買が成立したら、まずは名義変更と車庫証明が必要です。
名義変更は運輸支局、車庫証明は警察署で手続きします。
なお、名義変更は前のオーナーさんにも協力してもらわなければいけないため、売買の前に以下の書類をそろえておく必要があります。

○前のオーナーさんが用意する書類

印鑑証明(3?6か月以内のもの。3か月以内のものが望ましい)
・譲渡証明書(前のオーナーさんの実印が必要)

・自動車検査証
・自動車税の納税証明書(紛失した場合、普通車は各都道府県の税事務所、軽自動車は市役所で再発行を依頼)
・自賠責保険証明書
☆委任状(名義変更を次のオーナーに一任する際のみ必要)

○現在のオーナーさんが用意する書類

☆自動車保管場所証明書(名義変更前に車庫証明を取りましょう)
・印鑑証明書(3?6か月以内のもの。3か月以内のものが望ましい)
○ 移転登録申請書と自動車税・自動車取得税申告書(運輸支局内で購入)
○ 委任状(名義変更を前のオーナーに一任する際のみ必要)

ぶっちゃけ個人売買で故障車って売れるの?

故障車車売却マスター

はっきり言うと、故障車も【売れます】
なぜかというと、故障車を買い取り自分で修理して乗る人もいます。
故障車は安く購入でき、修理して転売を目的としている人にとってかなり得をするケースもあります。
逆に故障を隠して車を売却すると「詐欺」に当たる行為とみなされるため、故障がある場合は必ず申告し、両者納得したうえで売買を行いましょう。

車を売るなら個人売買と買い取り業者ではどちらがお得?

個人売買は安く早く車が手に入るという反面、ディーラーのような安心感はありません。
車を売却する際、ディーラーで査定価格が0円だとしても一括査定を使用することで個人売買以上の値が付く場合もあります。
無用なトラブルを避けるためにも、個人売買を避け信頼できる買取業者へ査定を依頼することをおすすめします。

個人売買 ディーラー・中古車販売業者
メリット デメリット メリット デメリット
比較的安く購入可能 保証なし 価格に見合うスペックで提供される 価格が割高
査定額のつかない車も売却可能 現物渡し 整備保証が付いている ディーラーは査定額が付かないこともある
古いモデルが見つけやすい 書類の処理が面倒 書類を交わし売買契約が成立している
取引が簡単 金銭トラブルが多い 購入後のメンテナンスが安心
すぐに乗れる 購入直後の修理もすべて実費 ローンを組める
一括査定で故障車でも高値が付く可能性がある
まとめ

今回は車の個人売買のメリットとデメリットをご紹介しました。
故障車を売却する際、手軽な反面トラブルが多い個人売買を利用するより、信頼できる業者と取引でき高値が付く可能性がある一括査定がおすすめです。
ディーラー査定額0円でも、まずは気軽に一括査定を利用してみてくださいね。


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70


安い自動車保険はこちら


10万円かかっていた保険料が2万5000円も安くなり、100000→75000円に!
最大20社に見積もりし、もっとも安い自動車保険を自動的に選別します。
たった3分で完了し、2万円以上したい方は無料見積もりをどうぞ
今の自動車保険は払いすぎてるかもしれませんよ!
>>簡単3分の無料一括見積もりはこちらです<<
hoken