トラブルを抱えて悩む人
どの中古車業者に査定してもらってもなかなか納得がいかず、それならばと委託販売を選択する方もいます。
しかし、いろいろなトラブルの可能性もあるのがこの委託販売で、安易な考えで手を出すのにはリスクが伴います。
そこで今回は、委託販売とはどういうもので、どんなトラブルがあるのかなどに触れていきたいと思います。

車の委託販売ってどんな方法

そもそも委託販売とはどいうもので、どんなメリットがあるかについてここでは説明します。

プロが代わりに買い手を探してくれます

「委託」の言葉通り、直接持ち込んだ業者がその車体を買い取るのではなく一時的に預かり、直接ユーザーや他の業者の買い手を見つけるのがこの販売法で、その業者が管理している販売ブースや、販売用在庫車を掲載している専用サイトなどで一般ユーザーの買い手を探すのがこのスタイル。

業者は預かった車を管理しながら、様々な媒体を用いて販促し売却、得た利益を持ち主に還元します。
この委託販売最大のメリットは、その売却による持ち主への還元価格の高さですが、これには中古車市場における、車両の流れが大きく影響しています。

中間コストや利益を一切省いたことで高い売却利益を得られる

一般的な買取業者は、買取った車両を業者オークションに出品して利ザヤを稼ぐか、直販して儲けを出します。
この時オークションで利益を出す業者は、その買取額がオークションでの落札相場を超えると利ざや出ないので、そんなことをするわけが絶対にありません。
さらに、オークション出品には会場の使用量や陸送費などもかかるので、それらもあらかじめ買取価格から引いておかないといけません。

また、直販型も売り物にするまでの経費やかかる人件費、さらに自社の儲け分を上乗せしなければならないので、それを加味して買取価格を決定しますが、この展示型委託販売ではそれらが一切かかりません。
そのため、タイミングが合ってよいお客が見つかれば、一般的な買取業者のどこよりも高い売却利益を得ることも可能です。

では、どうやってこの展示型委託販売業者は儲けるのか、それは自社のブースに展示する展示料や車体の管理・保管料、そして成約した時に発生する数万円に固定、もしくは成約金額の数%などに設定される手数料などです。

委託販売でよくあるトラブル

一般の買取業者より高く売れるなら、ぜひ利用したいと思われる方もいるでしょうが、この委託販売を請け負っている業者はそれほど多くありません。
そして、委託販売業者の数が多くないのは実際の取引の過程で多くのトラブルが発生し、あまりユーザーに受け入れられていないのが理由の1つでもあります。

いつまでたっても売れないこともあります

買い手がつかない間も保管料や管理料はかかりますし、例え委託を解除しても最初に支払う展示・掲載料が返ってくることはないので注意が必要です。
また、ときのこの管理料や保管料、そして展示・掲載料がかからないことを売りにしている業者もありますが、その時は必ず成約時の手数料の額や率をチェックしましょう。

売れる保証がない委託販売において、初期費用や管理料がかからないのはありがたいことですが、その代わりやたらめったら高い成約手数料を設定しているところもあるので事前の確認が不可欠です。
ただそんな高い成約手数料も問題ですが、もっと怪しいのはそれすら異常に安い時。

「え!安いならいいじゃない?」と思われるでしょうが、維持や管理にも経費や時間はかかりますし委託販売業者も慈善事業でやっているはありません。
管理費などをタダにしているのに、成約手数料もそんなに取らないところは、実際販売できた金額を少し「誤魔化して」いる可能性も疑わねばなりません。

だってそうしないと、どう考えても商売が成り立ちません、初期費用と管理・保管費をタダにしている業者については少なくとも5~10万円、もしくは成約金額の10%程度の手数料を提示してないところは「眉唾」と考えましょう。

相手が素人なのを良いことに…

まれなケースですが、あえて買い手が付きそうもない高値を設定して、長く管理料や保管料をせしめた挙句、「もう売れそうもないからうちで買いましょうか?」と客に持ち掛けやすく買いたたく業者もないわけではありません。

客はなかなか売れない自分の車を、やっと買ってくれる救世主が現れたと錯覚して、本当ならもっと高値で買取してくれる業者がいるはずの車を、言い値で売ってしまうというカラクリになっているのです。

・すべてがそうだという訳ではありませんが…

もちろんまっとうな経営をしている業者も多いのですが、こういったあくどい業者の存在も否定できないのが悲しいところ、上記のようなトラブルが多数報告されているので注意が必要です。

更に、まじめにやっている業者を利用できたとしても、すぐに売れる保証がどこにもないのは事実なので、経年でその価値が落ちていく中古車の特徴上、その間預けている愛車の価値もどんどんと下がっていきます。

また、これもまっとうに商売をしている証拠なのですが、管理費や展示料などを無料もしくは安く抑えている業者は、その代わりに成約手数料が取れない時、つまり売れなかったときの引き上げの際に、キャンセル料や解約手数料の名分で5000円~1万円程度を請求してくることもあります。

加えて、都合よく売れたとしても買取業者のそれよりかなり長い時間がかかってしまうというデメリットもあり、次の車の頭金などにその販売利益を使おうと考えているときなどは非常に不便です。

このような点から、委託販売はどうもトラブルやデメリットが多い方法とされ、警戒をされることが多くなってきているのです。

トラブルに合わない為にはどうすればいい?

委託販売でのトラブルを避ける方法は、一般ユーザーにとってあまり簡単なことではありません。
正直不透明な要素がてんこ盛りの委託販売では、管理料や展示料、成約手数料の確認をしっかりしておくことや、前もってその業者の評判などをリサーチすることぐらいでしかで対応することはできないでしょう。
それらをしっかりチェックしても、売れる売れないかはそれこそ神のみぞ知ることなので、それに伴うトラブルやデメリットは避けようもないかもしれません。

一括査定と委託販売ならどっちがいい?

一括査定サイトは、簡単な入慮操作だけでいっぺんにたくさんの買取業者を比較できるので、愛車を1円でも高いところに売却することができるうえ、何といってもその利用は完全に無料です。
また、比べたから査定依頼したからといって、必ず売らなければいけないわけでもなく当然ですが、それにキャンセル料なんてものも存在しません。

車の売却先はたくさんあり、どれも一長一短でどこがいいとはっきり言えないもの。
ただ便利で簡単、トラブルも少ない「一括査定」か、今回いろいろな問題点を指摘した「委託販売」か、どちらかをおすすめするという今回のこの2択については、はっきりと一括査定!と断言致します。


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70