修復歴がある車はきちんと買い取ってもらえるのでしょうか。
今回は修復歴のある車の買取についてまとめました。

故障車

そもそも「修復歴」って何?

修復歴は一般財団法人日本自動車査定協会(日査協)・一般社団法人 日本中古自動車販売協会連合会(中販連)・自動車公正取引協議会(公取協)といった組織が統一して定めています。
修復歴を一言で表すならば「フレームを修理したかどうか」という事です。
フレームと言われてもピンと来ないという方は下の図をご覧ください。

修復歴ありになる部位 ※基本的に交換は困難
フレーム(サイドメンバー)類の修理
インサイドパネル(エンジンルームを守るフレーム)の修理
クロスメンバー(車の前から後ろまで貫通する鋼鉄のレール)の修理
ピラー(窓柱)の修理
ダッシュパネル(ダッシュボードの接続部)の修理
ルーフパネル(屋根)の修理
フロア(床・トランクルーム)の修理
ラジエータコアサポート(エンジンルームの下部)の修理
バックパネル?(座席部分とトランクルームを隔てる壁)の修理

車の修復歴の何が悪い?

なぜ修復歴がある車が敬遠されるかというと、それには明確な理由があります。
ここでは修復歴のデメリットを3つご紹介します。

・修復箇所やその周辺の故障
事故で修理が必要となり破損したフレームを修復しても、その周辺のエンジンやサスペンションにダメージが出ている可能性が考えられます。
フレームが頑丈だからこそ、内部のパーツにかかる圧力が大きくなるため、見えないところで不調をきたすということはいたって不思議ではありません。
場合によりエンジンのかかりが悪い、足回りに不調が出るなどといったトラブルが続くことも予想できるため、車を安く手に入れても逆に修理代で高くついたという事もよくある話です。

・安全性の確保
車に乗るうえで何より重要なことは、万が一のことがあった際にも死亡事故を免れるかどうかです。
もちろん、自動車整備士の誇りにかけていい加減な修復は行われていないことでしょう。
しかし、フレームのわずかなゆがみなどが原因となり強度不足による安全性の低下を招いている可能性もゼロではありません。
特に大切なご家族を乗せて走ることが多い場合、大切な命を預かる立場としてリスクを最小限に抑えたいと考えるのは当たり前です。

・気持ちの問題
あなたは中古車選びの際、事故車や修復歴ありの車を好んで購入しますか。
半数以上の方は「絶対に選ばない」と答えるでしょう。
それはなぜかというと、先に挙げた今後のメンテナンス費用な安全性の欠如だけではなく「気持ちが悪いから」と感じる人が多いのです。
この車には悪いものが憑いているから事故を起こしたと考える年配の方や、事故に遭った不吉な車と考える方が多いため、修復歴ありの車は敬遠される傾向があります。
「修復歴あり=事故車=事故を起こす」という考え方で精神状態が左右され、結果的に事故を招いてしまう事も考えられるのです。

車の修復歴って誤魔化せる?

フレーム部は交換が難しく、基本的に溶接等の手段で修復を試みます。
しかし、溶接痕は明らかに残るため、プロの査定士を誤魔化せると考えないことをオススメします。
特にアップルが特許を取得した査定システム「査定Dr.(ドクター)」は修理痕を基準として査定を行うため、修理痕を見落とすという事はありえません。
溶接の形跡だけではなくわずかな配線のゆがみ、一部だけ塗装されていないネジなどから修復歴を発見することが可能なため、素人が誤魔化そうとして誤魔化せるものではないと良く覚えておきましょう。

車をこすっちゃった!査定の前に修理すべき?

傷がついた車
よほど運転が上手な人でなければ、こすり傷一つ付けず車に乗り続けることは難しいです。
ましてや初めて購入した車の場合、無傷であるほうが珍しいです。
電信柱に、家の外壁に、ほかの車にこすってしまった場合、程度によって修復したほうが良いでしょう。

 

手で触れて傷が浅い場合はタッチペンで修復が可能です。
しかし、タッチペンをご自身で探して購入する場合、誤った色を選ばないよう注意しましょう。
タッチペンの色(ボディーカラー)は形式表示プレート(コーションプレート)から確認する必要があります。
自動車メーカー各社で形式表示プレートの装着位置が異なるため、車の取扱説明書で確認・ディーラーへ相談・以下の参考サイトで調べることが可能です。

武蔵ホルト株式会社 コーションプレート位置検索
http://caution.holts.co.jp/index.cgi

 

キズの程度により、研磨剤(コンパウンド)で修復を試みるという方法もありますが、失敗すると逆に見栄えが悪くなるため付属の取扱説明書を読み、使用方法を理解したうえで修復を行う必要があります。

しかし、明らかにバンパーの奥まで届くような深い傷の場合、タッチペンやコンパウンドでは修復不可能です。
深くまで達した傷はバンパーの交換や修理を行う必要があります。
今後愛車を手放そうと考えているならば、交換や修理は行わないほうが良いでしょう。
バンパーを修理しても修理代金が査定金額にプラスされることは無く、修理し損になる可能性が極めて高いのです。
また、以下の図にあるパーツは修理を行っても「修復歴なし」という扱いになるため、修復歴に敏感にならずとも問題ありません。

修復歴なしになる部位
フロントバンパーの修理・交換
ロアスカートの修理・交換
フロントフェンダー(タイヤ上部)の修理・交換
ボンネットの修理・交換
リアフェンダーの修理・交換
トランクリッド(トランクのふた)の修理・交換
リアバンパーの修理・交換
サイドシルパネルの修理・交換
ドアの修理・交換

損しない為に車の状態と売却相場を知ろう。一括査定でお得な売却術の記事でも触れたように、筆者はこすり傷をタッチペンで修復してから査定に出しています。
その際ディーラーの担当者から「5年乗ってかすり傷が付いていない車はほとんどないので査定額に響きませんよ」と教えてくれました。
まったくその通りで査定額が極端に減額されることはありませんでした。
しかし、逆に自己流の修復を試みた結果見栄えが悪くなってしまっている場合、査定額は減額されてしまうようです。
こすり傷があり自分で修復する自信が無い場合、現状を維持して査定を受けてみることをオススメします。

?事故でフレームがゆがんだ!査定の前に修理すべき?

事故で明らかにボンネットがぐしゃぐしゃになってしまった場合も、修理に出さず査定を受けるべきです。
理由はこすり傷同様、修理費用が査定額に反映されないためです。
確かに修理を行う事で修理前よりわずかに査定額が上がることが予想されます。
しかしながら事故による破損の場合「事故車」扱いとなり査定額は大幅に減額されることとなります。
もし事故車を修理に出したとしても「修復歴あり」として扱われるため、高額な査定額が付くことはありえません。
停止中の玉突き事故に巻き込まれたねこママさん(仮名/40代女性)は、本来100万円相当であるはずの査定額が50万円に減額されてしまいました。

まとめ
今回は修復歴のある車についてご紹介しました。
修復歴とは「フレームを修復・交換」している状態を指し、バンパーの交換などでは修復歴が付かないという事を覚えておきましょう。
また、事故車を修理した場合査定額が上がることは無く、万が一修理に出しても「修復歴ありの車」として扱われるため、高額査定は難しいです。
事故による破損がある場合、まずは現状で査定を受けることをオススメします。


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70


安い自動車保険はこちら


10万円かかっていた保険料が2万5000円も安くなり、100000→75000円に!
最大20社に見積もりし、もっとも安い自動車保険を自動的に選別します。
たった3分で完了し、2万円以上したい方は無料見積もりをどうぞ
今の自動車保険は払いすぎてるかもしれませんよ!
>>簡単3分の無料一括見積もりはこちらです<<
hoken