車の査定額が思ったよりも低かった、車の引取後に減額された…もしかしてそれ、詐欺ではありませんか。
今回は車の査定によくある詐欺の手口と予防策をご紹介します。

sagishi

■こんな手口にご用心!車の査定でよくあるトラブル3選

消費者センターに寄せられている相談内容として特に多いのが以下の3つです。

・代金が振り込まれない

このトラブルは個人売買に多く、購入者が「買取代金を後払いにする」と言ったきり連絡が途絶えてしまうケースです。
特に知名度の低い企業や個人での売買を行う場合は慎重になる必要があります。

・再査定(二重査定)による減額

一度目の査定で驚くような査定額をつけておきながら、車を引き上げたのち「ココに傷がある、エンジンに異常がある」などの難癖をつけて振込額を減額されてしまったという相談が後を絶ちません。
査定時の契約書の中に「車の引き上げ後にトラブルが見つかった場合、再査定を行う」と分かりにくく記載されていることもあるため、泣き寝入りをしてしまう人が多いようです。

・キャンセル料を請求された

キャンセル料のトラブルは上記の二重査定など、契約後に発生します。
正当な契約が交わされたのちの一方的なキャンセルに関してはキャンセル料が発生するのですが、契約前にもかかわらずキャンセル料が発生したという方もいました。

■騙されない為の自衛策は?詐欺に遭ったらすべきこと

この記事を読んでいる皆さまは「へー、こんなトラブルに遭っちゃう人もいるんだな」とお考えだと思いますが、明日は我が身かもしれません。
これらのトラブルを未然に防ぐ方法と、被害にあった場合の対処方法をご紹介します。

・知名度のある業者を利用する

知名度の低い企業や街の販売店が悪いとは言わずとも、信頼度できるのは大手買取店であることが多いのです。
特に「JADRI(日本自動車流通研究所)」に加盟している企業は再査定(二重査定)が禁じられているため、安心感が違います。
JADRI加盟店にはビッグモーターやガリバー、アップルなど大手企業のほか、街の販売店の名前も見受けられます。

JADRIの会員企業一覧
http://www.jadri.or.jp/member/?no=0

・キャンセルに関して事前に説明を求める

キャンセル料が発生するのは契約後何日後なのか、キャンセル料は最大どの程度なのか、契約書の重要項目を事前に確認しておく必要があります。
キャンセル料に関して脅し等のトラブルに見舞われた場合、毅然とした態度で第三者を入れた話し合いをしたいと申し出るようにしましょう。

・消費者センターへ相談する

トラブルの当事者同士での解決が難しい場合、お住いの地域の消費者センターへ相談することをおすすめします。
Yahoo! 知恵袋で相談する前に、まずは消費者センターで話を聞いてみてくださいね。

全国の消費生活センター等
http://www.kokusen.go.jp/map/
最後に
今回は車の査定でよくあるトラブルをご紹介しました。
トラブルを避ける一番の方法は「信頼できる相手と契約を結ぶ」ことに尽きます。
JADRIに加盟する企業とのやり取りなら、多くのトラブルを避けることが可能です。
一括査定サイトの「かんたん車査定ガイド」は、JADRI加盟店のみが参加できる優良サイトです。
車を売るなら無料で利用できるかんたん車査定ガイドを選んでみてはいかがでしょうか。


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70