改造車は買取業者が敬遠する車体の1つで、通常の業者に持ち込んでも査定不可という評価を受けることも少なくありません。

ではどこに、どんな業者に売るのが良いのか、今回は検証していきます。

改造車を売る方法

【改造車って何?】

ここでいう改造車とは、足回りやエンジンなどの強化やパワーアップを目的としたチューニングや追加パーツの取り付け、それに伴う外装のドレスアップをした車のことを指します。

「ゼロヨン」やサーキットレースが全盛だった80年代後半、筆者もそれなりにチューンナップした車を駆り、その性能を仲間たちと競い合ったこともありました。

最近は若者の車離れや法律の厳格化もあって、昔に比べると極端なものは見かけなくなりました。

正直に言うと、こういったエンジンやボディーを「いじった」車体は、そのユーザーが現在ではノーマルに保たれているのものより圧倒的に少ない。

さらに、エンジンや足回りに手を加えている車はその後の故障や不具合を起こす率が高まったり、現在の車検基準に沿わないものも中にはあります。

そのため、買取査定での評価が低いわけで、興味があり改造車を探している場合を除き、中古車を購入するときはこれらの改造がされていないかよく確認する必要もあります。

【最近の改造車】

今存在する改造車は、以前ものとはかなり変わってきていて、走行性能や加速性能、旋回能力の強化を目的としたものではなく、「カッコよさ」を追求したドレスアップの特化にシフトしてきました。

そして、それがすべて純正のパーツでなされていて、フレームなどに穴や変形をさせずにいる場合では、過去のいわゆる改造車と違い追加のオプションとして買取査定で評価されるケースもあります。

純正でなくても人気の高いアルミホイールや高性能タイヤなどは査定アップの大きな要因になることもあります。

また、ノーマルに戻すのにそれほど工数をかけずに済む改造や、電気系統を中心としたものはそれほどマイナス要素とされない場合もあります。

ドレスアップ程度の改造車であれば査定に出す事が出来ます。

簡単に元の状態に戻せそうなのであれば元の状態に戻してしまうのも手ですね。

改造車を一括査定に出すのはあり?

もうこれにはズバッと言っときます、アリです。

ナシとする意見もありますが、不特定多数の業者に見てもらうという点でいえば、改造の価値を見出してくれる業者探しに、一括査定サイトを利用するという一手はあると考えます。

ただし、上記でも触れた極端な改造車については、その詳細を一括査定サイトで伝えきるのは難しく、後々トラブルになりかねません。

ですので、出た査定結果はほかのノーマル車より正確性が低いので、あくまで参考程度にとらえて実際の査定はちゃんと現車をチェックしてもらってから、売却先を決めるようにしましょう。

1分で出来る車の一括査定はこちら


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70


安い自動車保険はこちら


10万円かかっていた保険料が2万5000円も安くなり、100000→75000円に!
最大20社に見積もりし、もっとも安い自動車保険を自動的に選別します。
たった3分で完了し、2万円以上したい方は無料見積もりをどうぞ
今の自動車保険は払いすぎてるかもしれませんよ!
>>簡単3分の無料一括見積もりはこちらです<<
hoken