いくら気をつけて運転していても起こってしまうのが事故で、大きさは違えど軽くポールなどにぶつけてしまった、という経験をお持ちの方も少なくないはず。
そんな事故をした愛車でもちゃんと売ることができるのか、ここでは説明していこうと思います。

交通事故

事故歴のある車はそもそも売れる?

まずは事故歴についてこれは2つに分けないと話がこんがらがるので、最初に販売時に告知・明記する義務のない、微細な事故をした中古車の買取と査定について触れていきます。

・修復されている場合

基本的に骨格にまで及んでいない板金と塗装、さらに車の一体化している骨格部分からボルト手取り外しができる部位、

バンパー
フロントフェンダー
ドア
フロント・リアガラス

などが事故によって破損してすっかり新品やリビルト品などに交換されていてもその修復を売買時に明記する必要はなく、広義での「事故車」とは言えません。
そしてそれはエンジンを乗せ換えていたとしても同じで、これらを素人が見分けることは非常に困難です。

ということは、裏を返すと売り手は何の抵抗もなく正規の相場で価格設定ができるわけで、きれいに修復されているこれらは事故を全く指定なう車両とそれほど大きい査定のマイナスもなく買取されます。

もちろん、比較的大きなダメージを受け、部品の大きな交換などをしている場合では、

ガラスの製造番号
交換したバンパーやドアとボディーとの色むらや日焼けの程度の差
全体的な違和感

などから、プロの査定士のはこの骨格に至っていない修復の有無をしっかり見極めてきますので、そこを突っついて査定額をマイナスしていくこともあります。
が、微細な擦り傷やへこみを修復板金しているケースでは、見逃してしまうことも多々ありそんな時は黙ってやり過ごすことも可能です。

・修復をしていない場合

一方走行に問題がないことの多い、骨格にまでは至らない事故の場合、それを放置して直さず、買い替えに合わせて査定に出すケースも少なくありませんが、この時は査定金額が大きくマイナスされます。
特にそのままでは車検に通らないダメージ、例えば

各ライト類の割れ・・・明かりが漏れていたり、水などが入り込むと完全にアウト、さらに割れていなくても衝撃でライトの接触が悪くなって点かないものも含む。
フロントガラスへの飛び石によるひび・・・ごく小さくしかも助手席側なら車検も通るが、将来的に広がったりする可能性もあるので減額、運転席側は数センチでも交換対象になるので大幅にマイナスされる。
乗り上げなどによるマフラーの損傷・・・バックで縁石などに乗り上げたことが原因でパッと見はキレイで気づかなくても、マフラーに穴・接続部のゆるみ・損傷で排気が漏れていると修理、交換の必要があるのでマイナスポイントになる。

などは大幅な査定額のマイナスを覚悟しなければいけません。

外観の傷やへこみは小さいものならそのまま販売されることもあり、減額幅はそれほど大きくありません。
ですが、塗装が剥げているものを長く放置している場合、そこが錆びて修復に手間とお金がかかるようなときは大きくマイナス評価されます。

じゃあ傷などを直してから査定に出すべきなの?

これはズバリNO!、まず板金塗装ですがわざわざ事前にお金をかけてきれいにしてもその修復代金を上回るような査定額の増加はまずないので、じたばたせずそのまま査定に題したほうが賢明です。
また、そんなときは自社で板金と塗装をしている業者に持ち込んだ方が〇、自社板金をしていないところはそれを販売できる状態にするのに外注に頼らずを得ないため、キズやへこみでもマイナス幅がどうしても大きくなります。

また、大きなへこみや傷がついたままの車体は、オークション会場にいる鑑定士がつける「評価点」が低くなり、落札相場が大きくダウン、最悪売れ残ってしまう可能性も出てきてしまいます。
つまり、傷やへこみがある中古車を売却するときは「板金塗装ができるところ」に査定してもらった方がいい、これは、自社販売型でもオークション転売型でも、どちらも共通の傾向なので覚えておきましょう。

・自分でDIY・・・

小さな傷の場合、自分でホームセンターやカー用品店でタッチペンを購入してキズ隠し、中にはクリアのはげや色焼けなどを、本格的なカラースプレーやクリアスプレーでマスキングなどもそこそこに塗装しちゃうアクティブなユーザーも多いのですが、はっきり言うとやめておいた方が無難です。

正直傷をかえって目立たせるような物ですし、塗装面が完全に剥げて錆を防ぐ目的ならまだしも、査定前のアラ隠しにタッチペンはかえって逆効果でお金と時間の無駄です。
ましてや素人がプロでも難しく、腕のいい職人さんを抱える専門業者に外注する事も多い本格的な塗装をするなんてもってのほかです。
ほとんどの場合、色むらや塗料の吹きかけすぎによるタレ、マスキングの不完全さからボディーの継ぎ目や本来塗装されていない部分に塗料が入り込んだりします。
それをもとに戻すだけで一苦労、おそらくイヤ確実にマイナス対象にしかならないので絶対にやめておきましょう。

ガラスやバンパーはちょっとは無理でしょうが、今はネットなどでフロントやリアのライトを一式購入することができ、交換作業もまあちょっと頑張ればできるでしょう。
購入して自分で付け替えれば工賃は浮きますので、車検を受けて乗りつぶす方は挑戦してもいいかもしれませんが、売却するときにわざわざそれを実行する必要はありません。

程度はどうあれ事故車を売却をするときは、修復に自分でいろんな手間や時間、お金をかけるより一括査定サイトを利用したり数多くの業者を回ったりと、売却先の見極めをしっかりしたほうがその査定額アップへの近道です。

修復歴のある車は売れるの?

一方、修復履歴を明示する必要のある事故を起こした車両や、そういう車と知りつつ購入しそれを手放すとき、それらは査定額が付く、つまり売れるのでしょうか。
結論から言うと、売れる「可能性」はあります。

修復歴も程度による

実は修復歴とは業界人が利用するオークション会場では「R」(リペア)という表記が点数の欄に記されるもので、上記でも伝えたように骨格部分までそのダメージがいたった事故車のことです。
例え修復されていても、走行に何かしら障害が出る可能性が高いため、そういった表記で明示されていますが、実にたくさんこの「R」車両がオークションに出品されています。

出品されるイコール買い手がいるということで、すでに修復されているものもそうでないものも多くの業者が落札し、自社で手を加えるなどして販売しています。
ただその金額は「R」以外、つまり小さな事故の車両の半分いや三分の一程度で「安く」買いたたき「安く」売るのが目的なので、査定額は果てしなくゼロに近いか数万円程度のこともあります。

ただ最近は、この日本人は非常に気にする修復歴をなんとも思わない海外への輸出も増えてきているので、海外への進出をすでにしている買取業者もいて、そこなら国内向けとは違う評価を受けられる可能性も。
ですので、1社のみの査定などで決してあきらめず、いろいろな業者にアプローチをかけたほうがいいでしょう。

事故歴、修復歴のある車は隠してもばれる?

最後にこちらですが、あくまでまともな中古車買取業者の話ですが、修復歴に関してはまず100%バレます。
履歴を明らかにする必要のない車両は、バレるもバレないもほぼすべての買取車両が微細な傷やへこみなどがあるため、言ってしまえば中古車は全部事故車。
隠していたとしても、いちいちそれにツッコミを入れるところはあまりなく、マイナス幅も微々たるものです。

ただ、大きな交換や板金をしていればそれを黙っていてもしっかりと指摘してくるので隠すだけ無駄でしょう。
バレバレなのに黙っていると査定士も人の子、心証が悪くなるだけなので正直に言った方がいいかもしれません。
大きな事故を経験した車両や修復歴車は、その査定が厳しいのが特徴、ただ業者によってその評価が大きく変わりその差額は数万円に上ることもザラ。
黙っていてもどうせバレてしまうので正直に申告しつつも、どちらもあきらめずたくさんの業者に見積もりをしてもらうよう心がけてください。


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70