古くなった車や過走行な車を廃車にしようと考えている方、ちょっと待って下さい。
廃車よりお得に車を手放す方法をご紹介します。

ボロ車

廃車だってタダじゃない!廃車にかかる費用とは?

一言で「廃車」と言っても、タダで廃車にできるわけではありません。
廃車には以下のような料金が発生します。

・リサイクル料(平成17年2月以前に車検を取った車に限る)

十年以上車検を取っていない場合、個別にリサイクル料を支払う必要があります。
ハッチバックやミニバンなどの普通車はおよそ1万円?2万円、軽自動車はおよそ6千円前後が目安になります。
平成17年以降に車検を取った車は、すでにリサイクル料を支払いリサイクル券の発行を受けているため新たに請求されることはありません。

・レッカー費用(自走不可の車に限る)

車検切れや故障で自走できない車は解体業者へレッカー引き取りしてもらわなければなりません。
業者によりレッカー費用がかからないこともありますが、多く見積もって1?3万円程度用意しておくと安心です。

・解体費用

解体手数料は法律で決められた金額設定がなく、解体業者により異なります。
解体費用を取る業者もあれば、無料で引き取る業者もあるようです。
およそ2万円程度用意をしておくことをおすすめします。

・登録抹消手数料

運輸支局にて抹消登録手続きを行うと、100円程度の手数料が発生します。
手ぶらで抹消登録手続きへ行くと困るため、注意しましょう。

仮に平成12年度(2000年)から乗っていないトヨタ・ハイエースを廃車にしようとした場合、上記に当てはめると6万円以上掛かる可能性があるのです。

廃車の手続きはこんなに大変!必要な書類リスト

費用面で負担になる可能性をお伝えしたのですが、廃車にするには事務手続きも必要です。
抹消登録をご自分で行う場合、事前に以下を用意します。

・解体証明書
車を解体した際、解体業者から発行される書類です。
この書類がなければ抹消登録を行なえません。

・移動報告番号と解体報告記録日
車を解体した証明であるこの2つを解体業者からきちんと聞き、メモを残しましょう。

・ナンバープレート
車を解体したら、ナンバープレートを運輸支局へ返納します。
解体の際受け取り忘れることがないようご注意ください。

・自動車検査証(車検証)
どんなに古い車でも車検証が必要です。
うっかり忘れないようご注意ください。

・印鑑と印鑑証明書
発行から3ヶ月以内の印鑑証明書を用意します。

・住民票(車検証・印鑑証明書の住所が変更されている場合のみ)

その他の「申請書」や「手数料納付書」は運輸支局にて購入・用意が可能です。

・口座情報のわかるもの(通帳やキャッシュカードなど)

自動車税の還付手続きの際、必要になります。

これだけの書類を用意し、運輸支局で手続きを取ることを考えると、かなりの手間であることがわかりますね。
また廃車にすることで、支払いすぎた自動車税の還付金を受け取ることも可能ですが、廃車費用をすべて賄えるかというとそうではないケースが多いです。
すべてを解体業者へ委託することも可能ですが、その場合さらに手数料が上乗せされるため、費用面での負担が大きくなることも考えられます。

スクラップにするよりオトクな「廃車の買取」とは?

じつのところ「廃車の費用は必要経費」なんて考えは古いと言えます。
なぜなら、現代では「廃車より買取」が主流になっているからなのです。
廃車同然の過走行車や事故車・故障車、古い車を買い取る専門業者が多くなり、専門業者以外でも一般的な買取業者にて訪問査定を受けることが可能になりました。
実際の買取例として、廃車を検討していたトヨタ・カローラ(2003年式/15万キロ走行/修復歴あり)でも【5万円】の買取額が付きました。
ほかにも三菱・パジェロイオ(2000年式/14万キロ走行/修復歴なし)が驚きの【18万円】で買い取られています。
思わぬ高値がついた理由とはなんなのか、次の項目でご説明します。

スクラップより一括査定でオトクに車を買い取ってもらおう!
廃車で自動車税の返納を受けて手元にお金が戻ってくるのも嬉しいですが、より多くのお金を手にすることができるチャンスが「一括査定」です。
一括査定を利用すると、複数の買取業者に無料で訪問査定を行ってもらえます。
そして中古車としてのリセール(再販)はもちろん、パーツのリサイクル販売や鉄クズとしての利用価値を見出し、思わぬ高値がつく可能性があるのです。
一括査定サイトの利用は【無料】のため、まずは気軽に利用してみることをおすすめします。

「ネットで知ったよくわからない業者に査定を依頼するのは心配…」と思われている方は、信頼と実績のある優良企業だけが参加している「かんたん車査定ガイド」をご利用くださいね。

まとめ
今回は廃車にかかる費用な手続きと、お得に車を手放す方法をご紹介しました。
廃車にするにも様々な手続きがあり、ときに費用も発生します。
払いすぎた自動車税の還付金を受け取ることが可能ですが、車を売却することでより多くのお金を受け取れる可能性があるのです。
どんな過走行車や事故車でも、まずは無料で試せる「一括査定」を利用してみ手はいかがでしょうか。
乗らなくなったあなたの車に、思わぬ高値がつくかもしれません。

 


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70


安い自動車保険はこちら


10万円かかっていた保険料が2万5000円も安くなり、100000→75000円に!
最大20社に見積もりし、もっとも安い自動車保険を自動的に選別します。
たった3分で完了し、2万円以上したい方は無料見積もりをどうぞ
今の自動車保険は払いすぎてるかもしれませんよ!
>>簡単3分の無料一括見積もりはこちらです<<
hoken