車と計算機

車を乗り潰した場合のメリット

車を乗り潰した場合のメリット

税制上、車の減価償却は、乗用車で6年、軽自動車で4年です。

この期間を過ぎれば、資産としての価値は無くなってしまうのです。

車の寿命はもう少し長いのに、たったこれだけの期間で価値がなくなるって早すぎますよね。

また自動車は、購入した1年後であっても、新車価格での半値での下取り価格になることが多く、5年を超えると、売却額がガクッと下がってしまうのです。

5年で売却額が下がるって非常にもったいなく聞こえますね。

今の日本車は性能が良く、パワーウィンドウやワイパーなど部品の修理があったとしても、使用年数20年、20万kmの走行距離でも問題ないと言われています。

車を買い替えると、新しい車の購入資金などが必要になります。

買取ができたとしても、また高額な購入資金が修理費用以上にかかると思われるため、金銭面だけで言うと、車を乗り潰した方が、メリットは高いです。

とはいっても売ってしまった方が新車を買うときは有利に働きます。

車を買い替えた場合のメリット

買い替えた車

以前の車に比べ、新車は燃費が格段と向上しています。
通勤などで、遠い距離を毎日運転することになれば、ガソリン代が安く済んでしまいます。

また、最近の車は室内空間も広くなっていることも多く、またスライドドア搭載車も増え、お子様ができたのであれば、快適に過ごすことができるようになってます。

アクセルとブレーキの踏み間違いなど自動車事故のニュースを見かけることも多いですが、最近の自動車には自動ブレーキ搭載車も増えている上、安全性能も高いので、どの世代の方でも安心して車を運転することが出来るようになっています。

それらのこともあり、任意保険の料金が安くなり、エコカー減税を受けることもできるのはメリットです。
また昔の車を乗り続けていると、どこかの部品を交換して修理して行くことになると思います。
長く乗れば乗るほど修理費用がかさむ可能性が高く、もしかしたら修理費用で車が購入できたと言うことも起こりえません。
しかも車の税金は、購入してから13年後には、料金が上がってしまいます。
車の価値が下がる前に売ってしまうことによって、高い売却額を得られますし、昔の車を乗り続けることを考えれば、新しい車に買い替えるメリットも十分にあります。

軽自動車は乗り潰す方がいいの?買い替えた方がいいの?

軽自動車
減価償却期間でも分かるように、軽自動車は、普通車に比べて、劣っています。

特に足回りが弱く、使用年数や走行距離が長いと、乗り心地が非常に悪くなってきます。

普通車の場合、使用年数10年、10万kmの走行距離の車であっても、多少違和感はあっても、ほとんど問題ありませんが、軽自動車だとそうはいきません。

もちろん、足回りなど、定期的に部品交換することにより、問題は改善されるのですが、このように10年使っているような車に対して、どこまで修理費用を出せるかが問題になってきます。

また、排気量が大きい車の方が、エンジンにも余裕があるので、長期間乗るのには向いています。

ですので、軽自動車は足回りやエンジンのことを考えると、普通車に比べて長期間乗るのには向いておらず、修理費用がかさむ可能性が非常に高いのです。

そう考えると、軽自動車は長く乗ると言うよりは、買い替えを考えて購入した方が良い車かも知れません。

乗り潰した車で高額査定が出る方法

車の高額査定のイメージ

乗り潰した車であっても、価値はあります。
一般的な感覚からすれば、「廃車かな」と思えるような車でも、「欲しい」と言う人は確実に居ます。
何も車が欲しい人は、日本にしか居ない訳ではありません。
日本では、見向きもされない車であっても、日本車を好む海外でなら、売れる可能性は高いのです。
また、ボディの鉄や、一つ一つのパーツに価値を見出す人も居るかもしれません。
乗り潰した車であっても、査定に出す事で、高額査定が出る可能性は充分にあります。
街の車屋さんを使用するよりは、一括査定サイトを使用する事をおススメします。
一括査定サイトであれば、見積もりをした業者が乗り潰した車を高額査定してくれる可能性が非常に高いです。
有名どころでいうとカーネクストなどが故障車を中心に扱っています。
乗り潰した車でも「廃車」ではなく、「高額買取」にすることが可能なのです。

下取りよりは買い替えの方がお得

使用年数10年、10万kmの走行距離を超えているような車であっても、買取が可能な中古車買取専門店は数多くあります。
そのような車を、ディーラーに持っていくと、下取り査定で廃車を勧められることになると思います。
なぜなら、ディーラーはそのような車を下取りしても、販売するノウハウがないため、お金を出して下取りすることは、リスクでしかないのです。
しかし、中古車買取専門店であれば、どのような中古車であっても販売するノウハウがあります。
また、オークションだけでなく、日本では見向きもされないような使用年数、走行距離の車であっても需要がある海外で販売することも可能です。
そのため、中古車買取専門店ではディーラーができないような、高額買取ができるのです。
どのような車であっても、ディーラーの下取り査定だけで決めてしまうことはせず、必ず中古車買取専門店による、「一括査定」を依頼しましょう。

買い替えは中古車と新車どっちがいい?

車の買い替えをして喜んでいる家族

「次の車は中古車が良いのか、新車が良いのか悩む」

「新車の方が誰も使って無い車だからそちらの方が良いのはわかっているが、購入費用が高い」

上記のような事で悩む方は多いと思われます。

中古車と新車とどちらが良いとなるかは、「購入を考えている車を、何年使用することを考えているか」で決めると良い結果が得られる可能性が高いです。

その期間は、「5年」です。
5年以上乗ることを考えているのであれば、新車の方が断然お得です。
なぜなら、新車は購入時点で新車保証をつけることができます。
一般保証、特別保証など、保証の中身は違いますが、だいたい購入後5年、または10万kmの走行距離までは、エンジン系の保証が含まれています。
購入当初から、長く乗ることを考えているのであれば、保証期間が長い方が確実にお得です。

しかも、新車であれば、自分で好きなグレードやカラー、オプションが選べる上、まっさらの車に乗れることは大きなメリットです。

しかし、車が好きで、車検ごとに買い替えるような、短期間で買い替えサイクルが来るような人は中古車の方が断然お得です。
なぜなら、単純に新車に比べれば、かなり格安で車が購入できることになるからです。
しかし、新車と比べれば、故障の心配は高くなります。

ただ最近は、中古車にも保証をつけて販売している中古車販売店もありますし、そこで購入すれば、新車保証ほどでなくても、保証がついていることになります。

また新車を購入して、2,3年後に売却することになれば、買取価格が新車購入価格の半値以下になる可能性が非常に高いですが、中古車であれば、そこまでの下落幅はありません。

そのため、「5年」を目安とし、それ以上長く乗ることを考えているのであれば新車、それ以下で車を買い替えるのであれば中古車の方が良いと思われます。


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70