これまでのホンダのイメージを大きく覆した感のあるNBOX、その売れ行きはいまだ好調なようですがその買取相場はどのように推移しているのでしょうか。

nbox

NBOXの査定相場はどのくらい?

ダイハツのタントに対抗する形で登場したN-BOXですが、2015年の軽自動車税増額のあおりで巻き起こったユーザーの軽自動車離れに波をものともせず売れ続けている唯一無二の軽自動車種でもあります。
2011年に初登場したこのN-BOX初代は2016年に最大の売却タイミングである2度目の車検を迎え、多くの中古車出玉が流通してきましたが、新車価格が127万円だったグレードGの修復歴なし5年目5?6万km辺りの車体が、75?80万円ほどで流通しています。
これは軽自動車全体の値崩れ幅で見ればかなりの高評価水準であり、業者の利益確保の面から推察するに、約45?50万円が買取相場とみるのが妥当でしょう。

高く売れるNBOXのタイプ

荷室の床を斜めに、さらにオプションとしてアルミ製のスロープを装備すれば車いすや自転車等積み下ろしが簡単になる「ユニバーサルブリッジ」。
それに加えて、3種のボードを組み合わせることで多種多様な車内空間アレンジを可能にする、「マルチスペースシステム」を採用したN-BOX+が2013年に発売されるとこれが多くのアウトドア層や、要介護支援者を抱える世帯に大いに支持されその販売価格、査定額ともに上昇。
それほど玉数は多く出回っていませんが、走行距離の少ない車いす仕様車(リアシート無し走行1万km未満)であれば100万円を超える買取査定額が付くこともザラです。
また、初代N-BOXは2015年にマイナーチェンジがなされていますがまだ販売から2年弱ということもあり新古車が多く出回っていいますが、2016年にモデルチェンジをしたためリセールバリューが若干ダウンしている傾向がみられます。

NBOXのカスタム車はたかく売れる?

エアロパーツとターボエンジン、さらに挟み込み防止機能付きパワースライドドアを両側に装備したのがカスタムでその精悍ないで立ちからN-BOXの広い車内空間に目を付けたファミリー層に加えて若手のユーザー層にもその支持層を広げ、NA仕様の無印、前述したプラスとの連結ではありますが2012?13年度の軽自動車販売台数において第1位を獲得する原動力となりました。
その2012年式2017年に5年目を迎える車体で6万km修復歴さえなければ65?70万円で買取されるケースも多い人気モデルですが、その見た目で購入するユーザーも多いため外観にダメージが目立つ車体は走行距離に関わらずその査定額がダウンする傾向が良く見られます。

NBOXの特徴を最終チェック

N-BOXは、長く軽自動車のトップに君臨してきたダイハツミラシリーズの牙城を崩したホンダのイメージを大きく転換させたモンスター車種。
同社初の軽ハイトールワゴンとして、タントに2014年その座を奪われる以外では、2011年の初登場以来、すべての年度で軽自動車販売台数の王座を死守しています。
車体のセンターに燃料タンクを据えるホンダ初の軽自動車であり、その低重心さと小さなエンジンルームレイアウトのかいあって広い車内空間を確保しています。
軽ハイトールワゴン特有の特徴を持ちながらなぜこのN-BOXにここまで支持が集まるのか、それはやはりホンダの本来持っているエンジン性能へのこだわりが詰まっていたからでしょう。
ホンダ伝家の宝刀、VTC(連続可変バルブタイミングコントロール)や、内燃機関に酸素を取り込みやすい構造をしたロングレンジのインマニ。
油圧式のラッシュアジャスターで、バルブクリアランスを適正に保ったことによって導入可能になった、スイングアーム式ロッカーアームを採用したホンダ渾身、実に48年ぶりとなる「DOHCエンジン」を搭載した軽自動車です。
その他、とにかく「ホンダ初」が多いのがこのN-BOX、

変速時のショック軽減とエンジン馬力の効率的な利用による燃費性能アップなどが見込めるCVT(無段変速機)。
ターボを除くNA全車両にアイドリングストップ
全車体に坂道発進補助装置と横滑り防止装置

などが採用されたのも、このN-BOXがホンダの軽として初めてのことです。
これらホンダの並々ならぬ開発への情熱によって、無印のNA車では22km/Lターボで18?/Lを超える優れた燃費性能と、乗用車に負けない安全性能と走行性を兼ね備えた車となっています。
現在加熱する軽自動車ウォーズの渦中にあって、勝ち組の1つであるこの車種は2017年現在いまだメジャーチェンジが行われていませんが、2012年にその燃費性能をさらに強化。さらに、急ブレーキ時に後続車にそれをいち早く知らせる、「エマージェンシーストップシグナル」を追加装備。
売れた車の特徴でもありますが、改良の度にそのグレードバリエーションは続々と追加され続け、2014年12月にはN-BOX /(エヌボックススラッシュ)という派生車種も登場するなど、その隆盛はその終わりが見えないところ。
大きくフロントデザインや、シートアレンジの変更がされたマイナーチェンジ後の現行2015年モデルは2017年夏、初めてのフルモデルチェンジが予定されていて、ユーザー・業界双方の注目を一身に集めています。


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70


安い自動車保険はこちら


10万円かかっていた保険料が2万5000円も安くなり、100000→75000円に!
最大20社に見積もりし、もっとも安い自動車保険を自動的に選別します。
たった3分で完了し、2万円以上したい方は無料見積もりをどうぞ
今の自動車保険は払いすぎてるかもしれませんよ!
>>簡単3分の無料一括見積もりはこちらです<<
hoken