新型「NSX」のエンジンはコスワース製なの?

NSXと言えば、国産市販車としては初となるフルアルミボディーに、ドカンと280PS(※1)を絞り出すV6エンジンを積み込んだ、泣く子も黙る「ザ・スポーツカー」です。
※1・・・PSは馬力を示す単位

初代モデルは、1990年から15年間にわたり販売され、超本格派スポーツカーとしては上出来の1万8,000台ほどを売り上げ、数多くのレースに参戦し輝かしい成果を残しましたが、低燃費重視時代の波をもろに受け、2006年惜しまれつつ生産が終了しました。

そんなNSXが大復活したのは、約10年後の2016年春のこと(※2)、初代同様のV6ツインターボエンジンながら、自前エンジンを重視するホンダとしては異例となる、「コスワース」との共同開発で生み出されたことに、ファンたちは驚かされました。
※2・・・国内販売スタートは翌年2月

新型NSXに積み込まれた、「コスワース製」エンジンがたたき出す最大出力は、リミッター解除機能を使うと驚異の「500PSオーバー」で、現在国内メーカーで正規販売されている車種のうち、公道で300km以上で走行できるのは、この新型NSXと日産GT-Rだけです。

ちなみに、GT-Rは純粋なガソリン車ですが、新型NSXのパワートレインにはハイブリットシステムである、「SPORT HYBRID SH-AWD」が採用されているため、3基あるモーターと、内燃機関との合計出力は、なんと581PSに達します。

つまり、新型NSXは時速300km以上でカッとんでいく、「超高速HVスポーツカー」として、世に送り出されたのです。

コスワースとは?ブランドの概要と歴史を紹介

コスワースの設立は1958年、創業当初はエンジンチューナーとしてスタートしましたが、すぐにレース用エンジンの独自開発を始めた、歴史に残るレーシングエンジンビルダー及び、そのブランド名です

ブランド名の由来は、創業者であるマイク・コスティンと、キース・ダックワースからとられたもので、資金援助をしていたフォードのワッペンが付けられたそのエンジンは、F3000やWRCなど、数多くの国際レースで採用されてきました。

特にF1での成績はすさまじく、1969年代から80年代を中心に、ベネトン・ロータス・マクラーレン・ウィリアムスなど、多くのF1チームへエンジンを提供、通算約170勝を提供チームにもたらしましたが、2014年以降はF1でのエンジン提供はありません。

ちなみに、かの皇帝ミハエル・シューマッハが、ベネトン時代にキャリア初勝利を収めた時も、1994年にドイツ人として初めて、年間ドライバーズチャンピオンになった時も、彼のマシンには「コスワース製」のエンジンが搭載されていました。

車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!


最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
車査定ガイド
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 

また下にスクロールすると複数の一括見積もりを掲載しています。
全て無料で利用で可能
※見積もり価格が気にいらなければキャンセル出来ます。
1円でも高く売りたいのであれば複数のサイトを登録し、比較検討してみましょう。

日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


2000業者から見積もりが取れます!


しつこい電話はなく、査定もたったの一回でok!楽な見積もりはユーカーパック
2000業者の中から一番高い業者をセレクトし、1社のみをご提案
査定入力も30秒で完了!
本当の最高買取額を知りたい方は ユーカーパックにお任せ!
>簡単30秒のユーカーパックの見積もりはこちらです<
ユーカーパック

話題のユーカーパックの評判は?査定のリアル体験談で総合評価


営業電話が一切ない!


車の査定で面倒臭いのは営業電話。車査定・買取の窓口は営業電話が一切ありません。


一番高額査定を出した一社のみを厳選し、ご提案いたします!
なんとたったの45秒で入力完了!
しつこい電話営業が嫌な方は車査定・買取の窓口へどうぞ
>>簡単45秒の車査定・買取の窓口の見積もりはこちらです<<
車査定・買取の窓口
車査定・買取の窓口の評判とは?メリットとデメリット