車の一括査定スバブーンとは?

今回紹介するズバブーンは、わずかな入力時間で中古車査定を一括で依頼できる便利なサイトですが、その運営会社を調べると

 保険スクエアbang!・・・自動車保険や生命保険、最近加入者も増加中のペット保険まで網羅した保険商品の見積もり依頼や、資料請求ができる比較サービスサイト。

 SIMLY・・・スマホ利用状況を選択するだけで、最も適切な通信会社を厳選した18社、200以上のプランから見つけることができる、スマホ料金プラン比較サービス。

などを展開する(株)ウェブクルーでした。

車の一括査定に少し詳しい方ならお気づきでしょうが、2016年度には年間約18万人が利用した車一括査定サービスである、「ズバット車買取比較(以下ズバットとのみ表記)」と同じ会社が運営をしています。
知名度で言えば明らかにズバットの方が上ですが、

「ZIP-FM」・・・豊富な音楽情報や楽しいトークが人気で、愛知県を中心に多くのリスナーがいる。
「NACK5」・・・FMラジオ局としては唯一スポーツ中継をしていて、埼玉県を通信とした関東一円をカバ―している。
「RCCラジオ」・・・カープ情報やグルメ情報など、広島県に密着したFM・AM番組放送局。

などで盛んにCMが流されているので、視聴可能エリアにお住まいの方なら、名前だけは聞いたことがあるという方も多いかもしれません。

ズバット買取査定とは何が違うの?

結論から言えば、今回紹介しているズバブーンとズバットに、一括査定機能として内容的な違いはなく提携業者数やその内訳、さらに最大依頼可能数も全く同じです。
具体的な使用感については、後程詳しく筆者自身が体験をしてお伝えしますが、

ズバブーン

公式HPをチェックする限り、

 中古車の査定相場
 高額査定ガイド
 なんでもQ&A

など、様々な役立ちコンテンツを用意しているズバットの方に比べて、いたってシンプルなデザインになっています。
明確に違う点といえば、ズバット車買取比較がインターネットでの集客なのに対して、ズバブーンは冒頭で述べた通り、一部地域に流しているラジオCMが、そのプロモーションの主力となっているところです。
こういった、宣伝媒体の違いでブランド名を変える手法は、

・・・「かんたん車査定ガイド」と同じエイチームが運営しており、ラジオだけでなく最近ではテレビでも盛んにCMが流されて話題になっている。

も同じですが、インターネットをあまり利用しない年配層や、ラジオのヘビーリスナーなどへのアプローチで、新たなユーザーの取り込みを狙うのが目的です。
しかも、ズバブーンの場合そのラジオCMを流すエリアを、トヨタ自動車のおひざ元で自動車関連業者の結集し、併せて中古車販売・買取店も多い愛知県と、同様の特徴を持つマツダの本拠地広島県。
さらに、首都東京へ車通勤するユーザーへのアピールが望めるベットタウンで、中古車買取店の激戦区でもある埼玉県周辺に絞り込んでいます。
これは、当然かかってくる宣伝広告コストを抑えつつ、より効率的なプロモーション効果を狙った、ウェブクルーの作戦なのだと当サイトでは考えています。

ズバブーンと他の一括査定サイトとの違い

これはズバブーンというより、親サイトの立場であるズバットと他の一括査定の違いを示したほうがわかりやすいため、当サイトでは主だったサービスとの比較を表にしてみました。

サイト名 ズバット買取比較 カーセンサー かんたん車査定ガイド
提携業者数 約220社 約1000 約55社
最大依頼可能数 10社 30 10社
利用者数(※1) 約18万人 非公開 約35万人
入力項目数 9項目 15項目 9項目
依頼業者選択 可能 可能 不可能
特徴 提携者数や入力にかかる時間などのバランスがいい ボリュームは業界最大級だが入力項目の多さが難点 提携業者数は少ないがすべてJADRI(※2)加盟の業者に絞られている安心感が売り

※1・・・利用者数は2016年度のもの。
※2・・・(財)日本自動車流通研究所、中古車の流通についてユーザーが安心して利用できるためのルール決めなどをしている団体。

太字で示しているのが注目ポイントで、とにかくたくさんの買取業者にアタックをかけたい方はカーセンサーを、数は多くなくとも安心して査定依頼をしたい方は、かんたん車査定ガイドの利用がおすすめだ、というのがよくわかります。
一方、ズバットおよびズバブーンは、その入力項目の少なさからみて申し込みにかかる時間が少なくて済みつつ、一定数の提携業者へ依頼可能である無難な一括査定だと、当サイトでは評価しました。

ズバブーンにあるメリットとデメリット

サービス内容について、基本的にはズバットと共通であるズバブーンにあるメリット・デメリットについてですが、ズバブーンを使ったから起きたというものは、そう多くありません。
ただし、そのHPデザインや集客方法の違いによって発生しそうなものをピックアップしてみましたので、参考にしてみてください。

ズバブーンのメリットその1 簡単で手軽に使える

ズバットに比べて、非常にシンプルなズバブーンの公式HPは、ラジオCMを耳にして流入したネットに慣れていないユーザーでも、わかりやすく高い買取を目指す方法と手順が示されています。
一括査定依頼の申し込みフォームも、トップページにドンと鎮座しているため、サイト内をうろちょろと迷うことなく、簡潔に依頼をスタートすることができます。
とはいえ、200を超える提携業者数と、最大10社への依頼可能なボリューム感はズバットと全く同じ。
ですので、余計な情報はいらないから複数の業者に相見積もりをして、サッサと車を高く売りたいという少々せっかちなユーザーにとっては、ズバットよりもおすすめかもしれません。

共通のメリットその2 実査定の前に概算買取相場がわかる

これは、ズバブーンとズバットどちらでも得られるポイントですが、運営会社のウェブクルーが有している膨大なデータを基に、入力された首領条件での概算買取相場が明記されるのは、大変うれしいメリットです。
買取査定に臨むにあたって、概算とはいえ買取相場が事前に入手できれば業者との交渉が有利に運びますが、その精度のついては後程体験談のコーナーでしっかりと分析し、お伝えしたいと思います。

ズバブーンのデメリットその1 お役立ち情報をゲットできない

愛車を売却する機会は、よほどのカーマニアでもない限り人生の中でそう頻繁にあるわけではない。
ほとんどのユーザーが買取査定について不慣れなのが普通で、買取査定に関する予備知識をたくさん持っていたい!と、考える方も多いでしょう。
しかし、ズバブーンはズバットに比べてサイト構成が簡潔でシンプルなのはいいのですが、いかんせんとにかく「高く売れる」の一点張りで、ズバットのようにカーライフに役立ちそうな知識を仕入れることはあまりできません。
ですので、いろいろな知識で武装をして買取査定に臨みたいといユーザーは、親サイトであるズバットやコンテンツの豊富さに定評のある、かんたん車査定ガイド。
さらに、国内最大の自動車関連SNS、「みんカラ」で有名なカービューの方がおすすめだと、当サイトは考えています。

デメリットその2 ズバブーン・ズバットは電話がうざくてしつこい?

共通するデメリットとして挙げられるのは、やはり申し込みと同時にかかってくる大量の営業電話のしつこさでしょう。
このしつこい電話攻勢は、もはや一括査定サービスの致命的弱点となってきていますが、ズバブーンでも一括査定を依頼した後、ピックアップされた業者ごとにダイヤログを付けて、依頼数を調整できるようにはなっています。
ただし、この時点で電話数を減らすために依頼先を1~2社にしてしまうと、一括査定を利用する価値がなくなって、高い買取ゲットに繋がってきません。
つまり、このズバブーンを使って愛車を高く売りたい場合では、ある程度かかってくる営業電話については、あきらめざるを得ないということになります。

この電話攻勢へのクレーム問題について、

カーセンサー・・・業者からの連絡の時間帯を設定できるフォームが存在し、そちらでは連絡先を電話ではなく、メール限定にすることも可能。(自動発信システムを有する大手買取チェーンからは、電話がかかることがあるので注意。)
グー買取・・・申し込みに電話番号の入力が必要なくメールアドレスのみででき、ピックアップされた業者を自由に選んでユーザーの方から連絡をする、「買取業者一括紹介システム」になっている。

などといった大手中古車情報サイトでは、さすが老舗というべきか有効な対策をしてきているため、電話対応が面倒という方はそちらの利用の方がおすすめかもしれません。
そして、このデメリットについてはズバットの方も共通で、今後電話公正に対する対策をウェブクルーも取らなければ、乱立してきている一括査定サービスの中で浮いた存在になりかねないと、当サイトではあえて苦言を呈しておきます。

ズバブーンを実際に使用してみた一括査定体験談

ここからは、実際にズバブーンを筆者が試して感じた体験談を紹介しますが、今回はメリットのところでお伝えした概算買取相場の正確性もチェックしたいため、

メーカー・車種 年式 走行距離
トヨタ・プリウス 2010年 5万km

という、今中古車市場にあふれかえっている相場をチェックしやすい車両条件を設定。
併せて、申込者の居住地も先程激戦区だとお伝えした埼玉県と仮定して、作業を進めてみたいと思います。

本当にあっという間に申込できます!

「ズバブーン」と検索すればすぐ見つかるHPにある、

ズバブーン申込みフォーム

こちらの申し込みフォームに入力をすればいいわけですが、ラジオCMが気になってやってきたものの、どうしてもフォーム入力が苦手だという方は、用意されているフリーダイヤルからでも一括査定の申し込みが可能です。
さて、筆者はフォームからの申し込みをしたわけですが、正直誰でも1分もあれば次の段階に進むことができます。
入力後に確定ボタンをクリックすると、さすが激戦区埼玉というべきでしょうか、

ズバブーン買取表

最大依頼可能数一杯一杯の10社がエントリーしてきました。
内訳を詳しくチェックすると、ガリバー・ビッグモーターの両巨頭はもちろん、カーチスやネクステージなどの中堅どころに交え、

 車買取タイガー・・・埼玉県に本社のある弱冠3店舗を展開する小規模業者だが、年間9億円以上の売り上げがある、地元ではかなり有名な車業者。
 アデランテ・・・こちらも埼玉の地元業者、輸入車や高級車も在庫もあるが、総額20万円以下で購入できるリーズナブルな車体も多数陳列しており、過走行・低年式の車の買取も得意。

などといった、地元に密着して大手と渡り合っている業者の名前も確認できました。
買取業者の数、質ともに高額査定のための相見積もりには十分すぎるレベルであり、正直筆者が思っていた以上に、効果的な業者選抜が可能となっていました。

気になる概算買取相場の正確性はいかに?

依頼しないところのチェックを外して申し込みを確定、その後簡単なアンケートに答えたら、下記のように概算の買取相場が出て参ります。
ズバブーン買取診断
入力した条件のプリウスであれば、中古車として販売されている車体相場が、よほど訳アリか修復歴でもない限り、100~115万万円あたり。
販売価格の6~7割が買取相場なのが業界のセオリー、それに照らすと概算買取相場は60~80万円程度と考えられるので、まあまあの正確性と評価できるレベル。
ですが、グレードやカラーリングなどの細かい入力を求められていないことから、必然的に相場を決定する情報が乏しく、用心をしたのか抑え気味の相場情報だとも言えます。
ズバブーンは、買取業者紹介能力はなかなか高い一括査定サービスであり、うまく相見積もりをこなせばこの相場以上の買取が望めるはずなので、あくまでも参考価格と捉えるべきだと、当サイトでは考えています。


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 


日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


高額査定を出す事で有名なズバット


車の買い取り業者がもっとも多く高額な車の買い取りも出したい方にはズバットがおすすめ
更に今なら10万円当たるキャンペーンがあるのもお得ポイント!
査定入力の速さも最短45秒で完了!高額査定を目指すならスバットへ
買取業者を選べるのもプラスです
>>簡単45秒のズバットの見積もりはこちらです<<
ズバト車の一括査定
ズバット車買取比較の評判やメリットを解説