ファミリー層に人気のアルファードは高く売却できるのでしょうか。
アルファードの下取り価格と高く売るコツをご紹介します。

alphard

うちのアルファードは高く売れる?

ミニバン以上の広さと品位を持ったアルファードは発売から現在の3代目まで高い人気を誇っています。
2015年1月にフルモデルチェンジを行い、中古車市場では2008年?2011年に販売された「2代目」が徐々に出回り始め、現在は2002年?2008年に販売された「初代」がメインで流通しています。
初代アルファードのオーナーさんでも、修復歴や過走行でなければ極端に低い査定額が出る可能性は低いと言えます。

その中でももっとも査定額が高く出るのが一括査定です。

1分で出来る車の一括査定はこちら

アルファードの相場情報を見てみよう

アルファードを調べる男性

みんカラ買取相場を分析すると、10年落ちの初代アルファードも過走行車以外は軒並み100万円を超える査定額が付いていました。
しかし、走行距離が8万キロ以上になると極端に査定額が落ちる傾向があります。
これは10万キロ走行するとエンジンの部品を交換しなければいけないことや、修理の頻度が高くなる可能性が考えられるため、買い取り業者からも次のオーナーからも敬遠されてしまうためです。

高く売れるアルファードの特徴

買取相場を調べていくと、査定額が高額になるアルファードにはある特徴がありました。
査定額が高いアルファードの特徴を2つご紹介します。
 

  • 走行距離が少ない

これは言わずもがなですね。
誰しもが走行距離が少ない車を選びます。
アルファードの買取相場を見ると、8万?9万キロ付近から査定額が徐々に下がっていきます。

10万キロ走ったアルファードの査定

走行距離が長くなるにつれて買取額が安くなっていくのは事実です。

実際に上記でも説明したように8万キロくらいから徐々に買取額が安くなっていき、10万キロを超えてしまうと買取額はかなり下がってしまいます。

じゃあ10万キロを走ってしまったアルファードはもう売る事が出来ないのでしょうか。

答えはNOです。

10万キロ走ったアルファードでも売る事が出来ます。

また意外にも高額査定がつく事もあるのです。

例えば以下の項目に該当する場合は10万キロの走っていても高額査定がつきます。

特別なエディション

特に50cmもスライドするエグゼクティブパワーシートを搭載したCパッケージ、Lパッケージや、シートに「アルカンターラ」を用いたPrime Selectionは年数が古くても高い査定額が出ています。
中には13万キロ走っているにもかかわらず125万円の査定結果が出ていることもありました。

アルファードの買い時は?

一般的に中古車の買い時はフルモデルチェンジ後と言われています。
また、もうじき2013年10月に発売されたモデルが3年落ち、2011年9月に発売されたモデルが5年落ちとなり、残価設定型クレジットを利用して購入したアルファードが市場に出る頃でもあります。
2回目の車検を取らずに売却する人も多いため、アルファードの場合まさに今が買い時と言えます。

アルファードの売り時は?

前述したように2代目のモデルが市場に出回り始めています。
しかし値崩れを起こしている様子もなく、いつ売却しても安定した査定額が付くことが予想されます。
相場は連日変動するため「売ろう」と思ったら様子を見ず、即断即決することが望ましいです。
まずは迷わずに一括査定を利用することをおすすめします。

一括査定でアルファードを売ってみた

アルファードを販売する一括査定サイト

一括査定サイトを利用してアルファードを売却した長谷川さんの体験談をご紹介します。

長谷川さんは埼玉県に住む20代のイクメンパパです。
3年前大好きな奥さんとの間に可愛い娘が生まれ、幸せの絶頂だった長谷川さんは「娘をいろいろな所に連れて行ってあげたい!」という気持ちからワゴンRを手放し、あこがれだったアルファード(250S type GOLD)を購入しました。

オプション・本体の値引きを合わせても379万円の出費は大きく、ボーナス払いを利用しての36回払いで月々およそ9万円は苦しいものがあります。
1年目はやりくりして支払いに問題はなかったのですが、2年目には月々の返済のために残業をする有様でした。
奥さんからは「アルファードは大きくてちょっと私には運転しずらいかな、幼稚園の送迎だけだったら自転車でも大丈夫だよ!」と気を遣われ、ローン完済前ですがアルファードの売却を決めました。

長谷川さんは少しでも高く買い取ってもらうため、一括査定を利用することを決め、深夜23時に査定を申込みました。
すると翌日9時には査定業者から電話がかかってきたのです。

そこで長谷川さんはネットで調べた交渉術を武器に、いくつかの業者から査定額を聞き、買取業者同士を競争させました。
そして訪問査定の前に車内を清掃し、消臭スプレーで消臭も完璧です。
いざ訪問査定では特別仕様車であること、使用頻度のわりに走行距離が2万キロ未満と少ないこと、車検もタイヤも残っていることなど有利になる情報を次々に伝え、査定士も納得の表情です。
長谷川さんは最終的に【305万円】という査定額を引き出し、無事ローンを完済することができました。

車の査定は心理戦と情報戦であることを分かったうえで行い、今後はオーバーローンを組まないと心に誓った長谷川さんでした。
その後、長谷川さんは奥さんでも乗りやすいトヨタ・ポルテを購入し、家族3人でレジャーを楽しんでいるようです。

まとめ

今回はファミリー層に人気が高いアルファードの査定・売却についてご紹介しました。
特に査定額が高くなるのは「走行距離が少なく特別なエディション」のアルファードです。
ただし2代目アルファードは過走行車でない限り、安定して100万円以上の査定額が付く傾向があります。
アルファードはグレードが細分化されており「自分の車はどれだったっけ?」と迷われるかもしれません。
しかし査定士さんが見ればすぐに分かるため、売りたいと思ったらすぐに一括査定を利用してみてくださいね。


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70


安い自動車保険はこちら


10万円かかっていた保険料が2万5000円も安くなり、100000→75000円に!
最大20社に見積もりし、もっとも安い自動車保険を自動的に選別します。
たった3分で完了し、2万円以上したい方は無料見積もりをどうぞ
今の自動車保険は払いすぎてるかもしれませんよ!
>>簡単3分の無料一括見積もりはこちらです<<
hoken