引越し

急な愛車を手放さなくてはいけなくなった場合「引越し前までに急いで売らないと!」と思うのが一般的です。
しかし、急いで売らなくちゃと思うときこそ愛車の買取額が低くなっている可能性があります。
今回は引越しが決まったらどのタイミングで愛車を売ればよいか、おトクなタイミングや注意点をご紹介します。

■転居前と転居後に車を売る時の手続きとは?

転居前に愛車を手放す場合、特別な手続きは必要ありません。
しかし、転居後に売却を考えている人は要注意です。

 

転居後は殆どの人が住民票の異動や印鑑証明、免許証の住所変更を行います。
そこで忘れがちなのが「車検証の住所変更(変更登録)」なのです。
住民票の異動をした後に愛車を売却すると、住民票の住所や印鑑証明と車検証の住所が異なるため、売買契約が結べないなどスムーズに売却手続きが進まなくなります。
さらに、転居後は車検証の住所変更を15日以内に済ませなければ罰則対象になるなど、ややこしいことがたくさんあるのです。

つまり、スムーズに愛車を売るならば以下の方法がおすすめです。

 

1.住民票の移動をする前に愛車を売る
2.すべての住所変更手続き完了後に愛車を売る

 

また、車の購入後3回以上引越しをしている場合、住民票だけでは売買契約が結べません。
そのため本籍地の役場で「戸籍の附票」を取得する必要があります。

■引越し前と後、車を売るならどちらがお得?

愛車の価値は一日一日下がっていくため、一日でも早く売却したほうが良いでしょう。
愛車を早く手放しても買取業者で代車を利用できる可能性があるため、まずは査定時に相談ることをおすすめします。
しかし、いくら急いで売ると言っても焦りは禁物です。
買取業者によっては、あなたをカモにしようとしている可能性があります。
その理由は次の項目でご紹介します。

■急がば回れ?愛車を高く売るコツをご紹介!

買取業者があなたをカモにしようとしているかもしれない、その理由は「急いでるなら多少査定額が安くても売るだろう」と思われてしまうことなのです。

実際、引越しの多い筆者も1月半ばに「3月までに売りたい」と言ってしまったことで、キズもなく状態の良い愛車を相場よりも8万円以上安く買い取られてしまったことがあります。
大切に乗った愛車に正当な価値をつけず、安く買い叩こうとする業者は実際に存在するのです。
そんな業者をお店の看板や外見だけで判断することは難しく、査定を依頼した業者が悪徳業者だったということもありえます。

筆者のような後悔をしてほしくない、そう思うからこそおすすめしたいのが一括査定サイト「かんたん車査定ガイド」です。
JADRIに加盟した優良業者のみ参加できる一括査定サイトであれば悪徳業者の心配もなく、更に高く買い取ってもらえる可能性があります。

まとめ

今回は引越し前と引越し後で車を売る際の手続きの違いや、愛車を高く売るコツをご紹介しました。
引越し前や住所変更前の売却は比較的かんたんに行なえますが、住民票だけ移してしまった場合や引越しが多い場合は様々な条件を満たした場合のみ売買契約を結ぶことが可能です。
急いでいる時こそ慌てず、一括査定でスマートに査定を受けてみてはいかがでしょうか。

 


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70