「車」と一言で言っても、大きさから車種などが変われば、当然価格もめまぐるしく変化します。
とりわけ中古車となると、全く同じ車種であっても用途や走行距離が違えば価格は変化し、その相場は生き物のように千差万別です。
そして実は、案外簡単に中古車の相場を知ることができることを多くの方が知らず、手ぶらの状態でプロである査定士との価格交渉に臨んでしまっています。
この記事を最後まで読めば、「愛車の買取相場を知る」という、買取業者と対決する際の心強い「武器」を得ることができるようになりますので、最後まで是非お付き合いください。

車の買い取り相場を調べる方法。筆者が実際に使用している方法

最初にお断りをしておきますが、冒頭で述べた通り中古車の価格は一時として同じことが無く日々流動的であるため、これから説明する方法を用いても、完璧な査定額を知ることができるわけではありません。
とはいえ、かなり正確な買取相場を実査定の前に調べることも可能ですので、ここではその方法について説明をしてまいります。

車の買い取り相場を調べる方法はある?

イキナリですが、たくさん車の買取相場を知る方法はあり、多くの中古車情報サイトで、

  • 買取相場検索
  • 下取り相場表

などといったものが提供され、活用するユーザーも多くいらっしゃいます。
ただし、中には正確性を疑わざるを得ないものもありますし、買取業者自身が提供しているものは、集客のためにかなり高めの買取相場を出しているものも多く見受けられます。
また、下取り情報を調べることができるサイトには、

トヨタ自動車 下取り参考価格シミュレーション
日産自動車 下取り参考価格シミュレーション

などがあり、それぞれのメーカー問わずあらゆるメーカー車種の下取り相場を、簡単にチェックすることができます。
ただし、正直下取り相場は買取査定額よりかなり低い水準なので、これを参考にしてしまうとかえって買取業者に足元を見られてしまい、安く査定額を出される可能性もあるので注意してください。
反対にうまい利用法は、

「ここで出た下取り相場よりも安い買取をしてきたところは絶対NG」

という、大まかな目安として活用にするといいでしょう。

車買取相場を調べられるサイト一覧

過去の取引データをもとに、買取相場を出す機能を持ったサイトは多くありますが、その精度には大きくブレがあります。
そこでここでは、数多くの中古車を実際に査定し買取してきた筆者の経験上、かなり正確な相場をチェックできるところから、利用しやすい簡易なサイトまで、いくつかおすすめのところを紹介しておきましょう。

●おすすめ相場調査サイトその1 オークサポート

オークサポート

全国にある業者間中古車オークション会場での取引履歴から、非常に細かい相場情報が吸い上げられているサイトで、筆者もよく参考にしています。
以下のように、車体についての情報を細かく入力すればするほど、正確な買取相場がゲットできますが、

オークサポート相場表

少々車について詳しい方でないと、出てきた情報を正確に分析できないので、「上級者向け」と当サイトでは考えています。

●おすすめ相場調査サイトその2 ズバット車買取比較

ズバット車買取査定表

続いては、いたって簡単な情報入力で愛車の買取相場がチェックできるこちらを紹介。
トップページの2項目を入力し先に進み、

「年式・大まかな走行距離・用途・カラー」

ズバットの相場

を入力すると、全く匿名の状態で前後6か月の相場の動きを、見やすいグラフ表示で確認することもできます。
ただしこちらは、非常に簡単な操作で愛車の買取相場が確認できますが、出てくる相場の正確性で言えば前述のサイトには及ばない、参考程度の「初心者向け」といえるでしょう。

●おすすめ相場調査サイトその3 かんたん車査定ガイド

車査定ガイド

最後におすすめするのは、エイチームが運営する一括車査定サイトである、「かんたん車査定ガイド」です。
ここのポイントは、2段階で愛車の買取相場がチェックできること。
まずは1つめ、このサイトでは住所も名前も電話番号すら入力しない全く匿名の状態で、参考買取相場と利用して愛車を売却したユーザーの声を、同時に確認することができる機能があるのです。
例えば、スズキワゴンRの場合、

車査定ガイドの車の口コミ

このような感じで、売却した車体の年式と買取査定額、さらに実際の売却先とその印象などのリアルな口コミを、チェックすることができます。
車の買取査定で、確かに買取額も気になりますが、買取業者がどのような対応をしたのかを気にしているユーザーも多い。
ネットで各業者の評判をチェックしても、それがリアルな利用者の声なのかわかりませんが、この機能の特徴はサイトを経由して実際に売却した方にアンケートをかけ、口コミ紹介している点です。
また、紹介した口コミの下にはその車種の歴史や、近々の関連ニュースなどが紹介されていて、

「とにかく査定依頼をしなさい!」

といった、押しつけがましさも皆無。
ですので、その名前の通り「かんたん」に買取相場を探りながら、単純に車情報サイトとして見て回るだけでも、買取査定に関する知識が深まります。
ただ、もっと詳しい買取相場を知りたい場合は、個人情報や車両情報をを入力し、一括査定申し込みをする必要があります。
しかし、申し込みが完了した後に出てくる愛車の概算買取相場は、正直言ってお世辞抜きにかなりの精度。
これを武器にすれば、実際に依頼した買取業者と対等な立場で、査定交渉に臨めるレベルと筆者は高く評価しています。
匿名ではないため、電話やメールでの連絡は入りますが事前に大まかながら買取相場と、買取業者への口コミをチェックできるので、買取額や評判が気になる業者がピックアップされた時は、申し込みに進まないという手もアリです。

1つのサイトに頼らず併用すると正確性がアップ!

前項で3つのサイトを紹介しましたが、この他にもたくさんの相場情報サイトが世の中には存在します。
数サイトを併せてチェックすることで、より正確な買取相場が見えてきますが、筆者のおすすめは、

1、「ズバット買取比較」で、近々の値動きを軽くチェック。

2、余裕がある方は「オークサポート」において、愛車の状況と合致する車体の取引相場もチェックしておく。

3、「かんたん車査定ガイド」で、買取業者の評判も併せて確認し、問題なさそうなら本依頼に進む。

という合わせ技。
最終的に、「かんたん車査定ガイド」で依頼しても、必ず売らなくてはいけないなんてことは当然ありませんので、

「売る気はまだないが現時点での愛車相場を知りたい」

という方でも、安心して試すことができます。

買取相場を調査した後はどうするの?

上記のサイトを使えば、概算とはいえ愛車の買取相場を知ることができますが、それだけでは不十分。
プロの車ライターとして活動をしている筆者の場合は、もう1つの方法で買取相場を調査し、上記サイトのデータと複合させて、現時点での買取相場をはじき出しています。
そのもう1つの方法とは、

中古車地販売価格からの査定額調査

という、これまで多くの車を買取してきた筆者だからこそできる、買取相場の算出法です。
ただしこの方法は、

車が値崩れする要因

車種・年式
グレード
カラーリング
装備

などなど、車体・モデルごとの人気傾向や値崩れする要因を知り尽くし、販売価格に対して現状どの程度の割合で買取されるのかを、「経験」として身に着けていないと無理。
正直、一般ユーザーに販売価格から正確な買取相場はじき出すのは、まず不可能でしょう。
ただ、「販売価格の6~7割が買取相場」という業界のセオリーはあるので、100万円の車体価格が付けられている車体と同程度の車は、

60~70万円

で買取される傾向がある。

ですので、

カーセンサー
グーネット

などの大型中古車情報サイトで、自分の車と同じような条件の中古販売車を検索し、

「販売車体価格×0,6」

をすることで、大まかな買取相場をチェックできます。
買取査定においては、とにもかくにも相場情報をたくさん持っているユーザーが有利であり、高い買取査定額をゲットできる「勝ち組」となれます。
ですので、

一番安い下取り相場
買取相場サイトで仕入れた情報
販売価格から算出した買取相場

の3つをセットにして準備しておけば、査定士もそう簡単に安く買い叩けない手ごわいユーザーと判断し、交渉を進めるはずです。

現在人気の車の買い取り相場一覧

この項では、筆者独自の方法で算出した人気車種の買取相場を一覧にして、何車種か紹介しておきます。
なお、年式はすべて現時点で5年落ちとなる2012年式、グレードもスタンダードなもので、走行距離は一般水準として評価される、4~5万kmに統一をして買取相場は算出しています。

 

メーカー 車種 概算買取相場 買取査定のポイント
トヨタ プリウス 65~88万円

 

いわずと知れたHVの代表格で、基本的にはどんな車体でも高額査定の対象となる。ただ、大ヒットした3代目となるこのモデルは中古出物が多いため、業者ごとの相場変動には注意が必要。
ホンダ N-BOX 40~52万円

 

軽自動車の枠に収まらず、全車種中NO,1の販売数を記録したモンスター車種。2017年9月にニューモデルが登場したため、以前より若干値崩れを見せるものの、それでも高額の買取相場で安定している。
日産 セレナ 82~105万円

 

今や、日産イチの人気車種といっても過言ではない、こちらの買取相場はかなりの高レベル。車内が綺麗に保たれている方が高価査定される傾向にあるので、オーナーは管理に注意。
ダイハツ ムーヴ 35~47万円

 

ムーヴといえば、横開き式のリアドアが代名詞でしたが、現行6代目は跳ね上げに変更されたので、この年式のモデルが最後。横開き式ドアは、脇元などを気にする女性を中心に支持され、中古車として依然人気の高い。
スズキ ワゴンR 37~50万円

 

2017年2月、一部グレードを除きHVとなった新型が登場し人気が出だしているため若干買取相場が下降気味。乗り換えを考えている方は、早めの売却も視野に入れるべき。
三菱 デリカD5 105~115万円

 

本来であれば、前述したセレナのライバル車種として、高い評価を受けるべき名車。ですが、三菱自動車全体の不祥事のあおりで、新車車体価格に対する残価率、リセールバリューが下がっている状況。
VW(フォルクス・ワーゲン) ゴルフ 60~72万円

 

輸入車はその買取査定が厳しめである中、このゴルフに関してはそのコンパクトな車体と小回りの良さ、さらにVWらしい安全性能と走行性の高さから輸入車専門業者以外の買取店でも比較的高く買取をする傾向がある。

相場より高く売れる事もあるし、安く買い取られてしまう事もある

上記でいくつかの車種の買取相場を紹介した後、すぐにこんなことを言うのは、ちょっと無責任かもしれません。
しかし、事実ですのではっきりというと、どの買取相場サイトを利用しようが、プロの立場で綿密に計算しつくした相場であろうが、それより高い価格で買い取られることもあれば、大きくダウン提示を受けることもあります。
そしてそれは、

  • 人気車or不人気車
  • 年式が新しいor古い
  • 新車時の価格が高いor安い
  • 国産車or輸入車

などといった、それぞれの車体条件を一切無視して、すべての中古車で起こることです。
わかりやすくするために、極端な話をするなら、買取相場が500万円である高級輸入車でも、街の小さな販売店からすれば、販売ユーザーを見つけにくい無用の長物。
万が一売れ残ったり、転売しようにもオークションで流れてしまうと莫大な維持費がかかるため、ダウン査定どころか「査定不可」となるケースすらあります。
また、前述した高級輸入車は特殊な例ですが、国産車種であっても中古車となれば、

  • 長距離通勤に利用する車体
  • 普段近くに買い物にいくだけの車体
  • 家族でのレジャー使用

などといった用途によって車両の状況が変わってしまい、相場通りの買取査定になるとは限りません。
それよりもっと影響するのが、買取業者ごとに得意とする車体が違うことで、

  • 軽自動車専門・・・軽自動車ニーズの高い、郊外に店舗を持っていることが多い。

ミニバン、ワンボックス専門・・・駐車スペースの確保が難しい、都市部ユーザーをターゲットとしている。

  • 輸入車専門・・・全国的に輸入車ユーザーの多い、神奈川・愛知・東京・大阪に乱立している。
  • エコカー専門・・・以前は少数派だったが、近年HV・EV車を専門的に取り扱う業者も急増してきている。
  • 廃車・不動車専門・・・海外輸出やパーツ取り、鉄資源としてのリサイクルを主に行う業者。

廃車王の評判とは?手続きの流れと廃車の売り方を徹底解剖

などのように、取り扱う車種に専門性を持たせている業者も多く、それぞれの車種を高額買取の対象にしています。
明確に看板やサイトなどに表記されている時は、それぞれに査定を申し込めばいいでしょうが、明記していない場合も多くあります。
また、

  • 買取した車を商品化し自社で販売する「直販型買取店」・・・ラビット、アップルなど。
  • オークションに出品をして利ざやを稼ぐ「転売型買取店」・・・ガリバー、ビッグモーターなど。

のように、一般ユーザーにはわかりにくい「業態の種類」によって生じてくる、買取傾向違いも生じてきます。
もっと言えば、買取査定時に車体をチェックする査定担当者も、機械ではなく人間であり、

  • 職位・・・最終的な査定額の決定権があるかどうか
  • 経験値・・・これまでの査定台数やメカニカルな知識量に差が出る

などに加え、もちろん業者ごとに定められているマニュアルには沿って査定をしますが、個人的な趣味趣向も、若干ですが査定に影響してきます。
つまり結論を言えば、

車体の状態×業者の特徴×査定担当者の判断

という、まさに天文学的になる組み合わせによって中古車相場は決定するため、正確な買取相場というものは、「この世に存在しない」と、考えたほうがいいでしょう。

安く買い取られるのには理由がある。一括査定を使用すれば大丈夫

こうなってくると一般ユーザーからすれば、一体全体どうしたら高く愛車を売ることができるのか、チンプンカンプンになるはず。
それをうまくクリアにできるのが、筆者が再三おすすめしている、車の一括査定サービスなのです。
一括査定サービスには、上記で紹介した様々な特徴を持つ買取業者が、大小入り混じって多数参加をしています。
得意車種や規模が違う買取業者に対し、同時に査定依頼をかけられるため、唯一無二の存在である愛車について変化する買取額を、簡単に比較することができるのです。

一括査定を使うだけで高い買取がされるの?

一括査定を利用すれば、愛車の買取額を見比べることができるのは、わかっていただけたでしょう。
ですがあくまで、

「変化する買取額をチェックできる」

という意味であり、必ずしも調査で得た相場より高くなるという訳ではない、という事をお断りしておきます。
ただし、車を売却するという行動をとる中で、

下取り<単独業者での買取<複数業者の競合による買取

になるのは紛れもない事実で、複数の業者に相見積もりをかけることが、愛車を高く売る唯一の方法です。
ここで知っておいて欲しいのが、一括査定を経由しての依頼された業者は、入力された車両情報を分析したうえで他社の特徴を加味し、どの程度の買取相場で競合をしてくるのかを、ユーザーよりもよく理解しています。
要するに、一括査定を利用するだけでいちいち相場情報をかき集めなくても、これまでの買取データや知識も豊富な買取業者同士で、勝手に買取相場をチェックし合わせることができるという訳です。
ですので、実は一括査定に申し込んだ時点で相見積もりは成立、まだ実車を見せていない時点でも、水面下で競争相手とのつば競り合いが業者間で行われます。
つまり、一括査定を利用するだけで、愛車の査定額が上がってくる可能性が、大幅にアップするという訳です。
最後にもう一度お断りしますが、一括査定を利用したからといって、調べた買取相場を必ず上回るとは言えません。
ただ、愛車を少しでも高く売るためには、一括査定サービスの利用が不可欠であるとだけは、筆者も断言をしておきたいと思います。


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 


日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


高額査定を出す事で有名なズバット


車の買い取り業者がもっとも多く高額な車の買い取りも出したい方にはズバットがおすすめ
更に今なら10万円当たるキャンペーンがあるのもお得ポイント!
査定入力の速さも最短45秒で完了!高額査定を目指すならスバットへ
買取業者を選べるのもプラスです
>>簡単45秒のズバットの見積もりはこちらです<<
ズバト車の一括査定
ズバット車買取比較の評判やメリットを解説