nayami

高く車を売りたいけれど、自分の車は大体いくらで売れるのか分からないという方が多いのではないでしょうか。
今回は車を安く買い叩かれてしまう人の特徴と車を高く売るためのコツをご紹介します。

車の売却で損する人の特徴

車の状態と売却相場で悩む男性

車を安く売ってしまう人とはどのような特徴があるのでしょうか。
車を売却する際損をする人の特徴は以下の3つです。

特徴1「車が汚い」

車の査定は機械が全自動で行うのではなく、目利きの鑑定士によって行われます。
お菓子の屑が散乱し煙草の灰が落ち放題、飲み物をこぼしたシミが多い車に高値を付けられるわけがありません。
また、車内の汚れが多いと次のオーナーさんに悪い印象を持たれてしまい、買い手がつかないなんてこともあります。
買い取り大手のガリバーやカーセブンでは査定額アップのポイントとして「車内の清掃」を挙げています。
逆にディーラーの場合、販売前に自社でクリーニングを施すため、車内の清潔さが重要視されないことが多いようです。
しかし、キレイな車はだれがどう見ても好印象なのです。
査定に出す前は必ず車内を清掃するようにしましょう。

 

特徴2「一社しか査定に出さない」

一社しか査定の申し込みをしていないと、まるでその業者が出した査定結果が高値のように見えてしまいます。
ご自分が「大体このくらいかな?」と思っていた価格を上回ればそこで満足してしまうのです。
もし業者が底値以下の査定額を出していたら、それは大損です。
他にもディーラーへ下取りに出し車を買い替える場合、査定額が安くても「新車の頭金代わりになれば」と我慢してしまうオーナーさんが多い現状もあります。
しかし、ディーラーと他買取企業の査定額が30万円違ったとしても納得できるのでしょうか。
車の買い替えを予定している場合こそ、一社のみの査定は危険と言えます。
 

特徴3「書類にすぐハンコを押す」

業者から査定額を提示され、すぐにハンコを押してしまうのは損なのです。
買い取り業者は車を相場より安く買い取るため、言葉巧みに売却を迫ります。
「今売ってくれれば査定額にプラス○○万円上乗せします」というトークで他の業者と比較することを防ぎ「いくらなら売りますか」というトークで相場より安く答えると、相場以下で買いたたかれてしまう可能性があります。
業者のセールストークや「こんなもんですよ」なんて言葉に負けて書類を書かないよう注意しましょう。

車を売る際に必要な書類は下記からご確認下さい。
車を売る際に必要な手続きと書類まとめ
 

特徴4「キズをすべて修理してから査定に出す」

少しでも査定額を挙げたいという気持ちから、ディーラーにかすり傷の修理を依頼していませんか。
よく注意してみないとわからないかすり傷は無いに超したことは無いのですが、修理は不要なのです。
修理費用が査定額に丸ごと反映されるのかというと、ほとんどのケースでは反映されていません。
傷やへこみがある車は買い取り出来る?査定額と修復方法をご紹介

ディーラー曰く「数年乗っていればかすり傷はついていて当たり前」とのことです。
また、車検を取ったら査定額が高くなるというのは、あながち間違いではありません。
しかし、車検に20万円かかったとしても査定額が20万円上乗せされるわけではないのです。
目立たないキズは直さず、車検は取らずに売却してしまうほうがお得と言えます。
 

車の売却で得する人の特徴

車の売却で得する人の特徴を話す女性

特徴1「車をキレイにしている」

損する人の特徴でも触れた通り、車内の汚れは査定額に響きます。
逆に愛車をキレイに乗っていると好印象です。
普段からハンドルカバーやシートカバー、シートベルトカバーなどを付けている方は非常に有利と言えます。
他にも純正マットのよごれが少ないことや内装の傷が少ない場合、査定で高評価につながります。