nayami
高く車を売りたいけれど、自分の車は大体いくらで売れるのか分からないという方が多いのではないでしょうか。
今回は車を安く買い叩かれてしまう人の特徴と車を高く売るためのコツをご紹介します。

車の売却で損する人の特徴

車を安く売ってしまう人とはどのような特徴があるのでしょうか。
車を売却する際損をする人の特徴は以下の3つです。

特徴1「車が汚い」

車の査定は機械が全自動で行うのではなく、目利きの鑑定士によって行われます。
お菓子の屑が散乱し煙草の灰が落ち放題、飲み物をこぼしたシミが多い車に高値を付けられるわけがありません。
また、車内の汚れが多いと次のオーナーさんに悪い印象を持たれてしまい、買い手がつかないなんてこともあります。
買い取り大手のガリバーやカーセブンでは査定額アップのポイントとして「車内の清掃」を挙げています。
逆にディーラーの場合、販売前に自社でクリーニングを施すため、車内の清潔さが重要視されないことが多いようです。
しかし、キレイな車はだれがどう見ても好印象なのです。
査定に出す前は必ず車内を清掃するようにしましょう。

 

特徴2「一社しか査定に出さない」
一社しか査定の申し込みをしていないと、まるでその業者が出した査定結果が高値のように見えてしまいます。
ご自分が「大体このくらいかな?」と思っていた価格を上回ればそこで満足してしまうのです。
もし業者が底値以下の査定額を出していたら、それは大損です。
他にもディーラーへ下取りに出し車を買い替える場合、査定額が安くても「新車の頭金代わりになれば」と我慢してしまうオーナーさんが多い現状もあります。
しかし、ディーラーと他買取企業の査定額が30万円違ったとしても納得できるのでしょうか。
車の買い替えを予定している場合こそ、一社のみの査定は危険と言えます。

 

・特徴3「書類にすぐハンコを押す」
業者から査定額を提示され、すぐにハンコを押してしまうのは損なのです。
買い取り業者は車を相場より安く買い取るため、言葉巧みに売却を迫ります。
「今売ってくれれば査定額にプラス○○万円上乗せします」というトークで他の業者と比較することを防ぎ「いくらなら売りますか」というトークで相場より安く答えると、相場以下で買いたたかれてしまう可能性があります。
業者のセールストークや「こんなもんですよ」なんて言葉に負けて書類を書かないよう注意しましょう。
車を売る際に必要な書類は下記からご確認下さい。
車を売る際に必要な手続きと書類まとめ

 

特徴4「キズをすべて修理してから査定に出す」
少しでも査定額を挙げたいという気持ちから、ディーラーにかすり傷の修理を依頼していませんか。
よく注意してみないとわからないかすり傷は無いに超したことは無いのですが、修理は不要なのです。
修理費用が査定額に丸ごと反映されるのかというと、ほとんどのケースでは反映されていません。
傷やへこみがある車は買い取り出来る?査定額と修復方法をご紹介
ディーラー曰く「数年乗っていればかすり傷はついていて当たり前」とのことです。
また、車検を取ったら査定額が高くなるというのは、あながち間違いではありません。
しかし、車検に20万円かかったとしても査定額が20万円上乗せされるわけではないのです。
目立たないキズは直さず、車検は取らずに売却してしまうほうがお得と言えます。

 

車の売却で得する人の特徴

特徴1「車をキレイにしている」
損する人の特徴でも触れた通り、車内の汚れは査定額に響きます。
逆に愛車をキレイに乗っていると好印象です。
普段からハンドルカバーやシートカバー、シートベルトカバーなどを付けている方は非常に有利と言えます。
他にも純正マットのよごれが少ないことや内装の傷が少ない場合、査定で高評価につながります。

査定の際鑑定士がチェックすると言われるポイントは以下の5つです
・きついニオイ(芳香剤・タバコなど)
・シートの状態(へたり・シミ・破れ)
・ペットの痕跡(ニオイ・毛・汚れ)
・車内の傷(パーツの割れ・かすり傷)
・色褪せ

・特徴2「車の売り時を把握している」
夏に扇風機、冬に暖房が売れるように、車にも需要の高まる時期が存在します。
春になるとライフスタイルの変化による買い替えや免許を取ったお子様のため、夏はオープンカー、秋はSUVやミニバン、冬はエンジンスターター付きや4WDの需要が高まります。
需要の高まる時期に在庫を確保したい業者は少しでも高値を付けて買い取ろうとするため、ねらい目と言えます。
そのほか、モデルチェンジ後は価格が急落するため、売却を避ける必要があります。
つまり、車の売却で得する人は「モデルチェンジ前かつ需要が高まる時期を狙って売却している」という事なのです。
買い替えのタイミングについては下記からどうぞ
車の買い替えの時期やタイミングは?コスパの良い車の乗り換え術!

 

・特徴3「複数の会社に査定依頼する」
愛車を高く売却できる人の最大の特徴は、複数の企業に査定依頼をしていることです。
車の買い取り業者が談合でもしない限り、査定額に数千円から数万円の差が出ます。
そこで複数の業者に査定依頼し、一番高い査定額を出した企業に車を売却することで得をしています。
さらに上級者は、査定額が出そろったところで交渉に入ります。
A社の査定額をB社に提示し、買い取り価格を上げてもらうのです。
交渉と言ってもクレームがかったものではなく「もう少し高くなりませんか?」という一言が絶大な効果を発揮することがあります。
おすすめ!無料で出来る!車の一括査定

 

・特徴4「交渉上手」
車を高く売るコツの一つに、買い取り業者との交渉が挙げられます。
一括査定の後であれば、相場より高めの価格を提示し「○○万円ならすぐに売る」と宣言してしまうのです。
ほかにも、車の良いところをアピールすることで査定額をアップさせることに成功したケースがかなり多いです。
そして査定は人対人のため、高圧的な態度はかえって逆効果になるため注意しましょう。

いちばん大切なことは「相場を知ること」

中古車の売買には「相場がある」という事を念頭に置く必要があります。
愛車の相場を知ることは交渉をする上での武器になります。
相場を知らない人が査定額を見ても「こんなもんか」程度にしか思いません。
しかし、相場を知っている人が明らかに低い査定額を見れば足元を見られていることに気が付き、ほかの優良な企業で売却しようと行動します。

ここ数年、自動車情報サイトでも中古車の相場が確認できるようになりつつあります。
また、自動車メーカーのホームページでも下取り参考価格を調べることが可能です。
しかし、年式や走行距離などがばらついており自分の車に一致するものが無く、正確に相場を把握することは難しいと言えます。
愛車の相場は買い取り業者間でほぼ決まっているため、実際に査定に出してみなければ分からないのです。
そこで相場を正確に把握するために行いたいのが「一括査定」です。
一括査定とは何か、次の項目で詳しくご紹介します。

一括査定とは

一括査定とは、査定会社へ数社同時に査定を依頼することです。
一分足らずで最大10社へ査定依頼でき、1~2営業日中に査定結果の連絡がくるため非常に便利です。
なにより、わざわざ電話で申し込む必要が無く、同じことを何度も話さなくてもよいのは非常に楽です。
インターネットから申し込むため、査定会社の営業時間を待たなくてよいのもうれしいポイントといえます。

一括査定を申し込むメリットとデメリットをご紹介します。

一括査定のメリット


・申し込みが簡単

懇意のディーラーと近所の買い取り業者とメールや電話でひとつひとつ申し込みをするのは大変な手間です。
それに何度も同じことを話すのはストレス以外の何物でもありません。
一括査定を申し込むことで簡単に数社から査定を受けることが可能です。

・買い取り価格の高い業者を選べる

一括査定を依頼した業者の数ほど査定額があります。
それぞれの査定業者が提示した査定額を見比べ、一番高いところに売却するもよし、その価格を交渉材料に使用するのもよし、一石二鳥なのです。
相場を正しく把握し、悪質な査定業者に引っかからないためにも一括査定は必要と言えます。

・買い取り価格を上げるチャンスがある

買い取り業者は「安く買い高く売る」ことで利益を上げています。
需要の高まる時期に需要のある車を仕入れ、高値で売りたいのが本音です。
在庫を確保するためにほかの企業と競争しながら買い取ろうとする心理を利用し、他社の査定額をもとに、値上げ交渉を行うのが良いでしょう。

一括査定のデメリット

・一気に電話やメールがくる
一括見積や一括査定を利用すると、必ず電話が続々と来るものです。
一本電話え起きると間髪開けずにまた査定業者から電話がかかってくるため、電話嫌いな方はかなりストレスがたまります。
電話の対応を避けたい場合、一括査定の備考欄や連絡欄に「メールにて連絡希望」の旨を書き加えておくとひよど非常識な業者でない限りメールでのやり取りになるためおすすめです。
やってはいけないことは、いくら電話対応が面倒だからと言ってせっかく一括査定を依頼したのに電話に出ないなんてことが無いよう注意しましょう。
高値で車を売るチャンスを自ら逃すのは、非常にもったいないことです。

・訪問査定日時の調整
訪問査定を10社希望した場合、あなたの元へ10社の鑑定士が訪れることになります。
1社につき2時間と考えると単純計算で20時間、寝る間もなければ食事をとる暇もありません。
そのような事態を避けるべく、同じ時間帯に数社訪問してもらうようにします。
そうすることで企業間の競争意識を高め、査定額が上がる可能性があります。

一括査定のメリットとデメリットは以下の通りです。

・申し込みは1分程度で楽々
・数社に査定依頼することで車の相場を把握できる
・訪問査定の日程調整に注意が必要

実録!車の一括査定体験記

これは筆者が実際に一括査定を使用し、車を売却した生々しい体験談です。
これから一括査定を依頼してみようと思っている方の手助けになると幸いです。

2016年某日、5年間大切に乗った軽自動車を手放すことにしました。
車種は2011年式のマツダ キャロル(グレード:660 GS4 4WD)事故歴・修復歴なし、走行距離は25000キロでした。

前後のバンパーにそれぞれ1か所ずつタッチペンで修復した傷があり、遠目では全く目立ちません。
内装に目立った傷もなく、シートカバーをしていたため非常にきれいでした。

そんな愛車を手放すにあたり、まずはディーラーへ査定をお願いしました。
ディーラーから提示された査定額は【26万円】です。
やはりここで「そんなもんか、いや、高いほうじゃないか?」と思ってしまいました。
ここが車の売却に慣れていない人が落ちてしまう1つめの落とし穴です。
なぜなら、車の相場を知らずに勝手に「高値」と思い込んでしまうからです。
中古車情報サイトでは同グレードでオプションなしの車が3倍以上の価格で販売されているにもかかわらず「下取りはこんなものか」とあきらめてしまうのは非常にもったいないことです。

そんな査定額を兄弟に話したところ「そんな安いわけがない、もっと高く売れるはずだ!」と叱責されてしまいました。
それから中古車をより高く売る方法を調べるようになり。一括査定に出会ったのです。
一括査定サイトに車の情報を入力し、見積もり依頼を出したところ、たった2時間しか経っていないのに続々と連絡が入りました。
一番遅い業者でも4時間後に連絡がきたことに驚きました。
知らないフリーダイヤルからの着信がたくさん入ったため、「変な人だったらどうしよう、出て良いものか」と躊躇したことを覚えています。
そんな心配をよそに、どの業者さんも感じが良くホッとしました。

最終的に査定業者さんが提示してくれた【42万円】で売却することになり、ディーラーが提示した26万円との差に愕然としつつも非常にうれしくなりました。
今回は5年落ちの軽自動車であったこともあり、あまり期待していなかったのですが、ディーラーより16万円も買い取り額がアップし「相場を知らないと損をする」という事が痛いほど身に沁みました。
おかげで別の中古車を購入する際の頭金も増額でき、非常に満足した結果となりました。
もし「車のことはよくわからないから」とディーラーを盲信している人がいれば、そんな人にこそ一括査定で現実を見てほしいと感じています。

■まとめ
今回は車の売買で損をする人と得をする人の特徴と車を高く売るコツをご紹介しました。
車を高く売るには車の清掃はもちろん、一括査定で車の相場を正しく把握することが重要です。
あなた自身が損する人にならないよう、十分気を付けてお得に車を売却しましょう。


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70