shinsha

車を購入する際、新車と中古車どちらを選べばよいのでしょうか。
新車と中古車のメリットとデメリットをご紹介します。
新車の定義とは
新車とは文字の通り自動車メーカーが製造し、ディーラーが仕入れて販売する車で「一度もナンバー登録を行っていない車」を指します。
製造されたばかりの車特有の「新車の匂い」が好きな方も多いのではないでしょうか。

また購入の場合の現金とローンのどちらがいいかは下記にまとめてあります。

新車を買う時は現金とローンどちらがお得?

新車購入のメリット

新車を購入するメリットは次の2つです。

・自分好みのカスタマイズが可能
新車を選ぶメリットは「新車の匂い」はもちろんですが、なんといってもオプションやグレードを選ぶことができるカスタマイズ性にあります。
カスタマイズはATやMT、2WDや4WDなど車の機能性にかかわるものからカラーやホイールなど見た目にかかわるものまでさまざまです。
自分好みの車でほかの人と差をつける事ができるのは大きなメリットと言えます。

 

・新車購入時の減税措置が受けられる
新車購入時、ある一定の基準を満たした車を選ぶことで自動車取得税と自動車重量税の減税が受けられます。例を挙げるとトヨタ・アクア(グレード:G)の場合 72,600円が免除、さらに翌年度は自動車グリーン税制により 25,500円減税されます。
マツダのCX-5(グレード:XD)の場合、106,500円が免除され、新車購入時は「クリーンディーゼル補助金」まで出るため、かなりお得です。

自動車取得税の減税は 2017年3月31日まで、自動車重量税の減税は 2017年4月1日までと期限が定められているものの、毎年延長措置が取られており、2017年以降も期間が延長される可能性があります。
※注意:これは 2016 年 8 月現在の情報です

 

新車購入のデメリット

新車購入時の大きなデメリットは次の3つです。

・価格が高い
新車はなんといっても「高い」のです。
確かに自分好みのカスタムができるのは魅力的ですが、その分価格は上がっていきます。
エコカー減税を受け、ディーラーと価格値引きの駆け引きをしたところで、値引きにも限度があります。
新車を選ぶ理由は人により様々ですが、新車にこだわる必要が無いケースも少なからずあるのではないでしょうか。

 

・即納ではない
新車と言えど、整備や諸登録で 2~3 週間は必ず時間がかかります。
人気車種の場合、予約から半年待ちなんていうこともざらです。
急いで乗り換えたい場合こそ、新車の購入は向きません。

 

・現行モデルしか購入できない
機能より見た目を重視すると、過去のモデルのほうがかっこよかったという事はよくある話です。
しかし過去のモデルを購入しようとしてもディーラーでの取り扱いがなく、中古車を探すほかなくなります。

またもう一つのデメリットがなにかしらの理由で新車を売りたくなってしまった時です。

下記で詳しくまとめてあるので参考にして下さい。

新車を売却したい!車の査定はどうなるの

中古車の定義とは

ナンバー未登録車以外をまとめて「中古車」と呼びます。
極端なたとえですが、発売されたばかりの現行モデルを納車し3日で返品しても中古車という扱いになります。

中古車購入のメリット

中古車を選ぶメリットは次の3つです。

・コストを抑えられる
中古車の場合、新車と比べて価格が安いのが特徴です。
新車にこだわりのオプションをつけると価格が数十万上がるのに対し、そもそもオプションがはじめからついている中古車を選ぶことでコストを抑えることが可能です。
また、お子様に初めての車をプレゼントする親御さんの中には「どうせ免許取り立てだとぶつけるに違いない」「はじめは安い車に乗って、慣れたらいい車に乗り換えればよい」考える方が多く、中古車はその需要にこたえているとも言えます。

 

・納車までの期間が短い
中古車特有の傷や汚れを整備し、諸登録を行うだけで納車される点は中古車の大きなメリットです。
突然故障による急な買い替えでも、新車を購入するより断然早く手元に届きます。
筆者は同じディーラーで車を2台購入した際、新車は注文から納車まで3か月かかり、中古車は注文からたった2週間で納車されました。

 

・選択肢が多い
国内大手中古車情報サイトでは 386,237台もの中古車の中から理想の車を探すことが可能です。
中古車はメーカー問わず現行モデルから過去のモデルまで購入可能なため、選択肢が多いところがメリットと言えます。

中古車購入のデメリット

中古車のデメリットは以下の2つです。

・ほしい時に希望の車種が無い
車種にこだわりを持って探しても、人気の車種ほどすぐに「商談中」になってしまうものです。
トレンドのハイトールワゴンやSUVを探す場合、特にこの状況へ陥ってしまう事が多いです。
逆にガソリン車や軽自動車など流通量の多い車種は、この悩みから縁遠いと言えます。

 

・100%理想通りの車ではない
車にこだわりを持つ人にとって、中古車探しはある程度妥協が必要です。
ホワイトではなくブラックが良い、2WDではなく4WDが良いなど、理想にぴったりの車を探すことは難しいことです。
良い車が見つかっても、走行距離が10万キロを超えていると手を出しにくいですよね。
しかし、こだわりが無い人にとって「安くて選び放題」なのが中古車の良いところでもあります。
「あまり乗らないけど車はあったほうがいい」と考えるならば、デメリットなく車を購入可能です。

新車と中古車、選ぶならどっち?

車を選ぶうえで性能はもちろん大切ですが、購入を決めるのはやはり価格です。
グレードを下げ妥協した新車に乗るのであれば、コストを抑えてオプションを充実させた中古車をおすすめします。
「中古車はすぐ壊れる」というイメージを持たれがちですが、きちんと整備を行ったのち販売されているため、すぐに壊れてしまうという事は稀です。
中古車でもディーラーの延長保証プランなどを使用することで、万が一の修理費を新車程度に抑えることが可能です。

まとめ
今回は新車・中古車のメリットとデメリットをご紹介しました。
高くて良い車に乗ることも素晴らしいですが、コストを抑えて賢く車選びをしてみてはいかがでしょうか。

 


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70