車を売却する時や車検を受けるときには、必ずその車体にかかる自動車全をきちんと納付しているかを証明する、「納税証明書」が必要です。
今回は、大切なそれを紛失してしまった時の対処法について説明します。

なくした

自動車納税証明書をなくしてしまった場合

まずは慌てず騒がず、ちゃんと自動車税を納付したかをしっかりと思い出すことから始めましょう。
毎年4月時点で、その車を所有(使用ではない)方の元に、同月下旬から5月頭までに所有者の住所市町村から、納税する金額が入った納付書が届きます。
軽自動車は7,200円(乗用)、普通車はその排気量ごとに細かく29,500円~最高は111,000円まで細かく分類されています。

エコカー減税なども絡んできますが、毎年これを5月末の納期までに各市町村もしくはコンビニや銀行などで納付すれば、切り取られた印鑑捺印済の半紙が手渡されます。
実はこれが納税証明書となっていて、小さいため財布に入れっぱなしてレシートなどと一緒に捨てる方も多いのです。

いざ車を売ろうとしたり、車検を受けようとするタイミングで紛失に気付く場合が多く、「あら大変!」と焦ってしまう方も多くいます。

自動車納税証明書をなくした時に再発行できるの?

結論、安心してください!、納付さえしていればすぐに再発行可能です。
普通自動車を売却する時の名義変更や、車検を受けるときは、その書類上の手続きを車検検査場を併設した、各管轄の陸運支局で行います。

そして、大体その近くにある手数料などの印紙を購入するところの近くに、自動車税管理事務所か、納税証明書の再発行用の端末があるので、そこで無料再発行できます。
ですので、業者の中には、「イイよイイよ」と気軽に再発行をタダで代わりにやってくれるところも多くあります。

ただし、軽自動車の場合その自動車税の管理を各市町村がしているため、再発行するには当該役所の税金化を訪問しなければならりません。
ですので業者も、ある程度の手数料を請求してくるケースも多々あります。

いずれにせよ、納税証明書は簡単な手続きで再発行できるので、手数料を取られるぐらいなら自分で再発行したほうがいいですし、必要なものも車検証と印鑑のみなので、ぜひチャレンジしてみてください。

納税は義務であり、遅延すると延滞料も発生します

最後に、自動車税を納めることは車所有者の義務で納付をしていない車は、車検や名義変更ができないようになっています。

また、遅延すると延滞金が発生するうえ、法律上では1ヶ月延滞した車は差し押さえることができるようになっていますので、納付書が届いたら早めに納付するようにしましょう。
出来れば納税証明書も、無くさないように車検証入れなどにきちんと保管するともっといいでしょう。


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70