故障車

オーバーヒートの原因はいったい何なのでしょうか。
原因と修理費用、故障車を売却するコツとやるべき事をご紹介します。

オーバーヒートとは

オーバーヒートした車
「オーバーヒート」という言葉自体、寒冷地にお住まいの方はあまり聞き覚えが無いという方も多いのではないでしょうか。


オーバーヒートを一言で説明すると「エンジンが高温になりすぎて働かなくなる」という事です。
メーターパネルの「C」や「H」と書かれた水温器のHランプが付くと、オーバーヒートを起こしている可能性があります。

こんな症状が出たらオーバーヒートかも!

オーバーヒートすることによりどんな症状が現れるかご紹介します。

水温器のHランプが赤く点灯する

意外と見落としがちな水温器のランプですが、一目でオーバーヒートに気付く事ができる大切なランプだったのです。
水温器のランプは「C」がグリーンに点灯するか、消灯していることが多いです。

エアコンが効かなくなる

オーバーヒートすると冷房を付けてもぬるい風しか出なくなります。
車のエアコンが故障!査定額に与える影響とは?修理費用は?
逆に暖房をつけても温まらない場合、冷却水が足りずヒーターが温風を出せなくなります。
エアコンが効かないという事は、エンジンが十分に冷やされなくなっている証拠です。

エンジンルームから煙が出る

冷却水が減りエンジンが十分に冷やせなくなってしまい、冷却水が沸騰するとエンジンルームから煙が上がります。
冷却水が無い状態でエンジンを回し続けると故障の可能性があるため危険です。

エンジンルームから異音がする

エンジンルームから「カラカラ・ガラガラ」といった異音が聞こえる場合、冷却水を循環させるウォーターポンプが故障している可能性があります。
異音に気付きながらも無視しった結果、オーバーヒートしてしまうというケースもあります。

エンジンがかからない

もはやオーバーヒートの末期症状です。
速やかにディーラーや整備工場へ連絡しましょう。
 
 
修理は迅速に行わないと廃車の原因になりかねません。速やかに適切な処理を施しましょう。

オーバーヒートの気になる修理費とは

一言でオーバーヒートと言えど、その原因は様々です。
原因別に修理費をまとめました。

エンジン本体

車のエンジン

エンジン

エンジンはピストン、コンロッド、クランクシャフトなどなど様々な部品から構成されています。
ピストンとシリンダが焼き付いて異音を発生させ、シャフトが回らなくなることでエンジンが作動しなくなります。
どれか一つのパーツが原因と絞り込むことができればよいのですが、エンジンの焼き付きにより全体がダメージを受けていると、エンジンを乗せ換える(オーバーホール)しなけれまいけません。
そうなると修理費用が10万円以上になる覚悟が必要です。

コンプレッサー

エンジンに取り付けられたコンプレッサーが故障するとエアコンが効かなくなります。
エアコンのスイッチを入れた際「ギギギ」という異音が聞こえたら要注意です。
コンプレッサーの修理にはおよそ5万円以上かかります。

冷却装置

・ラジエーターおよび配管
ラジエーターとホースの修理及び交換の場合、町の整備工場の場合35000円?、ディーラーの場合純正部品を使用するため5万円以上かかることが多いようです。

サーモスタット

サーモスタットは「温度の番人」です。
サーモスタットが冷却水をラジエーターへ流さなくなると、エンジンはどんどん熱くなり、オーバーヒートを起こします。
交換費用はおよそ1万円?の場合が多いです。

冷却水

冷却水は月日が経つと徐々に減っていき、およそ2年で補充が必要と言われています。
冷却水はホームセンターやカーショップで購入可能です。
容量によりますが800円?と求めやすい価格で販売されています。
ご自分で冷却水の補充ができる方にお勧めです。

潤滑装置

エンジンオイル

エンジンオイルが減ることでシリンダとピストンが焼き付いてしまい、結果的にエンジンが高温になります。
エンジンオイルは冷却水と同様に月日が経つごとに減り、酸化・劣化するため、定期的な交換が必要です。
価格は容量により様々ですが、およそ3000円?20000円で購入可能です。

オーバーヒートした車は修理すべき?売却すべき?

オーバーヒートした車は売るべき?

オーバーヒートには様々な原因があり、それぞれ修理費用が掛かることが分かりました。
特にエンジンを乗せ換える必要が出た場合、費用面から大きな不安を抱えることになります。
オーバーヒートを起こしてしまった場合、よほど修理費用が現実的な場合やその車にこだわりがある場合を除き、手放したほうが良いケースが多いです。
オーバーヒートした車も売却可能なのか、次の項目でご紹介します。

故障した車も売却できる

ずばり、オーバーヒートした車(故障車)でも売却可能です。
故障の度合いにもよりますが、ほぼすべてのケースで買取可能と言えます。
ディーラーで査定額が出なかった車を専門に買い取る業者もいるため、諦めるのはもったいないのです。
オーバーヒートしてしまった車や事故歴・修復歴がある車も高値で買い取ってもらえたという例がたくさんあります。

廃車と売却、お得なのはどっち?

オーバーヒートした車は廃車と売却どっちが得か

なかには「オーバーヒートのせいでディーラーでは査定してもらえなかったから、いっそ廃車にしてしまおうか…」なんて考える方もいるのではないでしょうか。
廃車(抹消登録)と売却のメリットとデメリットをご紹介します。

○故障車を廃車にするメリット

故障車を廃車にすることで、自動車税を納める義務を免れます。
故障したまま「どうしよう」と長く考えるより即時廃車にすることで、先払いした自動車税と重量税・自動車保険が返納金として受け取ることが可能です。

×故障車を廃車にするデメリット

廃車にする際のデメリットとして、手続きが煩雑かつ点が挙げられます。
廃車には「一時抹消登録」と「永久抹消登録」の2種類があり、必要な書類もそれぞれ異なります。
ご自身ですべての手続きを行うには時間も精神的にも負担がかかります。
何より愛着を持って乗っていた車がスクラップにされることを考えると、涙が出てしまいそうですよね。

○故障車を売却するメリット

故障車や廃車でも正常な部品はリサイクルパーツとして使用され、レアメタルを含むパーツは重宝されます。
そのためディーラーように買取価格がつかないという事はなく、事故車でもほぼすべて買い取ってもらえるのです。
同じ理由から、故障車だけではなく事故車や20万キロ以上走った車も廃車にするのはもったいないといえます。

故障者を高く売るコツとは?

オーバーヒートしてしまった車を高く売るために何をすべきなのでしょうか。
やるべきこととやってはいけないことをご紹介します。

一括査定を申し込む

おすすめ!無料で出来る!車の一括査定

査定無料は当たり前の時代です。
なかでは査定に有効期限を持たせる業者もあります。
ディーラーとの信頼関係もとても大切ですが、動かない車を高く売却するならば、一番高く買い取ってくれる業者を選びたいですよね。

オーバーヒートをあえて修理しない

「故障しているなら直したほうが良いのでは?」と考えてしまいがちです。
しかし、仮にエンジンを乗せ換えに50万円支払ったとしても、車の査定額に50万円プラスされるわけではありません
修理するだけ損をすることが多く、故障している状態でも高く買い取ってくれる業者を探すことをおすすめします。

まとめ

今回はオーバーヒートの原因と修理費用、故障車を売却するコツをご紹介しました。
売却する場合、故障車だからと諦めず一括査定を申し込む事が大切です。
廃車にすることで煩わしい思いをするならば、高価買取をしてくれる業者を見つけましょう。
一括査定で賢くお得に故障車を売却してくださいね。


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70


安い自動車保険はこちら


10万円かかっていた保険料が2万5000円も安くなり、100000→75000円に!
最大20社に見積もりし、もっとも安い自動車保険を自動的に選別します。
たった3分で完了し、2万円以上したい方は無料見積もりをどうぞ
今の自動車保険は払いすぎてるかもしれませんよ!
>>簡単3分の無料一括見積もりはこちらです<<
hoken