今回のタイトルを見て、車を売るのにベストタイミングなんてあるの?と疑問を抱いた方も多いでしょう。
その答えは「大いにあります」、という訳で今回は愛車を手放すのにいいタイミングとそうではないタイミングについて詳しく理由も添えて説明したいと思います。

車を売るのに一番いいのは何月?

車を売るのは何月がいいの

今回はその売り時タイミングについて月単位で見ていきますが、必ずそのあたりが高値になることが改定なわけではなく、

「比較的高く売れることが多いよ!」

程度に受け止めてください。

車が高く売れる月がある?

想像してください、モノがたくさん、しかも売れるのはどんな時でしょう。
例えば、正月前はやたらとかまぼこや数の子、タラバガニなんて言った正月に食べる食品の相場が上がります。
バレンタインはいつもより高級なチョコレートでも飛ぶように売れますし、クリスマスなんかだと、ちょっと背伸びしたお高めのレストランや、高級シティホテルなんかも予約でいっぱいになってしまいます。
中古車市場もその「売れるとき」というのがはっきりしていて、当然ながらそれに備えて在庫を充実させねばいけません。
そして、中古車市場含め小売業は一般的にセールスが良く来店数も多い時期・月を「繁忙期」、反対に暇でどうしようって程来店客数もない暇な時期・月を「閑散期」とよんでいます。

じゃあ繁忙期って何月ごろなの?

車業界が華やかに、とにかくここで稼がないといつ稼ぐんだ!といった具合にセールを打って大商談会などを展開するのは、何といっても春、それも新卒者や転勤などで車が必要になってくる場合の多い2月後半から3月末までの早春です。
もし機会があったら、近所やスーパーの駐車場で車のフロントガラスについている、車検ステッカーをチェックしてみてください。
やたらと3月のステッカーが多いはずで、これは4月の段階で乗り出しをするためにはどうしても3月中に車検を済ませておく必要があるからで、これが4月になるとグンとその数が減ります。
新車販売数だけで見ても、3月はほかの月の倍以上の販売台数、登録台数になるのは毎年のことで、車業界最大のセールス月は断トツで3月です。
この新生活の開始というクルマのセールスタイミングと同時に駐機決算期でこれも人事異動などのタイミングとなる9月、夏・冬のボーナスが支給されることの多い6月と12月が一般的に繁忙期とされています。

【繁忙期と閑散期】車が高く売れる時期とは?

わかった繁忙期なら高く売れるんだ!はちょっと待ってください

前項の繁忙期を、その勢いの強さで並べ替えると、

「3月>9月>12月>6月」

となりますが、、この流れは新車市場だけでなく中古車市場にもそのまま引き継がれるため、ではそのタイミングで売れば、高い買取査定がゲットできるのかと言えばちょっと違います。
中古車の場合、買取査定をしてからそれを客が検討、時に複数業者で相見積もりをして売り先を決めるので、直販型の買取店の場合それで約1週間。
更に実際に買取が決まり入庫しても、それを商品化して店頭に並べるまで、車検やそれに伴う整備もかかれば2?3週間はかかってしまいます。
また、オークション会場に転売するスタイルも然り、落札する業者は3月中旬には商品在庫を充実させたいので、それを見越して2月が最もその取引量と落札価格が上がる時期。
つまり、各繁忙期の約1ヶ月前がベストの売り時、1月の下旬から2月いっぱいというのが、愛車を手放すいいタイミングの順番と言えます。

高く売れないという閑散期も知っておきたい!

実は閑散期だから車が高く売れず、必要以上に安い査定になる、という訳ではありません。
確かに3月に入ってしまったら、ギリギリ第1週ぐらいまでが頂点、それ以降はだんだんとピークを越えて、買取相場は下がっていきます。
ですが、夏のボーナス時期→中期決算→秋の行楽シーズンと、案外販売のタイミングも多いため、それほどはっきりと買取査定が下がるということはなく、「高くはない」程度。
しかし、12月の中盤になってくると、大きくその買取査定相場が下落する傾向にありますがこれは、その中古車が年をまたぐと1年、年式が古くなるから。
はっきり言って、数か月の違いで車自体の状態が悪くなる訳ないのですが、それを見に来て買うからすれば、紛れもなく年式の1年古い車としてみます。
ですので買取店も査定の時に12月に持ち込まれた車は、仮にそれが5年落ち現在の車であっても、6年落ちの車体として買取査定をしてくるわけです。
ここでワンポイントアドバイス、どうせ1年古い車としてしか評価されないのならば、車の調子が変わるわけでもない。
ですので、車検が残っているならば、1月末から2月まで売却を待った方が、差し引きプラスの買取査定を受けられる可能性があります。
更に中古車を購入する際、「〇〇年12月まで」の車検が残っている車体は要注意、2月ぐらいまで粘りたくても車検が切れるため粘って乗り継ぐことが不可能。
当然、新たに車検を受け直すメリットまではないので、12月車検になっていく中古車の購入時は、それを頭のどこかに入れておいてください。


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 


日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


高額査定を出す事で有名なズバット


車の買い取り業者がもっとも多く高額な車の買い取りも出したい方にはズバットがおすすめ
更に今なら10万円当たるキャンペーンがあるのもお得ポイント!
査定入力の速さも最短45秒で完了!高額査定を目指すならスバットへ
買取業者を選べるのもプラスです
>>簡単45秒のズバットの見積もりはこちらです<<
ズバト車の一括査定
ズバット車買取比較の評判やメリットを解説