皆さんは寒冷地仕様車というものがあるのをご存知でしょうか。

冬景色

「私は北海道出身!」という方はよく知ってらっしゃるでしょうが、この寒冷地仕様車とはどんなもので、もし売るとしたらどのようにするのが効率が良いかなどを、今回は詳しく説明していきましょう。

 寒冷地仕様車とは?

読んで字のごとく、寒く道路が凍結したり雪が降り積もったりする地域の気候条件に耐えるよう、専門用語では「特装」という追加装備や、使用ケミカルを変更した車を寒冷地仕様車といいます。

昔は長距離、長時間走る業務用トラックや商用車、RVなどになされることが多かったこの寒冷地仕様車。

しかし、一世帯当たりの車の保有台数の増加や年齢層の広がりに合わせて、セダンやワンボックスはもちろん、寒さで影響を受けやすいハイブリット車や電気自動車さらに軽自動車にも寒冷地仕様車が増えて、中古車市場でもよく見かけるようになってきました。

 寒冷地仕様車と普通の車の違い

・寒いとトラブルを起こす電気系統を一番に強化

寒さでトラブルを起こしやすいのは何を置いてもまず電気系統で、プリウスやアクアなどのエコカーに寒冷地仕様車が増えてきたのも、これが最大の理由です。

まずなされるのが、

 

バッテリーやオルタネーター(発電機)の容量アップ

コンピューターの設定変更

モーター類や電気配線の強化

 

などで、電気で駆動をサポートする車種には特に念入りな強化がなされます。

 

・さらに細かな点まで配慮されます

 

続いてなされるのが、エンジンの熱を下げるための装置であるラジエター内に入っている冷却水や、ウインドウォッシャー液を不凍性のものに変更すること。

合わせてラジエターは本体自体やサブタンクの素材を変える防寒処理がなされたり、使用回数の増えるウィンドウォッシャーはそのタンクの容量増加までなされることもあります。

 

続いて視界を保つためのワイパーブレードをリアにも追加したり、そのものをブレード全体が凍らないゴムで覆われている、スノーブレードワイパーに変更したりします。

さらに、ドアミラーに熱線を引き凍結による不明瞭を防ぎ、シートヒーターやリアダクトの増設といった室内暖房の充実などもなされます。

 

加えて寒冷地で冬場、積雪した際に道路に撒かれる除雪剤には非常に強い腐食性があるため、それに対応したマフラーなど車体下部の防錆加工。

通常車にもついていることの多い、リアガラスの結露や凍結を防ぐ電熱装備、デホッガの強化に至るまで実に細かく追加装着されます。

 

・どこが対象地域なの?

 

基本的には、日本の全メーカーが全体を「酷寒冷地」としている北海道で販売される新syはすべて寒冷地仕様、これらはオプションではなく標準装備されていて、他の地域で販売される通常の車種より、数万から十数万円高い価格設定がされています。

 

また、東北や北陸など準寒冷地を含むその他の地域ではオプション扱いとなり、希望者が購入できるスタイルになっています。

 

・寒い土地柄以外の場所でも寒冷地仕様車が買えるって本当?

 

本当です。

 

ここまで紹介した地方以外でも岐阜県の北部や中国地方の日本海側の地域は豪雪が降ることもしばしばあるため、今寒冷地仕様車を選択するユーザーも少なくありませんし、たとえそれは四国や九州であっても購入自体は誰でもお金を払いさえすれば可能です。

 

また、離島や沖縄県、更に海沿いで風邪の激しい地区では、海水が舞い飛ぶことで車のパーツが腐食する「塩害」を予防するため、防錆処理がされているこの寒冷地仕様車を選ぶケースも多々見られます。

 

■寒冷地仕様車は寒冷地以外でも売る事は出来るのか?

 

・需要は尽きることがありません

 

これについてははっきりというと、売ることができるというより通常の車より高値で取引されることも珍しくありません。

日本は基本的に四季によって目まぐるしく気温が変わり、ほとんどの地区で積雪や道路の凍結、ウォッシャー液やクーラント、ガラスの凍結などが起こります。

 

また、上記でもお伝えしたとおり、それらが少ない南の島や沖縄での需要も見込めることから、全国通してこの寒冷地仕様車は売ることが可能です。

 

・海外の寒冷地仕様車は別です

 

年中寒い気候の国で製造される車種については、全車種で寒冷地仕様がなされている場合もあり、たくさんの中古車も輸入されてはいます。

ただし極端に寒い国の車種は、凍結防止のためラジエターの容量を少なくしていることがあり、そんな車種は日本の暑さに耐えられずオーバーヒートしやすいデメリットもあります。

 

また、外国車特有のことですが、故障時に強化したパーツなどを入手するのが手間も値段の上でも大変で維持費がかさむので、一概に高値が付くとは言えないでしょう。

 

寒冷地仕様車を売る方法

 

いろいろな付加価値が望める寒冷地仕様車は、軒並み新車価格が高くなるためコスパの良い中古車の出物は大変喜ばれる傾向にあります。

また、特にスキーやスノボーなど冬のレジャーを好む方からの支持率が高いので、ネットオークションなどで売り手をピンポイントで探すときの良い売り文句にもなります。

 

ただし、その評価はやはり気候の寒いところの方が有利で、地域柄など買取業者で大きく異なります。

しっかりとその価値を評価してもらえる、全国にネットワークを持つ業者を探すために、一括査定サイトなどを利用して、たくさんの見積もりを取ったほうがよいでしょう。

一括査定は以下からご確認お願いします。

1分で出来る車の一括査定はこちら


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70