車のグー買取(goo買取)とはどのような買取なの?CMもオシャレでかわいい

なんと、母体である「中古車情報通信」が創刊されたのは、今から40年前の1977年のこと。
ライバル関係にある、リクルートのカーセンサーより7年前に創刊された、中古車情報雑誌として最古参である「goo」を、

中古車探しのために手にしたことがある

という方も非常に多いでしょう。
そんな中古車情報誌、gooのポータル版がグーネットであり、

goonet

グーネットが備える一機能として存在しているのが、今回詳しく紹介していく「グー買取」です。
上記トップページでも多用されているように、そのイメージカラーはレッドで、

「クルマ、まるごと。グーネット」

をコンセプトにした新CMで真っ赤なドレスを身にまとい、ダンスを通して「まるごと」を表現しているとても可愛い女性は誰?と、大変話題になっています。
彼女の正体はセブンティーンの人気モデルで、女優としても活躍中の八木莉可子(やぎりかこ)さん。
このgooのCMには、

  • 広末涼子さん
  • 上戸彩さん
  • 佐々木希さん

などなど、出演後に人気が浮上した女優さんたちも多く、今回出演した彼女の人気もどんどん上がってきているようです。

一括査定として他の査定サイトとどう違う?

さて、話題沸騰中のCMの話はこの辺にして、肝心の一括査定としての機能面をここからは紐解いてまいりましょう。

提携業者数は業界トップクラス!

グーネットを運営しているプロトコーポレーションは、

  •  GooPit(愛知・三重・岐阜3県にある修理工場検索サイト)
  •  GooParts(中古パーツ販売サイト・情報誌)
  •  GooWORLD(輸入中古車検索サイト・情報誌)
  •  GooBike(中古バイク検索サイト・情報誌)

などを展開。
さらに、2010年には国内最大のカーオークション運営会社、(株)USSと業務提携するなど、中古車やバイクに関するあらゆるビジネスを手掛ける大企業です。
そのため、グー買取もマッチングサイトとしての信頼感が厚く、約500社もの買取業者がグー買取には参加しています。
大手チェーンはもちろん、地元の中小業者や輸入中古車に取り扱う業者やパーツ取り用の不動車の買取を得意とする業者まで、そのバリエーションも豊富。
高い買取をゲットできるという評判も多い、人気・利用者共にトップクラスの一括査定サービスです。

中古車買い取りの相場が見えるおすすめサイト

前項で紹介した、グーネットトップページにある「車買取」をクリックすると、

goo買取

このグー買取のページへジャンプします。
当サイトが何より気になったのは、入力フォームの名目が「一括査定依頼」ではなく、「買取相場検索」となっている点です。
実は、このグー買取ではグーネットが有する、

  •  40万台を超える膨大な掲載中古車販売価格データ
  •  USSで業者間取引される月間20万台の取引データ
  •  検索時点での買取相場データ

を織り交ぜて、綿密な計算の元はじき出された概算の買取相場を、一括査定依頼の前の時点でユーザーが確認できるのです。
これはなんとしても試してみるべきと考え、下記条件で買取相場検索を実際にやってみました。

  • メーカー・・・トヨタ 
  • 車種名・・・プリウス
  • 年式・・・2010年(7年落ち)
  • グレード・・・G

するとページが変わり、

グー買取申込みフォーム

上記のように、詳細なデータを入力するフォームが登場しますが、郵便番号とメールアドレスは入力必須であるものの、電話番号の入力は求められていません。
ここでは追加条件として、

追加条件

車体色・・・ホワイト系
走行距離・・・65,000~70,000km
次の車検・・・H29年12月
車の売却検討状況・・・中古車検討中

を入力、併せて筆者の居住地住所の郵便番号およびメールアドレスを入れ、次に進んでみました。

かなり制度の高い買取相場が出た!

まずは、いろいろと述べる前に、気になる買取相場検索の結果を提示しましょう。

グーで出た車の相場観

今回設定した条件では、その買取相場が「48,2万円」と出ました。
この数字ですが、当サイトとして把握する同条件のプリウス買取相場からみても、筆者自身の経験と知識からしてもかなり高い精度で、さすが中古車情報サイトの筆頭格といったところ。
正直、一般的な一括査定サイトにある、買取相場情報機能の精度は高くなく、

客寄せのために高めの相場感を出す
クレーム防止のために相場感より安い無難な数字を出す

サイトがほとんどです。
しかし、このグー買取の相場検索機能は、運営するプロトが持つビッグデータをもとに、かなり真に迫ったところにまで突っ込んでいて、条件や車種を変えて試しても、かなり正確な相場をはじき出しました。
当サイトの評価としては、ユーザーにとって愛車を査定に出す際、相見積もりの指針に使えるレベルを保った、非常に便利な機能だと考えています。

一括査定だし、電話も相当しつこくてうざいの?

ここまで、一括査定サービスだとして解説をしておきながらなんですが、このグー買取は厳密にいうと、一般的に言う一括査定サービスとは、一線を画しているサービスです。
前項で紹介した買取相場の下には、入力した郵便番号から検出された、買取可能業者がズラッと並びます。
そして、この時点でグー買取での個人情報入力は終了し、検出された買取業者への直接オンライン査定依頼か、電話でのアクセスをしない限り一切営業電話も、メールでの連絡すらユーザーには入りません。
つまりこのグー買取は、一括で買取業者への査定依頼をかけられるのではなく、

愛車を積極的に買い取りたい業者を一括で紹介するサービス

となっているのです。

goo買取をおすすめするのはこんな人!メリットを解説

グー買取では、電話番号の入力なしでかなり正確な買取相場を知ることができるのが、何と言っても最大のメリットです。
では、入力をしたメールアドレスはどのように利用されるのかというと、

グー買取から送られてくるメール

このような形で、グー買取のトップページ上に挙がってきた買取店メッセージ更新についての連絡のみが、入力をしたアドレスにグー買取から送られてくるだけです。
一括査定の中には、ダイヤログのチェックで依頼業者を事前に選抜できるところも増えました。
ですが、買取業者がどんな特徴を持っているのか、愛車についてどれほど熱意をもって買取したいと思っているのか、一切うかがい知ることができません。
しかし、グー買取では上記のメッセージで、繰り広げられている

買取店のアピール合戦

をチェックしたうえで、査定先をチョイスすることが可能なのです。
よって、このグー買取がおすすめなのは、

  •  大量にかかってくる営業電話で、余計な時間を取られるのは嫌だ。
  •  乗り潰すか売却かを判断するために、愛車の買取相場を事前に知りたい。
  •  買取店の熱意を知ってから、査定依頼先を選びたい。

などといったユーザーだと、当サイトでは考えます。

中古車購入時にも便利!

もう1つお知らせしておきたい、このグー買取のメリットを活かす利用法が、

中古車購入時に前もってその車体のリセールバリューを調べる

という方法です。
例えば、2005年から7年間販売されていたモデルの最終モデル、つまり2012年式で現在5年落ちの中古車購入を、視野に入れているとしましょう。
そして、現時点で10年落ちになっている、2007年式の同モデル買取相場をこのグー買取でチェックすると、その車を5年間乗ったときのリセールバリューが、大まかながら判明します。
この時、1年あたりの予測走行距離を計算し5年分プラスすると、より5年後の買取予想額の正確性が増します。
この方法を使えば、リセールバリューが少なければ乗り潰し用に、高ければ乗り換えなどといった、将来のカーライフ設計に役立ちますので、興味のある方は試してみてください。

goo買取の一括査定を行う時の注意点やデメリットを解説

グー買取について、機能的にはデメリットらしいデメリットが、あまり見つからないというのが当サイトの本音です。
ただ、利用方法を誤った場合、他の一括査定と比べて査定額が低めになってしまうデメリットが発生する可能性のみ、お伝えしておかねばなりません。
なぜなら、自動的に買取業者に入力情報が伝わる一括査定では電話からして競争で、実査定に入るころには、業者も必死になって査定額を競わせます。
それが一括査定の醍醐味であり、確かに電話ラッシュはないものの一辺に査定依頼をかけないこのグー買取では、高い査定が引き出せない可能性があるのです。
しかしそれも使い方次第、グー査定ではどっしりと腰を据えた状態でアピールしてきた買取店と1社ずつ実査定に望めますので、キチンと相見積もりを数社で取りさえすれば、愛車をより高く売ることもできます。
また、いくら正確性が高いとはいえ、買取相場検索で出てきた金額は、あくまでも参考程度にとどめるべき。
1社目の依頼で、それを上回ったからと早々に売却先を決めてしまっては、せっかくの便利機能が活かしきれません。
総合して、当サイトが考えるこのグー買取利用時の注意点は、

とにかく複数の業者に根気強くアタックをかけること

この1つにつきます。

事故車でも買い取ってもらえるの?まずは一度査定に出すのがおすすめ

近年では、海外需要に応えた中古車輸出も盛んなため、以前よりずいぶん事故車の買取についての敷居が低くなりました。
グー買取の提携業者の中には、輸出ビジネスへの参画を積極的に行っている大手から、事故車の買取を得意とする、中小の専門業者も多数存在します。
しかし、事故車などといった訳あり中古車を高く売るには、買取査定を依頼する数をとにかく増やすことが大切。
営業電話に悩ませることはないものの、1件1件アプローチを繰り返さねばならないこのグー買取は、少々面倒かもしれません。
ですので、事故車・不動車・極度の過走行車・古い車体を売る際は、

などといった、数多くの業者に一括で査定依頼可能なサービスの方が、もしかしたら適しているのではないか、と当サイトでは考えています。


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 


日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


高額査定を出す事で有名なズバット


車の買い取り業者がもっとも多く高額な車の買い取りも出したい方にはズバットがおすすめ
更に今なら10万円当たるキャンペーンがあるのもお得ポイント!
査定入力の速さも最短45秒で完了!高額査定を目指すならスバットへ
買取業者を選べるのもプラスです
>>簡単45秒のズバットの見積もりはこちらです<<
ズバト車の一括査定
ズバット車買取比較の評判やメリットを解説