ガソリン

車の査定に出す時にガソリンはしっかりいれるべき?

車の査定に出す際に、「ガソリンが空に近い状態では失礼ではないのか。」と思う人が多いようです。

確かに新車購入の際に、納車のサービスとしてガソリンを満タンにして渡すこともありますし、レンタカーなら返却の際に、ガソリン満タンにするのは当然のことです。

しかし、車の査定に出す時にガソリンはしっかり入れる必要性は全くありません。

なぜなら、ガソリン量が満タンであっても査定額がプラスされたり、空に近くて査定額がマイナスになったりすることは基本的になく、査定額に影響はないのです。

ただしあまりに残量が少なく、給油ランプが付いた状態では、車査定士が車を引き取って中古車買取専門店に戻ることができないかもしれません。

そのためにも、必要最低限のガソリン量は残してあげた方が親切かもしれません。

では必要最低限のガソリン量とはどれぐらいかと言うと、給油ランプが付かない程度のガソリン量であると思われます。

車は燃費によって変わりますが、給油ランプが付いてから50kmぐらいは走ると言われています。

給油ランプが付くか付かないかぐらいのガソリン量があれば、車を運ぶには十分な量になると思います。

査定日まで日にちがあり、買取希望の車をそれまで乗り続けるのであれば、給油ランプが付くタイミングを知った上でガソリンを補充した方が、一番損をしないかもしれませんね。

ガソリンは満タンにした方がいい?

ガソリン量を満タンにしていても査定額がプラスされることはありません。

なので、ガソリンを満タンにする必要はありません。

仮に、ガソリン量が少ないからと言っても、車査定士が不満を述べたりすることはありません。

反対に、廃車になりそうな車の場合は、ガソリン量が少ない方が良いみたいです。

ガソリンタンクにガソリンが残っていると、後処理が大変になるようです。

下取りや買取する車のガソリンタンクから、別の車のガソリンタンクにガソリンを移すことも簡単にできることではありません。

車の売却を考えたのであれば、極力ガソリン量を減らしてから渡すようにしましょう。

ガソリンを入れないと査定額に影響がある?

前述の通り、ガソリンの量が満タンに近くても、空に近くても基本的に査定額に影響はありません。

ガソリンをたくさん残しておいてもほとんど意味がありません。

しかし、ガソリン量が全くの空でエンジンが掛けられない状態では査定ができないので、それは避けないといけません。

所有者が自分のお金で入れたガソリンなので、車査定士に迷惑を掛けない程度の最低限度のガソリンを残して使ってしまう方が良いです。

車の乗り換えや買い替えの時のETC操作

車を買い替えた時にETCのセットアップはどのようにすればいい?

ETC車載器には、その車にあった高速料金が徴収できるように、車に関する情報が登録されています。

そのため車を買い替えて、別の車にETC車載器を載せ替えた時は情報登録を変更し直す必要があり、そのためのETC再セットアップが必要になります。

普通車同士ならETC再セットアップをおこなわなくても良いとの書き込みも見ますが、おこなっていた方が良いと思います。

軽自動車から普通車にETC車載器を載せ替えたのなら、必ずETC再セットアップをおこなわないといけません。

普通車なのに軽自動車の料金で高速道路を利用していることになり、犯罪になってしまうからです。

しかしETC再セットアップは、個人でおこなうことはできないのです。

ETCセットアップ店として登録されているお店で、ETC再セットアップを頼むことになります。

登録されている店は、ディーラーや中古車販売店、自動車用品店などで数多くあります。

どこのお店でも可能なので、お店探しで困ることはないと思います。

ETCセットアップ店で頼むことになりますので、必然的に料金が掛かることになります。

ETC再セットアップに掛かる料金は、お店によって違いますが、おおよそ3,000円ぐらいです。

さらに、ETC再セットアップをおこなうためには、必要書類を揃えないといけません。

ETC再セットアップに必ず必要な書類は、車検証・車載器(電源ケーブル)・免許証になります。

また、状況により別に書類が必要になることもあり、それはセットアップ申込書と委任状になります。

セットアップ申込書は店頭に置いていることがほとんどですし、委任状は車検証上の利用者が不在で、ETC車載器を搭載する車も持参することができない場合になるので、ほとんどの方が不要になると思います。

後、車載器登録番号と形式登録番号の控えがあれば、スムーズに進みますが、無くても問題ありません。

 

ETCマイレージの変更方法

 

ETC車載器を載せ替えた場合、ETCマイレージについても、車種の変更をおこなっておきましょう。

前述したETC再セットアップ完了後、ETCマイレージサービスの登録情報(車両番号)変更の手続きをおこなうことになります。

変更の手続きは、インターネットか、もしくは書面郵送のどちらかから申し込むことができます。

ETC車載器を残したまま車を手放し、新しい車に新しいETC車載器を搭載した場合も変更が必要になります。

その場合は、ETCマイレージサービスの登録情報(車両番号および車載器管理番号)変更の手続きをおこなうことになります。

こちらの変更の手続きも、インターネットか、もしくは書面郵送のどちらかから申し込むことができます。

またETCマイレージの登録を変更していない状態で、ETC車載器を載せた車を手放すと、新しい所有者がETCマイレージサービスにETC車載器を登録しようとしてもできない状態になります。

車載器管理番号が前の所有者のままになってしまっているからです。

車を手放した段階で、ETCマイレージサービスの登録情報の変更を必ずおこなっておきましょう。

 

査定に出す前にETCは取り外すべき?

 

「ETC車載器をつけたまま、下取りや買取に出しても問題ないのか。」と言われたら、全く問題はないです。

車を手放した側が、特に何かをする必要はなく、下取りや買取業者が、次の所有者に納車する前に、ETC再セットアップをおこなうからです。

ですので、査定に出す前にETC車載器を取り外すか載せたままにするかは、査定額次第と言うことになります。

ETC車載器を載せ替えるとなると、ETCを取り外す際、取り付けをする際、ETC再セットアップでそれぞれ費用が掛かってきます。

また、ETC車載器を外した状態の車にすることで、査定額が少し下がるかもしれません。

ETC車載器をそのまま残した状態で手放すと言うことになると、新しい車には、新しいETC車載器が必要になり、購入しないといけなくなります。

また、その新しく買ったETC車載器を取り付けするための工賃も発生します。

ETC車載器を載せ替えるか、そのままつけたまま手放すかは、その下取りや買取査定額の値差を比べてみれば良いと思います。

 

ETCが盗難にあった時はどうすればいい?

 

ETCの盗難に関しては、ほとんどがETCカードの盗難であり、ETC車載器が盗難されることはどちらかと言うと多くはありません。

ETC車載器も安くなり、売っても二束三文になること、また盗んだETC車載器を利用するとなっても、ETC再セットアップが必要になり、車両情報などが全て登録され、すぐに足がついてしまうからです。

しかしそれでもETC車載器の盗難が無くなる訳ではなく、こちらが万全にしていても車上荒らしに遭い、盗まれることもあります。

ETCカードが盗まれた場合は、まずクレジットカード会社に連絡をし、カードの使用を止めてもらう必要性と、万一のための盗難補償を適用させないといけません。

その後に、警察に連絡をします。

ETC車載器が盗まれた場合は、これにより、すぐに不正利用される訳ではないので、警察に連絡をし、盗難届・紛失届を提出することになります。


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70