中古車を査定するときひとつの見極めポイントになるのがその車の年式で、特に10年というのが大きな査定を決めるラインとなってきます。
そこで今回はこの10年落ちといわれる中古車に対する査定傾向を紹介し、それを高く売るにはどうすべきかなどを説明してまいります。

10年たった車って売れるの?

売れるか売れないか・・・売れます

10年たっていようが20年たっていようが、リサイクル法が制定され廃車でも一定の買取額が期待できる今では、「売れる」がこの質問へのはっきりとした回答です。
ただし、中古車業者がオークションにしろ直販にしろはたまた海外への輸出にしろ廃車ではなく「売り物」として10年落ちの車体を買ってくれるかどうかは、走行距離とタイミングベルトにかかってきます。

10万kmもしくは10年が目安です

車を維持するうえで最も費用がかかるのは車検ですが、この次に費用がかさみ多くの方がこのタイミングで車を手放す意思を固めるときが多いのがタイミングベルトの交換です。
タイミングベルトとはそれ自体はゴム製のなんてことはないパーツですが、エンジンの点火やバルブの開閉といった車が正常に動くために重要な「タイミング」を調整する重要な部品。
走行中にこのタイミングベルトが破損すると、エンジンの中で各機関が動くタイミングがズレて、バルブとピストンが接触して壊れるとエンジン自体が使い物にならなくなる恐れがあるため交換をする必要性が非常に高いパーツです。
そのため、高熱と高回転に長時間耐える素材で作られていますが、どうしても劣化し10万kmもしくは10年が対応年数とされていますが、この交換にかかる「工賃」がとても高い。
ベルトは2,3千円程度なのですが、その交換のために外さねばならない機構が非常に多く整備の中でも中級以上の技術を持ったメカニックとしっかりとした設備が必要不可欠で関連部品を同時に変えると軽く4?5万円、エンジンをそっくり外さなければ作業できない車種では10万円を超えることもザラにあります。
そして、もしこういったベルト交換の必要がある車体を買い取ったらその交換をしないと買い手が見つからないことが多く、オークションではプロが相手なので当然ながら買い叩かれるか落札されないケースが増えてきます。
つまり10年落ちの車は、このタイミングベルト交換の時期が迫っていることになり、経年によるダメージやデザインの古臭さなどもあって大きく査定がダウン、時に買取不可という評価が下されることがあるのです。

すでに交換済もしくはチェーンなら査定額が付くケースも

10年たっていても、すでにタイミングベルトを交換している時や、2000年以降増えてきた交換の必要性が少ない耐久力のあるタイミングチェーン車の場合は、上記の限りではありません。
ただし、4回目の車検である9年というのが中古車市場では1つの目安とされていて、これを超える場合は例えタイミングベルトの問題が無くても、自動的に大幅なダウン提示がされると考えて間違いありません。

フルモデルチェンジのタイミング

なぜ9年目が重要なラインかといえば、車種そのものの「鮮度」がこの時点で大きく下がることが挙げられます。
それはマイナーチェンジと呼ばれる2?5年周期で訪れる小・中規模の車体の改良やデザインの刷新、さらに7年から長くても10年周期で訪れる大幅なフルモデルチェンジによってその車種の価値がグンと下がってしまうことです。
10年フルモデルチェンジされないということは、非常に人気のある車種ということが言えますが、このフルモデルチェンジ後のタイミングで査定に出すと非常に厳しい査定結果しか得られなくなります。

10年経つ前に車は売った方がいいの?

10年経過前に愛車を打った方がいいのか、この質問に答えるのは簡単ではありません。
なぜなら同じ10年落ちでも走行距離が違いますし、ベルトかチェーンかも大きく影響してくるうえ、モデルチェンジのタイミングもそれぞれいろいろで短いものでは3年ほどで全く違い車に生まれ変わるものや、その車種自体がすでに消滅していることもあります。

ただ、2017年現在ちょうど10年目に差し掛かっている車体は2007年辺りの車種でその多くがベルトからチェーンに移行しているか、改良され耐用年数の大きく伸びた新型ベルトを装着しているものがほとんどのはず。

そのため、タイミングベルトの交換費用がかさんでしまうという、10年を境に起きる査定の大きな値崩れは以前よりかなり少なくなっているので、それほど10年経つ前に売ることと、以後に売ることに差は出ないと考えられます。

10年落ちを高く売るには「一括査定サイト」をフル活用すべき!

10年落ちの車に対する査定評価は業者によって大きく変わり、たまたまリーズナブルな価格で販売できる10年落ちの車体を求めている顧客などを抱えている店舗では、「日銭」を手っ取り早く稼げるそれらを積極的に仕入れたい、と考えている所も少なくありません。
大手で、きれいな新しい車ばかり並べているような業者では見向きもされなかったときでも、そこなら一定の価格で買取してくれることも。
ですので、一括査定サイトを有効活用してできる限り数多くの業者に見てもらうのが、10年落ちの車を高く売る唯一の方法です。


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70


安い自動車保険はこちら


10万円かかっていた保険料が2万5000円も安くなり、100000→75000円に!
最大20社に見積もりし、もっとも安い自動車保険を自動的に選別します。
たった3分で完了し、2万円以上したい方は無料見積もりをどうぞ
今の自動車保険は払いすぎてるかもしれませんよ!
>>簡単3分の無料一括見積もりはこちらです<<
hoken