残クレってそもそもなんの事?

「新車が半分の価格で乗れる!」などといった、魅力的なキャッチコピーとして宣伝に利用されている残クレとは、

残価設定自動車ローン

の通称として用いられる言葉です。
残価設定自動車ローンを、簡単な言葉で説明すると、

新車が、3年や5年経過時に有するであろう価値を、あらかじめ車体価格から差し引いた状態でローンを組み、新車を購入する。

と言うことになります。
残クレについて分かりやすくするために、具体的に数字を設定して例を挙げ、まずは説明します。
車体価格300万円の新車を、ローン購入したいと考えるAさんが、ディーラーで「残クレ」を薦められたとしましょう。
選んだ新車の5年後残価値が、仮に150万円だとすると、

通常ローン・・・300万円÷5年60回=5万円/月
残クレ・・・150万円÷5年60回=2万5千円/月
(金利を便宜上無視しています)

がその返済金額となり、その違いは一目瞭然、実に半分の額で同じ車を購入できることになります。
そして、残クレ契約での支払いが完了した後は、

1. 新車に乗り換え
2. 残価のある車体を返却
3. 残価分を一括支払いor再度ローンを組んで購入

の3パターンを選べる仕組みとなっています。

残クレのメリット

ここからはまず、実際にその利用で大きなメリットが出るケースを、いくつかピックアップしてみたいと思います。

頻繁に乗り換えや買い替えをしたい場合はお得?

残クレの利用で最もメリットが出るのは、3年や5年という短いスパンで、次から次へとニューモデルに乗り換えをしたいユーザーです。
車は消耗品なので、新車の状態を「100」とし年々価値が減っていきますが、初めての継続車検が切れる5年目辺りまでは、「トラブルがない限り」5割近くの残価値があります。
この事実が、「新車を半分の値段で乗れる」というキャッチフレーズを、可能としているのです。
さらに、3年目という初めての車検タイミングでの残クレ契約の場合では、予想される残価値も7割近くに車種によってはなるので、3割程度の値段で新型モデルへと乗り換えができるという、大きなメリットが出てくるのです。

いちいち下取りや買取査定をする必要が無い

残クレを利用してその契約期間が終了すると、上記で紹介した3パターンをチョイスすることになりますが、1・2の場合にメリットが発生することがあります。
上記の例を再利用しますが、一般のローンを組み月々の返済額を残クレと同額にしている場合では、

2万5千円×60回=150万円

が支払い総額となるためいまだ返済の真っ最中、300万円の車体には残価値どころか、150万円の「残債」が発生します。
すると、3のパターと同様にローンを返済し続けるか、乗り換えたいなら下取り・買取査定で売却先を探し、全額返済する必要があります。
しかし、残クレの場合は返済完了しているので、乗り換えの際スムーズに車を手放すことが可能です。

残クレで発生しかねないデメリット

ここまで見てきた限り、少ない返済額で新しい車種に次々と乗れる残クレは、いいことづくめのように感じます。
ですが、その仕組みから以下のようなケースにおいて、大きなデメリットが発生することを、決して忘れてはいけません。

残クレで事故を起こしてしまった場合どうなっちゃうの?

最初に、残価値を設定すると言ってもあくまで仮の話で、残クレ返済の期間中にぶつけたりこすったりと事故を起こして傷をつけてしまった場合は、予定していた残価値が減額されてしまいます。
修復歴として残る、骨組みまで至るダメージではなくても、原状復帰させられるコスト分減額されます。
例えば、自損事故を起こし板金塗装に20万円必要ならば、残クレ返済終了時に車体を返却する際残価値として減った20万円を、車体の返却時に支払う義務が発生します。
もっと言えば、残クレで購入した新車が事故で廃車にでもなろうものなら最悪で、自動車の無い状態でローンを支払い続けた挙句、当然ながら車体の返却も不可能なので、残価分を弁償しなくてはいけない羽目になります。
残クレでは、所有権も確実に付けられますので、「購入」とディーラーでは薦めてきますが考え方としては、

ディーラーが所有する車体を残クレの期間借りて乗っている「リースと同じ」

と、思っていた方がいいでしょう。

走行距離が長くなりすぎるとぺナルテイがあるってほんと?

車の残価を決めるポイントは、何もキズやへこみなど車体の外見だけでなく、内部の状態も大きく関わってきますが、その最たるものが走行距離です。
メーカーごとに条件は違いますが、概ね「月1000~1500km」が目安、3年で計算すると4万kmほどが、残クレ契約上での基準になっています。
そして、契約時に設定された走行距離をオーバーすると、「ペナルティー」という形で、1kmあたり車種によって変わりますが、5~15円を請求されます。
例えば、返却時の走行距離が6万kmになったケースでは、2万㎞オーバーなので、10~20万円のペナルティ違約金が請求されてしまいます。

通常で支払うより残クレは支払う額があがってしまうってホント?

メリットのところでも触れましたが、無事に事故もなく契約時の走行距離通りの状態で残クレでの返済が終了した場合、車体の返却さえすれば残価分の支払いは発生しません。
この時忘れてはいけないのが、返済例では省いていましたが、かかってくる金利がどうなっているのかについてです。
実は、300万円の新車を150万円分の残クレ契約で返済する場合でも、満額である300万円分の金利が、残クレ期間中には掛かってくるのです。
計算が面倒なので簡単にしますが、例えば300万円の車を通常のローン契約で5年間返済をしたときの、金利を加味した返済総額が320万円だったとしましょう。
この金利分20万円が、残クレ契約の場合150万円にのしかかってくるので、事実上130万円分しか原価を返済していないことになります。
そして、残クレ終了後残価値について、再度ローンを組んで完全に購入する際には、150万円ではなく「170万円」のローンを組まなければならないわけです。
つまり、300万円の新車を通常通り組めば、もちろん金利は300万円分でOKですし、支払い後は完全に自分の所有物になるので、買取に出せば売却利益が自分の懐に入ることになります。
しかし、残クレを利用したのち車体を完全に自分のものにするには、

残クレ時の150万円+残価分170万円

のトータルで、320万円分にかかる金利を返済しなければいけないという訳です。
支払いの総額が増えるうえ、当然ながら売却も残価分の支払いが終了するまで、一切することができません。

実は厳しい残クレの審査。審査に落ちたらどうすればいい?

残クレでは、パッと見その返済総額が少なくなるため、

審査が緩めである

という情報も出回っていますが、「全く逆」だというのが当サイトの意見です。
なぜなら、残クレは利用者にとっては、毎月の返済額が減って購入が楽になるメリットがありますが、

「支払い終了時でも残債が確実にある」

という、ローン会社から言えば思わしくない状況に確実になってきます。
ローン会社の実情について説明すると、難しくなるうえ長くなるので感覚的に分かりやすく説明すると、

本を買いたいからと貸した300円を3日で全額返してくれる友達と、半分の150円しか返さず、読みかけの本を代わりにくれる友達のどちらを信用するか。

って話で、普通のローンであれば問題無く通る人でも、残クレなると途端に通らないというケースもあります。
ですので、残クレの審査に落ちてしまったという方は、あきらめて通常のローンを利用するか、根本的に新車購入の予算を見直したほうがいいでしょう。

各メーカーの残クレ比較一覧表

最後に各メーカーが用意している残クレについて、そのスペックを一覧にしておきますので、参考にしてください。

メーカー名 期間 金利(※)
トヨタ 3,4,5年 5,8%
日産 3,4,5年 4,9%
ホンダ 3,4,5年 3,5%
マツダ 3,4,5,6年 3,9%
ダイハツ 3,5年 3,9%
スズキ 3,4,5年 3,9%

※金利は販売店及び車種によって変動するので要確認


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70
【一括査定】かんたん車査定ガイドの評判は?キャンセル出来るの? 


日本一有名な車の一括査定


500社以上の車買取業者に一括査定したいならカーセンサー
テレビCMでも話題のカーセンサー。車の一括査定なら最大手でもっとも有名な一括査定サイトです
大手が運営する一括査定を1分で完了し、安全安心の見積もりをしたい方はカーセンサーの無料見積もりをどうぞ
買取業者を選べるのもプラスです
>>大手で安心!カーセンサーの見積もりはこちら<<
carsensor
カーセンサー簡単ネット車査定を実際に使用して検証してみた


高額査定を出す事で有名なズバット


車の買い取り業者がもっとも多く高額な車の買い取りも出したい方にはズバットがおすすめ
更に今なら10万円当たるキャンペーンがあるのもお得ポイント!
査定入力の速さも最短45秒で完了!高額査定を目指すならスバットへ
買取業者を選べるのもプラスです
>>簡単45秒のズバットの見積もりはこちらです<<
ズバト車の一括査定
ズバット車買取比較の評判やメリットを解説