車の買取をしてくれる業者は専門店から中古車販売店街の修理工場に至るまで数限りなくあり、それを吟味して自分の求める業者を選択するのは非常に大変です。
そこで今回は、ケースごとにどんな店選びのポイントがあるのか、単純に高く買い取ってくれる店舗を選ぶのが本当にいいのかなど、皆さんの買取業者選びに役立つ事柄をいろいろと紹介したいと思います。

車の買取業者を選ぶポイント

まずは、車の買取業者を選ぶポイントを整理して、それぞれに適した業者を紹介したいと思います。

・安心を求める場合

査定額うんぬんより手続きをしっかりとして後々のトラブルもなく、安心して売却ができるところを探しているなら、トヨタのT-UPや日産のカウゾー、ホンダのオートテラスなどといったディーラー系の中古車買取店がおすすめです。

それぞれのメーカーの車種への評価は高い傾向にありますし、自社以外の車種もしっかりと買取してくれます。
査定予約から支払いに至るまで、書類のことや振り込み方法までディーラーとそん色ないマナーと店舗の清潔さで接客してくれるので、一般の車屋さんが持っているともすれば「暗い」とか「怖い」なんてイメージが全くないので女性や年配の方に人気です。

・スピード重視の場合

早く車を売り抜いて現金を得たい場合は、オークション転売型であるラビットやアップルなどがその手続きの速さなどに定評がありおすすめです。
買取台数が多くないと経営が成り立たないこれらオークション転売専門業者は、その査定がマニュアル化されていて判断が早く、売り手が急いでいるなら即日の振り込みにも対応してくれるところも。
一方、前述したディーラー系買取店は丁寧な分その査定から振り込みまでの時間がかかるのがデメリットといえます。
また、ルールと決まりでがんじがらめで売り手がいくら急いでいても臨機応変な対応がなされないこともありますが、個人経営の中古車店などでは経営者などの決定権者がいて書類に不備が無ければその場で現金取っ払い、振り込みの時間すら省けることもあります。

・とにかく1円でも高く売るたい場合

手間と時間は覚悟の上、とにかく1円でも高く愛車を売りたいというのが、程度は違ってもほとんどの方が思い、当サイトをご覧の方にはその率が高いのではないでしょうか。
このケースではとにかくたくさんの業者を渡り歩き、その査定額を比較する必要がありますが、それには査定を受ける順番を工夫するという「コツ」があります。

査定を受ける順番はどう決める?

安心やスピード重視の場合はそれぞれ前述した業者に持ち込めば済みますが、価格を引き上げたい場合はいくつかの買取業者にアプローチをして、その査定見積もりを天秤にかけ価格交渉などに臨む必要があります。

そんな時一体どの業者から査定を受けていけばいいのか、それについてここでは説明していきましょう。

一番高い業者を選ぶのが一番いいの?

1円でも高く買い取ってくれる業者を探す方法を伝授しましたが、果たしてそれが一番いい方法なのでしょうか。
この相見積もりを行うには非常に多くの手間と時間を要しますし、百戦錬磨の買取業者と対峙し続けるのは大きなストレスを産む可能性があります。
また、時間がかかる=愛車の価値が下がっていくことにもなりかねませんし、次期車両の購入が遅れカーライフに穴が開いて不便になる可能性も。
そんな時便利なのが一括査定サイトで、これをうまく利用すればタイムロスを少なくし、一番高く買ってくれる業者を手間もかからず探すことができます。
高く売るだけがすべてではありませんが、できれば多くのお金を手に入れられるに越したことはありませんので、特にこだわりがない場合や緊急性のない場合は是非一度一括査定サイトを活用してみてください。

5分で出来る一括見積

・「ラビット」を使用するパターンもある

ここでラビットさんがいち早く登場しますが、それにはこの業者の成り立ちにその理由が隠されています。
多くの買取業者は基本的にオークション会場の落札価格を基準に買取査定をし、それは転売型でも直販型でも変わりません。
つまり、オークション会場での落札相場を知ることができれば、そこが他店より高めの評価をしているのか反対に安めの査定しかしていないのかよくわかることになります。
そして、このラビットはそのオークション会場として国内最大規模を誇るUSSの完全子会社でその落札相場をどこよりも確実に知っている買取業者。
ですので、まず一発目にラビットを訪れ査定をし、その見積書を握りしめて他の買取店に赴く、というのが買取査定アップ行脚最初のステップになります。

ラビットを含んだ一括査定が出来るのは以下のサイトになります。

ラビット以外とも買取価格を検討出来るのがいいですね!!!!

カービュー。ラビットを含んだ一括査定はこちら


・オークション転売→直販型がセオリーです

ラビットの見積もりを入手したら周辺の他業者に行くことになりますが、転売型買取店は他のオークション会場を使用していたとしても、基本的には最奥手であるUSSの落札相場に沿ったラビットの査定額を、大きく上回る査定を出すことはあまりありません。
ですので近所にラビットが無く他のオークション転売型業者(アップルなど)で見積書を取った場合でも、その後は直販型であるビックモーターやガリバーさらに地元中古車販売店で買取にも対応しているところに持ち込むのが次の手順となります。
直販型の場合、その店舗が販売を得意としている車種があったり、オークション出品にかかる費用がかからない点などから転売型の店舗より高い査定が付く可能性もあるからです。
ですので転売型を最低1店舗、直販型を規模などを変えて最低3店舗は回るようにすれば、最も高く買ってもらえる業者と出会える可能性がグンと上がってきます。


車が高く売れる!車の一括査定はこちら

中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70