輸入車を高く買い取る業者一覧

輸入車や外車は新車価格も高いものが多いのですが、いかんせんその下取りが安いと耳にします。
はたして、それは本当のことなのでしょうか。

尚、もっとも高く外車を買い取ってくれるのは下記の高額査定サイトです。


輸入車の下取りが安い理由

すでに見出しで結論を先に言っているようなものですが、輸入車の下取り相場が安く推移しているのは確かです。
その理由は、輸入車や外車は正規のルートではなく並行輸入された中古車も多いためそれらは故障のリスクが高く、部品の入手も困難なうえ整備にも手間と知識、国産車では使わない独特の工具や設備が必要な事も多いため評価がどうしても低い。
また、正規ディーラーで購入したものでも外車はそのモデルチェンジで大きくデザインが変わるため、「型落ち」感が国内車種より大きく不人気なのです。
さらに、自社で外車の販売ルートを構築していない業者がほとんどで国内ディーラーならその傾向はさらに強く、結果下取り車は基本的にオークションで転売されることになりますが、輸入車・外車はこのオークションでも不人気で落札価格が伸びません。
最悪落札がされずにずるずると在庫しなくてはいけないことも考えられるため、できればその下取り価格を抑えておきたい、もしくは下取りしたくないというのが一般的な業界の流れです。
この下取り相場を下げている輸入車や外車の不人気さは、何もそれらが劣っている事が原因なわけでは訳ではありません。
日本特有の「四季」や湿度の高さ、駐車スペースや道路状況などを十分に考慮して設計されている国産車の方が、日本国内では長持ちで扱いやすく、人気も高いのは仕方のないこと。
この「お国柄」による下取り相場の変化は反対の場合でも成立、例えば広大な敷地や道路がある欧州やアメリカで、日本国内では人気の高い軽自動車の需要が少なく、査定相場が非常に低いことでもそれがよくわかります。

輸入車の下取りの相場

輸入車や外車の下取り相場は、それが大型であればあるほど同クラスの国産車種より下がり幅が大きくなりますが、同じ価格帯の国産車のそれよりも3割、酷い時は半分程度の下取りしかされないことがほとんどです。
また、5年落ち以上の古い車体で過走行気味の車体では、下取り査定がつかない「ゼロ査定」の可能性も多々あります。
ただし、MINIやVWゴルフなどといった比較的コンパクトで国内での需要が多い車種、しかも正規ディーラーで購入されたワンオーナー車であることなどの好条件がしっかりとそろっていれば話は別。
3?5年落ちまでで、走行が年1万キロ以下に抑えられていると、新車価格の20%から40%いう国産車とそん色ない下取り査定を受けるケースもあります。

輸入車の下取りを査定に出すならどこがおすすめ?

国内ディーラーや一般的な中古車店に下取りとして持ち込んでも、まずまともな下取り査定を受けることはできません。
ですので、正規ディーラーで購入したものなら特に、その購入先ディーラーで下取りしてもらった方が高い下取り査定を受けられる可能性がグンと高くなります。
また、最近では輸入車を専門に買取しているところもあり、そこに買取査定を依頼したほうが高い査定を受けられる可能性もあるので、下取りはあきらめてどこかに買取してもらうのも1つの方法としておすすめです。

買取を行うのであれば一括査定がいいのではないでしょうか。

1分で出来る車の一括査定はこちら


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70


安い自動車保険はこちら


10万円かかっていた保険料が2万5000円も安くなり、100000→75000円に!
最大20社に見積もりし、もっとも安い自動車保険を自動的に選別します。
たった3分で完了し、2万円以上したい方は無料見積もりをどうぞ
今の自動車保険は払いすぎてるかもしれませんよ!
>>簡単3分の無料一括見積もりはこちらです<<
hoken