ディーラーでの下取りをお願いすると、必ず掛かってくる「下取り諸経費」と「下取り査定料」。

本来は売り手が支払う必要のない費用でしたが、今まで車の売買では当たり前のように売り手が支払っていた費用です。

ここでは売り手が少しでも損をしないように「下取り諸経費」や「下取り査定料」を値引きできたり、無料にできたりするのか。

そもそも「下取り諸経費」や「下取り査定料」とは何なのかを簡単にまとめてみました。

 

下取り諸経費はどのくらいかかる?

 

「下取り諸経費」とは、下取りした車の名義変更や、その他の手続きをおこなうために必要な運輸支局での事務手続き費用のことになります。

車の手続きは法律で管理されているため、専門的な知識と手続きが必要になります。

また、そのような知識を持つ人を使うための人件費の意味合いもあります。

名義を販売店に変更したり、廃車にする場合はそのための廃車手数料も含まれたりしています。

下取車手続代行費用や下取車諸手続代行費用とも呼ばれていて、費用は販売店によって違いますが、5,000?15,000円ぐらいが相場と言われています。

実は名義変更や廃車の手続きは車を買い取った側がおこなうことになっているので、売った側に諸費用がかかるのはおかしな話なので、本当は支払う必要のない費用になります。

特に所有者名義の車であればなおさらです・

ただ、ローンを組んで車を購入した場合は車の名義がローン会社になっている場合があります。

その場合は、所有権解除をおこなう必要があり、そのために書類を取り寄せたり、手続きをする必要があるため、このような場合は、この費用を業者に支払うことは妥当とされています。

所有権解除は自分でもできます。

解除方法は簡単です。

ローンを全て返済した上、ローン会社に「所有権解除をお願いします」と電話をし、送られてきた書類を送れば完了になります。

廃車手続きに関しても、車を解体屋に持っていき、解体証明書をもらいます。

その証明書を持って運輸支局で手続きをするだけです。

極端な話、自分でも余計な費用が掛からないようにすることもできるのです。

最近は「下取り諸経費」が発生しない買取専門店が増えてきましたので、「下取り諸経費」を請求するディーラーは少なくなってきていますが、それでも残っているお店はあります。

次の「下取り査定料」と同じく、下取りする車の査定金額から引かれる形になるので、実際にはお金のやり取りをすることが少ない料金になります。

新車購入の際の見積書で、注意が必要な料金です。

車の下取り査定料はどのくらいかかるの?

「下取り査定料」とは、ディーラーの営業などが、下取りする車を査定するために支払う費用であり、下取車査定料とも呼ばれています。

車の査定は、中古自動車査定士と言う特別な資格を持った人がおこなうので、その人の人件費になってきます。

この費用も販売店によって違いますが、5,000?10,000円ぐらいが相場と言われています。

しかしこの「下取り査定料」も、買取る側が車を値踏みするための査定なので、それを売る側に請求するのは、おかしな話です。

先の「下取り諸経費」と同じく、こちらも下取りをする車の査定金額から引かれる形になりますので、注意が必要になります。

この費用も買取専門店に査定してもらう場合はかかりません。

査定料はどのような場合に発生するの?

ディーラーで新車を購入、車の下取りの契約をした時点で「下取り諸経費」と「下取り査定料」は発生します。

反対に、下取り査定をしただけで契約しなければ発生はしません。

気を付けて欲しいのが、下取り査定額が0円であっても契約した時点で「下取り諸経費」と「下取り査定料」は発生します。

査定額が0円の車に対し、発生した「下取り諸経費」と「下取り査定料」を上記の金額で照らし合わせてみると最高25,000円のマイナスになってしまいます。

「査定してもらったから、査定料がかかるのは当然」と言う言い分もわからないがでもないですが、何か納得いかないところはありますよね。

下取り査定料が値引きできるって本当?

「下取り諸経費」や「下取り査定料」も買取専門店に売る場合は、全く必要のない費用になります。

しかしディーラーのような販売店では、この「下取り諸経費」や「下取り査定料」は当たり前のように請求されるのです。

中古自動車査定士の資格が持つ人がおこなうので、仕方がないのかもしれませんが、それは買取専門店も一緒です。

なぜ、ディーラーが「下取り諸経費」や「下取り査定料」を取るのかと言うと利益率が非常に高いからです。

ディーラーでも実際は支払う必要がない費用とも言えるので、交渉次第で値引きもできます。

しかし、利益率の高いサービス料なので下取り査定量などは儲けになる費用です。

簡単に値引きをしてくれないディーラーも非常に多いです。

念の為、こちらも交渉をするのであれば「この費用は買取専門店では掛からない費用ですよね」や「他の販売店では値引きしてくれた、それならそちらに売りますよ」と言えば、値引きしてくれることもあります。

車を安く買い取って高く売り、利益を出したいのはディーラーも同じなので、その車を他に売られるよりは値引きをした方がいいとディーラーが考えるからです。

もしかしたら査定料分、最高10,000円ぐらいは値引きしてもらえるかもしれませんね。

一度交渉してみるのも一つの手なのではないでしょうか。

下取り査定料がかからない場合はどういう時?

車を下取りに出そうとした際、その査定金額に納得が行かず、下取りを止めた場合は「下取り査定料」は掛かりません。

ただ、下取りをディーラーにお願いするとどうしても「下取り諸経費」と「下取り査定料」は掛かってきます。

難しいところではあるのですが、必要ではない車を所有し続けるのも勿体ない話であり、どうしても手放さざるを得ないのであれば、ディーラーによる下取り査定をお願いする前に、買取専門店に買取査定をお願いする方がよりベストだと思われます。

買取専門店による買取査定は基本無料であり、「下取り諸経費」や「下取り査定料」は掛かりません。

ここで一度車の査定金額を聞いてから、ディーラーの下取り査定をお願いするのがいいですね。

ディーラーが下取り金額を提示し、その際に「下取り査定料」の話をしてきたら、「買取専門店ではそのような費用は掛からないと言われた」と交渉してみるのも一つの手段です。

そうすれば、ディーラーも「下取り諸経費」と「下取り査定料」を掛からなくしてくれるかも知れません。

買取であれば査定料がかからないって本当?

ディーラーでの下取り査定では当たり前のようにある、「下取り諸経費」と「下取り査定料」ですが、買取専門店ではこのような料金は発生しません。

買取専門店は「ディーラーに売るよりもお得ですよ」とアピールしたい部分と、「商売で車を仕入れているので、その費用が発生するのがおかしい」と言う部分があるのです。

ディーラーはそもそも新車を売ることがメインですので、お客様が既に所有している中古車を買い取ることにそこまで力を入れていないのです。

どちらかと言うと、サービスの一環で買い取っていると言う感じでしょうか。

ディーラーは中古車販売に力をいれてないので、積極性も無く手間もかかるので料金を請求してくる事が多いです。

それに対して、買取専門店はお客様が所有している車を買い取って初めて商売になります。

その買い取った車をオークションなどで販売し、その差額が利益になるので買取に力をいれてるのです。

手持ちの車がないと、利益を得る手段がないからです。

買取専門店は競合他社が非常に多いため、査定料を取らないところが多いのも特徴ですね。


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70


安い自動車保険はこちら


10万円かかっていた保険料が2万5000円も安くなり、100000→75000円に!
最大20社に見積もりし、もっとも安い自動車保険を自動的に選別します。
たった3分で完了し、2万円以上したい方は無料見積もりをどうぞ
今の自動車保険は払いすぎてるかもしれませんよ!
>>簡単3分の無料一括見積もりはこちらです<<
hoken