不動車でも売れるの?

一般的に見れば、動かない車に価値があるように思えないですよね。

車は動いて人や物を運ぶことが前提の乗り物ですから。

しかし、このように動かなくなってしまった不動車でも、価値があり、売ることが可能なのです。

不動車と言っても、いろいろな不動車があります。

ただバッテリーが切れて動かなくなってしまったのであれば、JAFなどのロードサービスにお願いしてバッテリーを交換してから売るか、もしくは買取専門店にその旨を事前に伝えておけば、買取の際にバッテリーも交換してくれます。

車検が切れて、動かすことができなくなってしまった車であれば、こちらも買取専門店に事前に伝えておけば、買取の際にレッカー車で引きあげてくれます。

事故や車の寿命、故障で動かない場合は、車としての価値をほとんどつけることはできませんが、金属としての価値をつけたり、部品単体で見ると価値があったりするのです。

修理よりも査定に出す方がお得

車を売る際の条件として、「車の走行に問題がないこと」と言う項目はありません。

事故や故障で動かなくなってしまった車を修理して、直す必要性は全くないのです。

不動車の修理代金は千差万別です。

ただ単にバッテリー切れだった場合は、比較的安価で直すことができますが、長期間放置していた車であった場合は、整備士による点検で原因を究明した上、修理することになります。

そうなると、予想をはるかに上回る、高額な修理代を請求されることもあります。

その金額を支払って修理したとしても、買取価格が下回ってしまったら、泣くに泣けない事態になりますよね。

そのような不動車の場合は、修理をするのではなく、事前に買取査定に出した方が良いのです。

中古車買取専門店が、その不動車に価値を見出せば、高額買取も可能になります。

中古車買取専門店なら、車売却のノウハウはもちろんのこと、部品や鉄として売ってしまうルートも持っているので、不動車でも高額査定してくれる業者は居ます。

しかし、不動車に対する価値のつけ方は、中古車買取専門店によって大きく違います。

そのため「買取一括査定」を利用するのです。

「買取一括査定」を利用することで、複数の中古車買取専門店に連絡が行き、高額な査定金額を出してくれる業者に出会える確率もあがります。

不動車だから修理や廃車を考えるのではなく、どのような状態でも「買取一括査定」を利用するようにしましょう。

車を下取りや査定に出す前にエンジンに不調音があったらどうすればいい?

エンジンの調子の悪い車でも下取りに出せる?

エンジンの調子が悪いと言っても、いろいろな原因があります。

エンジン本体、冷却系、潤滑系、吸排気系、動力系、電装系と。

その中で、よくあるのがエンジンオイル漏れですが、エンジンがオイルまみれになってしまっていたり、ガソリンと一緒にオイルも燃焼され、排気ガスが白くなってしまっていると、下取りは難しくなります。

しかし、ドレンボルトやワッシャなどを交換すれば直るようなものであったりすると問題なく下取りに出すことができます。

またエンジン自体の音で、シリンダーヘッド近くから聞こえる「パタパタ」と言うタペット音ですが、これもあまりに大きな音で無ければ問題はありません。

ほとんどのエンジンで聞こえる音ですし、異常な場合は査定の段階でわかります。

焼き付いたエンジンでも査定に出せるの?

冷却水の漏れや、ウォーターポンプの故障が原因で、エンジンがオーバーヒートすることがあります。

オーバーヒートするとエンジンが焼き付きを起こします。

この焼き付いてしまったエンジンの車でも、査定に出すことは可能ですが、査定金額は相場よりもかなり安くなることは必然です。

エンジンが焼き付いた車には、エンジンのオーバーホールやエンジンを載せ替えなど工賃や部品代が掛かってしまうからです。

その修理費用も、数十万と言う金額が掛かってしまうので、どうしても査定金額が下がってしまうのです。

しかしそのような車であっても、買取が得意な中古車買取専門店はあります。

買取は十分に可能です。

査定や下取りに出す前にエンジンをメンテナンスする方法

エンジン自体をメンテナンスすることは、一般人である筆者たちには難しいことですが、できる限りのことをしておくだけで、査定額の減額を防ぐことができたり、もしかしたら査定額を上げることができるかもしれません。

まず何ができるかと言えば、冷却液の交換です。

「リザーバータンク」と呼ばれる、半透明のタンクに液が入っているのですが、非常に汚れやすくなっています。

そこを雑巾で拭いてあげれば、綺麗になります。

また冷却液にも水質があるので、濁りがあれば、交換するようにしましょう。

次にできることと言えば、エンジンオイルの交換です。

エンジンオイルには期限があり、あまりにも古いエンジンオイルを使っていたら「この車、きちんとメンテナンスされていたのかな」と言う印象を持たれます。

新しく、綺麗なオイルを使っていることで、丁寧に使っていた車であることをアピールするのです。

それだけで、印象がかなり変わりますよ。

またオイル交換と同時に、エンジンルームの清掃もおこなっておきましょう。

こちらも普段からメンテナンスをおこなってきたと言うアピールのためですね。

しっかりと手入れがされている車と思わせることができれば、良い査定が付くこともありますが、その反対にメンテナンスを怠っている車と判断されれば、査定額は低くなってしまうものです。

そして最後に、査定前にエンジンをかけて、問題ないことを確認しておきましょう。

査定時にエンジンが掛からなかったり、掛かるのに時間を費やすと「何かあるのかな?」と思われてしまいます。

定期的に、また丁寧に使ってきたと言うことは、査定に響いてくるのです。

エンジンの調子が悪いと査定額に影響する?修理してから下取りに出すべき?

エンジンの調子が悪いと、故障していない車と比べ、査定額に影響するでしょう。

中古車買取専門店としても、エンジンの調子が悪い車であると、経費を掛けて手直しやメンテナンスをする必要性が生まれるからです。

そのような経費が掛かる車であることを想定して買取査定をおこなうため、査定額は低くなります。

しかし査定額が低くなるからと言って、手放すことが確定している車を修理して直す必要があるかと言われたらNOです。

エンジンを修理することによって、査定額の減額を防ぐことはできるかもしれません。

しかし、そのためにかかる修理費用を上回る査定額が出ることは極めて稀なのです。

なぜなら、中古車買取専門店には独自の修理工場を持っていることが多く、一般人が修理するよりも安く修理することができるため、修理費用がそのまま査定額に反映することは少ないのです。

ただし新車購入で、まだ保証期間内であった場合にのみ、ディーラーに一度相談しても良いかもしれません。もし無料で直せる修理であった場合、当然先にディーラーにお願いするのが一番です。

エンジンの調子が悪いのならば、正直に中古車買取専門店の査定業者に伝えれば良いと思います。

正直に伝えることで心証が悪くなることはありませんし、また中古車なので少々エンジンの調子が悪かったとしても、多少マイナスかも知れませんが、それでいきなり悪い評価になることはありません。

金銭的な損得で言えば、修理する必要性は全くないのです。


車が高く売れる。一括査定はこちら(無料)


中古車の一括査定で買取額が150万→170万円の大台に!!!

最大10社に見積もりし、もっとも高い買取業者を自動的に選別します。
たった5分で完了し、20万円以上したい方は無料査定をどうぞ
車の査定を何処にもってけばいいのか分からない人には一括査定がおススメです。
>>簡単5分の無料一括査定はこちらです<<
518x70


安い自動車保険はこちら


10万円かかっていた保険料が2万5000円も安くなり、100000→75000円に!
最大20社に見積もりし、もっとも安い自動車保険を自動的に選別します。
たった3分で完了し、2万円以上したい方は無料見積もりをどうぞ
今の自動車保険は払いすぎてるかもしれませんよ!
>>簡単3分の無料一括見積もりはこちらです<<
hoken